妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

妊娠中の転職活動は成功させることが難しいです。しかし、成功できないというわけではなく、転職を成功させるためにできることはあります。それらのできることにはどのようなものがあるのか把握し、妊娠中の転職活動を成功させましょう。

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説

妊娠中の転職は難しい?

妊娠はタイミングを自由にコントロールできるものではないので、転職活動と妊娠が重なってしまう場合もあります。妊娠をすればその後の生活スタイルは大きく変わります。また、産休や育休も必要となるので企業の即戦力になれないと思われてしまう可能性があります。

そのため、転職活動が難しいものとなってしまいます。しかし、妊娠中の転職活動を成功させるためにできることはいくつかあります。

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ

妊娠中の転職活動は難しいですが、成功させるためにできる対策はいろいろとあります。また、妊娠中なので身体について注意すべき点もありますので、それらを事前に把握しておくようにしましょう。

1:妊娠中であることを転職志望の会社に伝える

妊娠中であることを伝えると、転職活動が不利になってしまう場合があります。しかし、妊娠を隠して採用をされた場合、入社後すぐに産休や育休に入ってしまうことになるため、企業の考えていた計画に影響を与えてしまいます。

場合によっては妊娠を隠したことがトラブルの原因となる場合もあります。そのようなことを避けるためにも、妊娠は隠さないように正直に伝えましょう。

2:体調を優先する

妊娠中は身体にいろいろな変化が起こり、負担も大きいです。また、妊娠中の前提として安静にしておかなければいけません。

妊娠中ではないときでも転職活動は心身を疲弊させてしまうことがあります。そのため、体調が少しでも悪いと思った場合には無理をしないようにしましょう。無理をしてしまうと取り返しのつかないことになる危険性もあります。

3:会社の即戦力になれることをアピールする

妊娠中であれば、入社をしても体調が悪くなって休まないといけない場合があります。また、産休や育休などの長期休暇に入ってしまいます。

そのため、スキルや実績などを強くアピールして、入社後すぐに即戦力となれることや、産休や育休で長期休暇に入っても職場復帰後はすぐに即戦力として働けることを伝えましょう。

妊娠や出産で休むことがあっても、その後にはしっかり会社の戦力となって働けることをアピールすることで企業は採用をしやすくなります。

4:子育てに理解がある会社を選ぶ

妊娠や育児に関する対応は企業によって異なり、協力的な企業もあれば、あまり良い対応をされない企業もあります。また、企業が妊娠や育児に対して協力的であっても、職種や業務内容によってはどうしても対応しきれない場合もあります。

そのため、子育てに理解のある企業を選ぶことや、子育てに対応できる環境が整った企業を選ぶことなども重要です。

5:福利厚生が充実している会社を選ぶ

妊娠中の働き方に関する対応は企業によって異なります。そのため、自分が求めている条件で働くことができるのか、福利厚生を事前に確認しておきましょう。

妊娠や出産、育児に関する福利厚生には、勤務時間短縮や通院休暇、所定外労働の免除などがあります。特に、育休についてはしっかりと内容を確認しておく必要があります。

6:周囲の協力が得られることをアピールする

出産後に職場復帰をしても、子供ができたことによってその生活スタイルは大きく変わってしまいます。そのため、子供優先の生活となり、思うように働けなくなってしまうという可能性を企業は心配します。

企業が抱えるその不安を解消するために、家族や周囲の人たちの協力を得ることができていて、仕事には支障が出ないことをアピールしましょう。

7:アルバイトやパートの働き方も選択肢に入れる

妊娠中の転職活動は負担が大きいです。また、入社後すぐに産休や育休に入ってしまうので、長期休暇明けには慣れない環境で仕事を再開することになります。

これらの負担を避けるためには、正社員だけを目指して転職活動するのではなく、融通の利きやすいアルバイトやパートも選択肢に入れてみましょう。

アルバイトやパートであれば正社員ほどの負担がなく働くことができるのが一般的です。この場合は、育児が落ち着いてから転職活動を再開すると良いでしょう。

8:転職サイトや転職支援を利用する

転職活動を行う際には転職サイトを活用するという人が多いです。転職サイトを利用すれば多くの求人情報を集めることができるので、自分の求めている条件に合う企業を見つけることができます。

また、転職エージェントの活用も検討してみましょう。転職エージェントでは転職希望者と企業の条件をマッチングしてくれます。そのため、妊娠や出産に対して協力的な企業を見つけてもらえる場合もあります。

9:体調が優れない場合は育休後に転職活動を再開する

妊娠中は無理をしてはいけません。そのため、転職活動だけでなく、アルバイトやパートも避けた方が良いという人もいます。

妊娠中は体調を優先すべきときなので、場合によっては働くことを一旦諦めて、育児が落ち着いてから転職活動を再開するようにしても良いでしょう。

転職後でも出産のための休暇は取得できる?

妊娠すると産休や育休を取得する人が多いです。しかし、転職直後でもそれらを取得できるのかどうか不安に思っている人がいるかもしれません。産休や育休の取得には注意点があるので、転職活動を行う前に把握しておくようにしましょう。

産休の場合

産休は労働基準法で定められている制度であり、誰でも取得する権利があります。そのため、転職直後であっても産休を取得することは可能です。産休は出産予定日の6週間前から産後8週間までの休暇となります。

ただし、出産予定日の6週間前から必ず休まないといけないということはなく、休暇に入るタイミングをある程度は調整することができます。また、職場復帰も産後8週間まで待つことなく、医師から承認をもらえれば産後6週間から可能となります。

産休の手続きは企業によって異なるので、早めに相談と確認をしておきましょう。

出典:労働基準法 第六十五条|e-Gov
参照:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=322AC0000000049#328

育休の場合

育休は子供が1歳になるまで育児をするための休暇で、条件によっては2歳まで延長ができます。この育休は産休と異なり、対応が企業によって異なります。

産休のように誰でも取得できる企業もあれば、勤務期間が1年以上や、子供が1年6カ月を超えるまでに契約期間が終了しないなどの条件を満たす必要がある企業もあります。場合によっては、労使協定で育休を対象外としている企業もあり、育休が取得できないこともあります。

そのため、育休の対応については事前にしっかりと確認をしておく必要があります。

妊娠中の転職について理解しておこう

妊娠中の転職活動は簡単ではありません。しかし、成功させるためにできることはあります。妊娠中の転職活動についての知識を持ち、しっかりと対策を立てて、転職を成功させましょう。

Bnr bottom 01 4
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説