インターンの選考方法と対策法5つ!注意することもあわせて解説

初回公開日:2021年06月01日

更新日:2021年06月01日

記載されている内容は2021年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンへの参加を希望する就活生は多いです、しかし、インターンに参加するためには、選考に通らなければならない場合もあります。インターンに参加するためには、その選考方法と対策法、注意点について把握しておくようにしましょう。

インターンの選考方法と対策法5つ!注意することもあわせて解説

インターンの選考とは?

インターンに参加すると、様々なメリットを得ることができます。そのため、インターンに参加希望する就活生は多くいます。しかし、そのインターンでは参加者を決めるために選考が行われることも多いと言われています。

選考に通らないとインターンには参加できないため、インターンの参加を目指す時には、事前にその選考方法と対策を把握しておく必要があります。

企業がインターンを行う理由5つ

現在では、多くの企業がインターンを実施していますが、主に5つの理由があります。ここからは、選考対策の1つとして企業がインターンを行う理由を紹介していくので、参考にしてみてください。

1:内定後のイメージをしてもらうため

就活では、方向性を定めたり選考対策などの目的で、業界研究や企業研究を行います。しかし、情報を調べるだけでは、社風や職場環境・実際の仕事の流れなどを把握できないことも多いです。

しかし、インターンを実施すれば職場環境などの把握が可能でき、入社後に仕事をするイメージが湧きやすくなります。入社後のイメージができることで、選考を受けるかどうかの判断もしやすくなるでしょう。

2:企業の雰囲気に合っているか見極めるため

調べた情報だけで業界研究や企業研究を行うと、社風や職場環境、実際の仕事の流れなどまでは把握することができません。これらの要素でミスマッチが起こってしまうと、早期離職のリスクを高めてしまう可能性があります。

しかし、インターンで職業体験をしておくことでこれらの要素がミスマッチを起こさないか、企業側からも就活生側からも事前に確認することができます。

3:コミュニケーション能力を見るため

優秀な人材は、企業同士で奪い合いとなります。そのため、インターンを実施して就活生に参加してもらうことで就活生の能力を把握し、優秀な人材を早く見つけようとしている企業もあります。

ただし、就活生は企業の即戦力となれるような仕事に必要な専門的なスキルや経験はまだ持っていないため、インターンで確認されるのはコミュニケーション能力や仕事への熱意、入社への意欲・仕事や職場環境などの適正などです。

4:自己分析できているか確認するため

就活では、自分に適した業界や企業、職種などを判断するために自己分析を行います。もし、自己分析が不十分で、自分に適した業界や企業、職種などを把握できていなければミスマッチの原因となってしまいます。

そのため、企業はインターンで就活生に職業体験をしてもらうことで、自己分析を行って、しっかりと自分に適した業界や企業、職種など把握できているか確認していることがあります。

5:先輩社員のスキル向上のため

人を指導すると、スキルの整理や質問に答えるために新しい知識を得ることなどができるため、指導される側だけなく指導する側も成長することができます。

そのため、企業によってはインターンで就活生を受け入れ、先輩社員を付かせることで、その先輩社員が成長させることを目的としている場合もあります。また、若い就活生を職場に入れることで仕事のマンネリ化を防ぎ、職場の活性化を狙うこともあると言われています。

インターンの選考方法と対策法5つ

インターンでは、参加者を決めるために選考が行われることがあり、その選考に通ることができなければ、インターンに参加することはできません。

今後インターンに参加する機会を増やすためにも、選考にはどのようなことが行われ、どのような対策が必要となるのか把握していきましょう。

1:エントリーシートは自分の能力を伝える

インターンの選考も、就活の本選考と内容はあまり変わらないため、エントリーシートによる書類選考も行われます。

エントリーシートには、自己PRや志望動機などの項目がありますが、これらの項目では主に、自分の能力や価値観などをアピールすることになります。そのため、抽象的な表現を避けて、伝えるべき内容を明確に伝えるためことや読みやすい文章構成で書くことを意識しましょう。

また、誤字脱字は評価を落とす原因となるため、エントリーシートは書き終えた後に必ず確認することが大切です。

2:履歴書は基本情報を伝える

インターンの選考を受ける際には、履歴書の提出も求められます。履歴書にもエントリーシートと同様に志望動機や自己PRなどの項目があります。しかし、履歴書とエントリーシートでは使用目的が異なります。

エントリーシートは、主に選考の資料として扱われますが、履歴書は、氏名や住所・学歴など、その応募者の基本情報を確認することが目的です。そのため、履歴書とエントリーシートは使用目的を意識して書くようにしましょう。

3:面接は自己PRと志望動機を伝える

面接も、就活の本選考と同様に、応募者が多いほど回数が多くなります。また、個人面接が行われることもあれば、グループ面接を行われることもあります。

面接では、質問内容も本選考とあまり変わらないため、ここで必ず働きたいという熱意を込めた志望動機や、自己PRなどの定番質問の回答を対策として準備しておくと、良い印象をつけることが期待できるでしょう。

個人面接の場合

面接は、大きく個人面接とグループ面接の2つに分けることができます。個人面接の場合は、1人で面接を受けることになるため、面接中の質疑応答の内容だけでなく、ビジネスマナーを細かくチェックされています。

そのため、入退室の方法や椅子の座り方、服装や話し方など、多くのことを意識しましょう。

グループ面接の場合

グループ面接では、複数の応募者が同時に面接を受けます。グループ面接でも、面接官の質問に答えるという流れは個人面接と変わりません。しかし、複数の応募者が同時に同じ質問に答えるため、面接官の興味を引くことができなければ印象に残ることができません。

ビジネスマナーが守られていない場合や質問に答えられないなどの場合は、悪目立ちしてしまうとこともあります。そのため、グループ面接では、個人面接よりも印象に残る振る舞いを意識する必要があります。

4:グループディスカッションはアピールして発表する

グループディスカッションでは、与えられたテーマに対してグループで議論を行い、その結論を発表するというものです。

その議論の様子や発表内容などを面接官が確認し、参加者それぞれの評価を行います。グループディスカッションでも、面接と同様に面接官にアピールすることが重要です。

ただし、アピールしたいからと、できないまとめ役をすることや他人の意見を押さえつけること、自分ばかりが発言してしまうなどの行為をしてしまうと、コミュニケーション能力や協調性がないと判断され、評価が低くなってしまう可能性があります。

そのようなことを避けるために、グループディスカッションでは自分に適した役割を見つけ、議論に協力するようにしましょう。また、議論のテーマはその企業に関する内容となることがあるため、事前に業界研究や企業研究を行って予備知識を持っておくようにしましょう。

5:適性検査の勉強をしておく

適性検査には、主に能力試験と性格診断の2種類があります。能力試験では、一般常識レベルの問題が出題され、応募者の能力が確認されます。当然ながら、高得点を取るほど良い結果となるため、SPIや玉手箱などの対策本を購入して勉強をしておきましょう。

性格診断は応募者の性格を把握し、その企業や仕事などへの適性があるかを確認されます。しかし、基本的に適性がないからと評価が悪くなってしまうようなことはありません。

むしろ、好印象を得るために嘘の回答をする方が印象を悪くしてしまうため、素直に回答することが望ましいでしょう。

インターン選考で注意すること

インターンの選考を通るためには、選考方法を把握して対策をしておくことが大切です。しかし、インターンの選考ではこれらの準備以外にもいくつか注意しておくべきポイントがあります。

注意点を把握しておかないと評価を落としてしまう場合もあるため、事前に内容を確認しておきましょう。

応募期間の確認を忘れないようにする

インターンに参加するためには、応募する必要があります。

インターンの実施時期や応募期間などは企業によって異なりますが、その応募は、インターンを実施する1か月ほど前に締め切られてしまうことが多いです。

そのため、参加したいインターンがある場合は、すでに応募が締め切られていたということのないように、必ず実施時期や応募期間などの情報を確認しておきましょう。

清潔感ある服装にする

本選考と同じように、インターンの選考も基本的にはスーツで参加することになります。清潔感のある服装をすることはビシネスマナーでもあるので、服装がだらしないと選考で良い評価を得ることはできません。

そのため、スーツやシャツにシワがない、靴やカバンが汚れていない、ネクタイが曲がっていないかなどに注意して臨みましょう。

インターンの選考に落ちても悩まなくていい

インターンに参加するためには、選考を受けなければいけない場合があります。そのため、その選考に通ることができなくて悩んでしまう就活生も多いです。しかし、本選考とインターンの選考は全く異なるため、インターンの選考に落ちたからといって悩む必要はありません。

企業がインターンを行う理由や対策方法などを理解し、今後に生かせるようにしていきましょう。

限定された少人数の応募が多い

インターンを実施している企業は多くあります。しかし、基本的にどの企業もインターンの採用枠はあまり多く設けていないため、その採用枠は本選考の採用枠よりも少ないです。

インターンの選考を通ってインターンに参加することは、本選考に通って内定を獲得するよりも難易度が高いこともあるので、深く気負いせずに挑むといいでしょう。

基本的にはインターン選考と本採用は違う

インターンに参加すれば、その後の選考が有利となることもあります。しかし、インターンの選考に落ちたからといって、本選考を受けることができなくなったり、不利になることはありません。

インターンの選考に落ちたとしても本選考への影響はないため、悩まないようにしましょう。

インターンの選考方法と対策法を知ろう

インターンに参加をすれば、様々なメリットを得ることができます。しかし、インターンに参加するには、選考に通らなければならない場合も多いです。

インターンの選考は本選考よりも難易度が高いこともあるため、しっかりとインターンの選考方法を把握して、その対策を行うようにしましょう。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

転職後の妊娠のタイミングはいつが良い?悩み始めたらやっておきたい3つのこと
就活準備
2021年06月30日

転職後の妊娠のタイミングはいつが良い?悩み始めたらやっておきたい3つのこと

転職における市場価値が高いとは?日々意識しておきたい5つのポイント
就活準備
2021年06月30日

転職における市場価値が高いとは?日々意識しておきたい5つのポイント

退職してから転職活動をすればOK?3つのデメリットと考えておくべき2つのこと
就活準備
2021年06月30日

退職してから転職活動をすればOK?3つのデメリットと考えておくべき2つのこと

転職がめんどくさいと感じる?その10の理由と少し楽にする方法
就活準備
2021年06月30日

転職がめんどくさいと感じる?その10の理由と少し楽にする方法

転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと
就活準備
2021年06月30日

転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと

転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント
就活準備
2021年06月30日

転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント

転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介
就活準備
2021年06月30日

転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説
就活準備
2021年06月30日

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説

礼服とリクルートスーツの違いとは?就活に礼服が向かない理由を解説
就活準備
2021年06月30日

礼服とリクルートスーツの違いとは?就活に礼服が向かない理由を解説

大学1年生が長期インターンに参加するメリットは?インターン時の注意点もご紹介
就活準備
2021年06月30日

大学1年生が長期インターンに参加するメリットは?インターン時の注意点もご紹介

インターンシップ選考会で重要とされるポイント4つ|事前準備の方法も解説
就活準備
2021年06月30日

インターンシップ選考会で重要とされるポイント4つ|事前準備の方法も解説

インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説
就活準備
2021年06月30日

インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説

新卒が内定辞退を伝える手順4つ|電話とメールの参考例も合わせて紹介
就活準備
2021年06月30日

新卒が内定辞退を伝える手順4つ|電話とメールの参考例も合わせて紹介

2月のインターンに参加するメリット3つ|ライバルと差をつけるポイントも解説
就活準備
2021年06月30日

2月のインターンに参加するメリット3つ|ライバルと差をつけるポイントも解説

インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介
就活準備
2021年06月30日

インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介

面白いインターンの特徴10選|選ぶ方法や経験するメリットも紹介
就活準備
2021年06月30日

面白いインターンの特徴10選|選ぶ方法や経験するメリットも紹介

内定辞退は直接伝えるべきか?メリット・デメリットやマナーを紹介
就活準備
2021年06月30日

内定辞退は直接伝えるべきか?メリット・デメリットやマナーを紹介

転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介
就活準備
2021年06月30日

転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介
就活準備
2021年06月30日

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介