商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

初回公開日:2021年08月25日

更新日:2021年08月25日

記載されている内容は2021年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

商品企画の職に転職するためには、商品企画の仕事内容を把握する必要があります。商品企画の仕事の未経験者が、転職することは非常に狭き門になっています。しかし可能性はあるため、商品企画の職に必要とされるスキルを今の仕事の中でつけていくようにしてください。

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

商品企画と商品開発との違い

商品企画とは、市場や消費者のニーズに合った商品を生み出していく仕事です。商品企画には、新商品を生み出す場合と、既存商品を改良する場合の2つがあります。

どちらの場合も、コンセプト立案するだけでなく、商品開発や販売戦略などにもつながっていくことが多く、業務の幅が広いのが特徴です。

商品企画と混同されやすいのが、商品開発ですがこちらは実際に商品を作り出すことで、商品企画が進んだ最終段階となります。良い商品を生み出すためには、企画と開発の協力体制が必要になります。

未経験でも商品企画の転職への可能性について3つ

未経験でも商品企画へ転職できる可能性について、3つの点を紹介していきます。商品企画に未経験者が転職するのが難しい理由として、1つは未経験である分野へ挑戦する難しさがあります。そして、未経験者が商品企画へ転職する場合、年齢の壁もあるでしょう。

また、転職者には即戦力になることが求められているため、未経験者には難しい点があります。このように、未経験からの商品企画職への転職は狭き門と言えます。

1:未経験可への挑戦する難しさ

未経験で商品企画へ転職する場合、未経験者応募可の案件へ挑戦する難しさがあります。未経験者は、未経験可の募集案件に応募しようとするでしょう。

しかし、そのような案件は少なく、多くの未経験者が転職しようとしてきます。企業が未経験者でも募集しようとするのは、なるべく多くの人の中から優秀な人材を確保したいのが理由です。

そのため多くの方が募集してきますから、競争率は激しくなり通常の募集よりも難易度が高くなる可能性があり、未経験者には難しい理由の1つになります。

2:転職市場の年齢への壁

未経験者で商品企画へ転職する場合、他の職種と同様に転職市場の年齢への壁が存在しています。年齢の壁となるのは、素晴らしい実績や能力を持っている場合を除き、30歳が1つの壁と言われます。

20歳代ならば経験をつむことでのスキルアップが期待でき、中途採用であっても育成することが可能ですが、30歳以上では即戦力であることが要求されるでしょう。したがって、年齢が上がるほど未経験者の採用ハードルは高くなってしまいます。

本気で転職したい意思があれば、少しでも早く若いうちに転職を検討した方が良いでしょう。

3:転職者に求められているもの

未経験で商品企画へ転職する場合、転職者に求められているものを考慮する必要があります。企業が転職者に求めるものは即戦力です。商品企画職は企業の中心となる職種ですから、企業としては自社の社員を長期的に育成したいと考えています。

しかし新規事業立ち上げや事業拡大、退職者に対する欠員補充などで急いで補充する状況が生じたときは、中途採用を行い即戦力の社員を求めてきます。しかも、転職者に対して育成にかける時間がなく、すぐに現場で活躍することを求めています。

即戦力を求めているために、未経験者の転職は非常に不利と言えるでしょう。

消費規格の仕事内容について5つ

商品企画の仕事内容について5つ紹介します。最初に必要なのが情報収集(マーケティング)です。情報収集により集めた情報で商品を考案し、その商品の企画を進めていきます。

さらに、商品の企画を練り、各部門との打ち合わせと調整を進めていき、商品開発に向けて販売に関する広告や戦略を立てていきます。これらすべてを行うのが、商品企画の仕事となります。

1:作る商品の情報を集める

商品企画の最初の仕事が、作る商品の情報を集めることです。商品企画の最初の仕事が、情報収集(マーケティング)で、日常生活の中で日本国内や海外ではどのような人たちに、どのような商品が求められているか情報を収集します。

また、競合他社ではどのような商品を市場に出していて、消費者はどのような商品を求めているのかを見極めていきます。そのために、消費者の生の声を聞くためのインタビューやアンケートを行うこともあるでしょう。

最終的には、試作品をモニターして確認します。商品企画の仕事では地道に情報を集めるということが求められています。

2:集めた情報で商品を考案する

商品企画の次の仕事が、集めた情報で商品を考案することです。情報収集して使う側の声をもとに商品を立案します。

その際に注意すべきことは「自分のために作る」のではなく、「消費者に受け入れられそうか」そして「市場のニーズに合っているか」を考慮して進めることです。

最終的にその商品が、どのようなターゲットに向いているのか、どのような機能を持たせていくのか、デザインはどうするかなどを具体的にしていき、コンセプトや仕様などを企画書としてまとめていきます。

3:商品のプレゼンをする

商品企画の続いての仕事は、商品のプレゼンテーションをすることです。企画書がまとまったら、関係各所へプレゼンテーションを行い、承認されるように働きかけていきます。各所での承認が受けられないと、実際の商品化に向けて動き出すことは難しくなります。

会社としては、企画された商品が「利益をどれくらい出せるのか」をとても重視します。そのため、企画書には製造コストや販売コストの算出を行い、価格設定や収益見込みを書き込んでおきます。

これらの情報を含んだ企画書を用いてプレゼンテーションを行い、その商品の製造に向けた判断が行われます。経営的視点など関係各所の立場で、よりよい商品に改案を受けるのも、プレゼンテーションの目的となります。

4:各部門との打ち合わせと調整をする

商品企画の続いての仕事は、各部門との打ち合わせと調整をすることです。商品化が決まったら開発部門や製造部門と打ち合わせをして、商品販売までの日程などを調整します。

試作品の完成スケジュールや、最終的な商品完成時期、実際の販売時期など商品に関するスケジュールを組んでいきます。他にも商品の原価や販売価格などのコスト面も、開発部門や製造部門と打ち合わせを行います。

5:販売に関する広告や戦略を立てる

商品企画の最終面での仕事は、販売に関する広告や戦略を立てることです。良い商品が企画できても、消費者に受け入れられなければ売れ行きが伸びません。

そのために、販売戦略や広告戦略が重要になり、営業部門を中心に販売戦略などが進められていくため、商品を企画した側として協力していきます。

また、商品発表会の開催や広告の作成と手配、さらには販売ルートや商品の販売方法の検討なども進めていく必要があります。

商品企画への転職で求められるスキル7選

商品企画への転職で求められるスキルを7つ紹介していきます。商品企画職を希望する転職者に求められている能力の1つがプレゼンテーション能力です。

他にもコミュニケーション能力が高いことや、フットワークの良さ、そして発想力・企画力が豊富であることが求められています。また、分析力も要求され、PCスキルも高い方が画像処理などに応用が利くため転職には有利になります。

商品企画職に関する必須の資格はありませんが、持っていると転職に有利になる資格には、商品開発士、商品プランナー、そして商品コーディネーターなどがあります。

1:プレゼンテーション能力

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、プレゼンテーション能力です。企画した商品が関係各所で承認されて、商品化に進むためにプレゼンテーションをうまく進める必要があります。プレゼンテーション能力は必要不可欠な能力と言えるでしょう。

2:コミュニケーション能力

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、コミュニケーション能力です。商品企画の仕事では、社内や社外の関係部所などに交渉する機会が多くなっています。

その際に、自分の意見を相手にうまく伝えることができるようなコミュニケーションスキルが高い方は商品企画の転職に有利になります。コミュニケーションスキルは、消費者のニーズを引き出す際にも必要になる能力です。

3:フットワークの良さ

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、フットワークの良さです。商品企画の仕事では情報収集が大事で、市場動向を把握するために、色々な地域の店舗に足を運ぶフットワークの良さが必要になります。

他にも、顧客のもとをたびたび訪れて、商品企画を進めるなど、フットワークが良いことは、商品企画を募集している企業に対してアピールできるポイントとなります。

4:発想力・企画力

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、発想力や企画力です。発想力や企画力を持っている方は、商品企画の仕事に向いています。商品企画職の適性がある方の特徴としては、発想力や感受性が豊かであるなどが挙げられます。

他にも好奇心が旺盛で、新しいものが好きな方であることや、変化を楽しめる性格を持っている方が商品企画職への適性が高くなっています。それに加えて、企画した商品を実現させるためには、あきらめずに粘り強い性格であることも必要と言えます。

5:分析力

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、分析力を高いレベルで持っていることです。商品を企画し、実現化するためには、多くの関係者や関係部門との調整が必要になります。その相手を納得させるためにも高い分析力で裏付けされたデータが必要になります。

そのため、商品企画への転職希望者は、分析力を持っていると有利となっています。

6:PCスキル

商品企画への転職で求められるスキルの1つが、PCスキルです。特に商品企画に携わる方は画像編集ソフトの操作スキルを持っていると有利になっています。

商品のデザインを行う場合には、画像編集ソフトの操作スキルが必要になります。画像編集ソフトを使いこなすスキルがあれば、自分の持っている開発商品のイメージをわかりやすく伝えられるため有利になるでしょう。

7:企画職に関する資格

商品企画への転職で求められるスキルとして、企画職に関する資格があります。商品企画の仕事は、特定の資格がなければできないというわけではありません。ですが、商品企画の仕事をするために必要な知識や技術が学べる資格があるため紹介します。

企画職に転職する際に持っていると良い資格としては、商品開発士、商品プランナー、そして商品コーディネーターなどがあります。

商品開発士

商品企画の仕事をするために、必要な知識や技術が学べる資格の1つが商品開発士です。この商品開発士は、商品プランナー資格を有する人が受験できる資格になっています。

商品プランナーを取得する過程で商品企画に関する知識を得ることができますが、加えて商品開発士の資格を取得することで、より実践的な商品企画の手法が学べます。

さらに、商品開発士の資格を持っている方は、商品開発の助言や指導ができる知識とスキルを持つことになります。

商品プランナー

商品企画の仕事をするために、必要な知識や技術が学べる資格の1つが商品プランナーです。この商品プランナーの資格を取得するための学習を進めていく中で、商品企画について、そしてサービス企画について勉強することができます。

また、商品プランナーの資格を取るための学習を通して、マーケティングとプレゼンテーションの基礎などを学ぶことができます。

商品コーディネーター

商品企画の仕事をするために、必要な知識や技術が学べる資格の1つが商品コーディネーターです。この商品コーディネーターは、商品プランナーの上級ライセンスとなっています。

商品プランナーを取得する過程で商品企画に関する知識を得ることができ、さらに上級ライセンスである商品コーディネーターの資格を得ることで、プロデューサーとしての能力が向上しますから、プロジェクトをリードしていける能力が身に付きます。

【職種別】商品企画への転職のアピールポイント5選

職種別に商品企画への転職をする際のアピールポイントを紹介します。職種別としては、前職がマーケティング職、営業職、デザイナー職、エンジニア職、そしてその他の職種を取り上げ、商品企画職へ転職するときのアピールポイントを説明します。

1:マーケティング職

商品企画への転職のアピールポイントとして、マーケティング職からの転職に当たっての場合を紹介します。セールスプロモーションや広報などのマーケティング職は、商品企画職に近い職種と言えます。

そのため、マーケティング職での経験をもとに、商品企画の職でも仕事ができることをアピールすることができます。商品企画職への転職の際に、いままで手がけた商品のマーケティング戦略のことなどの実績を示すことがおすすめです。

2:営業職

商品企画への転職のアピールポイントとして、営業職から転職する場合を紹介します。

営業職から商品企画職への転職は、まったく違う職種を希望しているように見えますが、これまで提案を中心に営業をしてきた方ならば、資料作成能力やプレゼンテーション能力を応募先の担当者にアピールできます。

売り込み中心の営業をしていた方でも、マネジメント能力や進捗管理能力があることをアピールして、商品企画でも使えるスキルを持っていることをアピールできるでしょう。また、接客中心の営業をしてきた方なら、消費者のニーズをつかむ能力をアピールできます。

3:デザイナー職

商品企画への転職のアピールポイントとして、デザイナー職から転職する場合を紹介します。商品企画職はデザイナーも兼ねる場合があるため、デザイン職と商品企画職は意外に近い職種です。

グラフィックデザイナーでも、インダストリアルデザイナーでも、商品企画職に転職しやすい職種と言えます。今までに手がけた作品に加えて、転職先に向けたオリジナル作品を見せるなどで転職を有利に進めることができます。

4:エンジニア職

商品企画への転職のアピールポイントとして、エンジニア職から転職する場合を紹介します。エンジニアから商品企画職への転職も、転職ができる可能性の高いケースと言えます。

エンジニアとしての適性のある方は、一部を担当するのでなく、無から新たな商品を開発したい希望を持っていることがよくみられます。エンジニア職の場合には、持っている技術の高さをアピールすることで、新たな業務でもレベルの高い仕事ができることを示せるでしょう。

モノづくりの能力を持っているエンジニアであれば、商品の新たな開発やイベント開催などを行う能力を持っていることを、転職先の担当者に伝えることができます。

5:その他の職種

商品企画への転職のアピールポイントとして、その他の職種からの転職に当たっての場合を紹介します。その他の職であり、商品企画職へ全く接点のない場合は、転職には、非常に厳しい状況と言えます。

その場合でも転職のときは、何かのスキルを持っているということをアピールすることが必要になります。前職のスキルをアピールできないときは、資格を取っておくことも一つの方策です。

商品企画への転職ならまず仕事内容を把握しよう

未経験者の商品企画職への転職は非常に狭き門になっていますが、不可能な転職ではありません。商品企画への転職を希望するのであれば仕事内容を把握して、そのために必要とされるスキルを高める努力をすることが必要です。

商品企画を行うために転職者に求められるスキルとしては、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力、そして発想力・企画力・分析力などがあるため、これらを伸ばすようなことを転職前にしておくことが大事です。

Bnr bottom 01 4
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント
就活準備
2021年09月24日

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介
就活準備
2021年09月24日

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説
就活準備
2021年09月24日

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類