社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

初回公開日:2020年09月24日

更新日:2020年09月24日

記載されている内容は2020年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接でよく聞かれる質問として、社会人と学生の違いを問う内容があります。企業の面接官が両者の違いを質問する意図をしっかりと把握した上で、適切な回答をする必要があります。ここでは両者の違いのポイントを整理して、相手に好印象を与える回答や注意点を解説します。

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

社会人とは?

就活の時の面接で良く聞かれる質問として、社会人と学生の違いを問うケースが多くあります。まずは社会人とはどのような存在を言うのか、学生との違いを念頭に置いて概要を整理してみましょう。

基本的に社会人とは、学校や家庭などの保護を離れて自立している人のことを言います。学生がアルバイトで収入を得ていても社会人とは呼ばず、卒業してからも保護者の庇護の下で生活している人も社会人とは呼べません。

面接で社会人と学生の違いを聞く意図3選

就活の際の面接で、社会人と学生の違いを質問される意図は何でしょうか。一般的には就活生がどんな社会人になりたいのか、企業で働くということに対してイメージができているのか、など仕事に対する思いや考えを引き出そうとする場合が多いでしょう。

ここでは面接官が社会人と学生の違いを聞く意図について3つに絞って考えてみます。仕事に対する価値観や意欲、社会人としての意識を確認することについて詳しく説明します。

面接で社会人と学生の違いを聞く意図1:仕事に対する価値観を判断

面接で社会人と学生の違いを聞かれる意図として、1つ目は仕事に対する価値観を判断するためです。就活生が社会人について具体的にどう捉えていて仕事に対してどのような価値観をもっているのかを確認できるからです。

企業が求めている人材と一致しているか判断されるので、自分なりの仕事に対する価値観を明確に持っておく必要があります。バイトで働くのとは違うので、自分の言葉で説明できるように考え方を整理しましょう。

面接で社会人と学生の違いを聞く意図2:仕事への意欲を見るため

面接で社会人と学生の違いを聞かれる意図として、2つ目は仕事への意欲を見るためです。仕事に対する価値観を見られると同時に仕事への意欲も測られていることを知っておき準備をしておきましょう。

社会人としての自覚を持って仕事に臨む強い意欲を持っていなければ、新しい環境の中で仕事に対して前向きに取り組むことはできません。入社後に教育できる知識や経験よりも、現在の仕事への意欲のレベルを試験官は見ています。

面接で社会人と学生の違いを聞く意図3:社会人としての意識確認するため

面接で社会人と学生の違いを聞かれる意図として、3つ目は社会人としての意識や自覚を確認するためです。就活生が学生と社会人の違いをしっかりと認識して、社会人として働く覚悟があるかどうかを面接官は確認したいのです。

学生気分の延長で仕事を始めてしまうと、仕事に身が入らず失敗の可能性も高くなり企業に馴染めないケースが多くなります。社会人としての自覚を持ち周りの人に迷惑をかけない人材を企業は求めています。

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選

社会人とは何か、学生との違いは何かを明確に回答するためには、両者の違いを事前に整理して自分なりの意見を持っておくことが大切です。これから7つの観点から社会人と学生の違いを整理するので、具体的に自分なりの回答を考えておきましょう。

就活で知っておくべき学生との違い1:自己管理を怠らない

就活で知っておくべき学生との違いとして1つ目は、自己管理を徹底して怠らないことです。学生の時には受け身のことが多く学校や先生が主体で勉強していたものが、社会人になるとスケジュールの管理から生活の時間管理など自己管理が要求されます。

社会人とはプライベートな時間を含めて仕事や生活の時間をトータルで自己管理ができる人であり、主体的に考えて動けることが学生とは全く違う点と言えます。

就活で知っておくべき学生との違い2:自らの判断で物事を決断する

就活で知っておくべき学生との違いとして2つ目は、自分の判断で物事を決断する力が要求される点です。社会人として会社の看板を背負って仕事をするため、社外の人からも一人前として見られます。

社会人とは難しい環境でも自らの判断で物事を決断しなければいけない場面でしっかりと決断できる力を備えた人と言えます。周りの先輩や上司に相談しながらも、ここぞという場面では決断力を発揮しなければいけません。

就活で知っておくべき学生との違い3:会社の評価基準を把握しておく

就活で知っておくべき学生との違いとして3つ目は、会社の評価基準を把握しているかどうかの違いです。社会人とは学生のように個人的な評価がすべての絶対評価ではなく、会社ありきの相対評価を理解して仕事をする人と言えます。

仕事に対する評価は自分のやり方や動きだけでなく、仕事を通して会社の業績がアップすれば会社の評価が上がり社員の評価も上がります。こうした評価の基準が社会人と学生では違います。

就活で知っておくべき学生との違い4:将来のビジョンを明確にする

就活で知っておくべき学生との違いとして4つ目は、将来のビジョンを明確にする目標設定の面での違いです。学生の目標設定は、達成のために何をするか、いつまでにするかを設定しますが、社会人は仕事で立てた将来のビジョンに対して綿密な計画が要求されます。

目標達成のための業務を細かく考え理論的に緻密な計画を立てた上で、確実に仕事を進められなければ達成できません。明確な目標設定も重要です。

就活で知っておくべき学生との違い5:大人としての人付き合い

就活で知っておくべき学生との違いとして5つ目は、大人としての人付き合いをすることと言えます。学生時代には自分と気が合う友達との付き合いが多いですが、社会人になると好き嫌い関係なく会社の仲間や上司・先輩、更には取引先のお客様との付き合いも必要です。

社会人とはコミュニケーション力を培って、嫌な相手でも相手を尊重しながらやり取りをする大人としての人付き合いができる能力を備えた人と言えます。

就活で知っておくべき学生との違い6:効率の良い時間の使い方

就活で知っておくべき学生との違いとして6つ目は、時間管理がしっかりできて効率的な時間の使い方ができることです。学生は自分が好きに使える時間も多く、1日の時間を自分で考えて自由に使えます。

社会人になれば1日のほとんどの時間を仕事に使うことになり、自分の時間を確保するためには効率良いスケジュール管理をして行動することが求められます。複数の仕事を同時進行で進めることもあるので、時間管理は重要な項目です。

就活で知っておくべき学生との違い7:背負う責任の大きさ

就活で知っておくべき学生との違いとして7つ目は、背負う責任の大きさの違いと言えます。社会人とは責任を持って行動することができる人と言えます。

企業の一員として社外的には会社の代表として言動が全て責任を負うものとなるため、学生とは責任感の大きさが全く違います。約束を守らなかったり、話した言葉に責任を持てないようでは社会人として周りから認められることはありません。

社会人と学生の違いを就活で聞かれた際に好印象を与える回答4選

就活の面接でよく問われる質問に、「社会人とは?」という内容があります。学生と社会人の違いをどのように考えているかを聞いて、企業側は仕事への意欲や価値観を見ようとしています。

面接で好印象を残すためには、論点を揃えたり、社会人と学生の違いを明確に伝えることが大切です。ここでは好印象を与える回答を4つに整理して説明するので、面接官にしっかりと自分をアピールできるように準備をして臨みましょう。

好印象を与える回答1:仕事への向き合い方を伝える

社会人と学生の違いを聞かれた時に好印象を与える回答として、1つ目は仕事への向き合い方をしっかりと伝えることが大切です。社会人と学生の違いだけを答えるのではなく、その違いを分かった上で業務にどのように生かそうと考えているのかが重要です。

自分が考えている社会人のあり方を具体的にどうやって体現しようと考えているのかを伝えられると好印象を与えることができます。事前によく整理しておくことが大切です。

好印象を与える回答2:違いを明確に提示する

社会人と学生の違いを聞かれた時に好印象を与える回答として、2つ目は両者の違いを明確に提示することが大切です。両者の違いを明確化させて伝えた上で、自分がどうしたいかなどを加えるのが効果的です。

単純に「社会人と学生の違いは○○です」と答えるよりも、「学生は××という特徴がありますが、社会人は△△という特徴があると考えています」という答え方が良いでしょう。違いを明確に提示して、自分の思いを伝えましょう。

好印象を与える回答3:論点を揃えて述べる

社会人と学生の違いを聞かれた時に好印象を与える回答として、3つ目は論点を揃えて述べることが大切です。漠然と「学生の仕事は勉強であり、社会人は仕事に責任を持っています」などと回答すると、論点がずれており明確な回答になっていません。

例えば「学生の仕事は勉強」「社会人の仕事は会社や社会に利益をもたらすこと」などのように、論点を仕事内容に揃えて話をする方が面接官に好印象を与えられます。

好印象を与える回答4:意欲を見せる

社会人と学生の違いを聞かれた時に好印象を与える回答として、4つ目は仕事への意欲を見せることが大切です。ありきたりの言葉よりも自分の言葉でしっかりと両者の違いを伝えられると、社会人として働くイメージをちゃんと持っていると判断されるからです。

面接官が就活生から感じ取れるポテンシャルの高さが、そのまま採用につながるケースが多いようです。仕事に対する意欲があるかどうかが重要視されています。

社会人と学生の違いを就活で聞かれた際に好印象を与える回答例

私は社会人と学生の違いは仕事に対する責任感の差だと考えます。学生のアルバイトでは自分が最終的な責任を負うことはなく、失敗しても社員の方が責任を取られます。

社会人になると仕事の責任感も重くなり、会社を代表した立場で対応する場面が多くなります。自分のミスは自分の責任で会社に対しても迷惑をかけることになるため、小さな仕事でも責任を持ち些細なミスも減らせるような努力をして貴社に貢献したいと考えています。

社会人と学生の違いを就活で聞かれた際の良くない回答4選

社会人と学生の違いを就活で聞かれた時の回答は、企業側の面接官が考えている質問の意図を踏まえた回答をすることが求められます。これまで回答のポイントや好印象を与える回答例を紹介しましたが、ここでは良くない回答について4つあげて説明します。

面接官にマイナスの印象を与える回答を踏まえた上で、自分の意見としての回答を整理しておくことをおすすめします。

良くない回答1:自身の意見を伝えていない

良くない回答の1つ目は、一般論ばかりを述べて自分の意見を伝えないことです。「学生は勉学を主とし、社会人は労働が主である」など一般論をただ答えるだけでは、面接官に好印象を与えることはできません。

回答を通して仕事に対する考え方や価値観、社会人としての自覚などを確認したい企業側の意図があるため、実体験なども交えてできるだけ自分の言葉で表現することを意識して回答しましょう。

良くない回答2:当たり前のことは言わない

良くない回答の2つ目は、当たり前のことを長々と答えることです。企業が社会人と学生の違いを質問する意図を考えると、聞くまでもなく当たり前の内容は評価対象にならないため良くありません。

「学生は大学に通っており、社会人は会社に通います」などという当たり前の回答ではなく、自分が考えている社会人としての心構えなどが伝わるような内容で自分の言葉で答えるようにしましょう。

良くない回答3:意欲的ではない回答は言わない

良くない回答の3つ目は、意欲的でない回答をしてやる気がないと思われることです。社会人は残業があるとか、やりたくない仕事でもやるなどとネガティブな回答をすると仕事に対する意欲は伝わりません。

やる気がない回答ではマイナスイメージになってしまうので、前向きで意欲的な回答をするように心がけましょう。

良くない回答4:論点があっていない

良くない回答の4つ目は、質問の内容に対して論点が合っていない回答をすることです。企業側は社会人と学生の違いを質問することで、就活生がどのような回答をするか聞きながらコミュニケーション能力についてもチェックをしています。

質問の内容に沿わない別の論点で回答をしていると、多様な人間関係が求められる企業の中でさまざまな年代の人とのコミュニケーションを取れないと判断されてしまいます。

社会人とは何かを知って就活対策をしよう!

就活で社会人と学生の違いについて質問を受けることが多くあります。これまで説明した内容をしっかりと把握して、社会人とは何かを自分の言葉で整理して面接に臨みましょう。社会人と学生の違いを整理することで、企業に入って働くという自覚を持つこともできます。

社会人と学生の違いを明確に答えるための準備を通じて、自分の考えや意識を高めて就活対策を万全に整えましょう。

RELATED
自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介
就活準備
2020年10月07日

自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介

自己分析をする意味8つを紹介|自己分析をする際のポイントも解説
就活準備
2020年10月14日

自己分析をする意味8つを紹介|自己分析をする際のポイントも解説

就活でメラビアンの法則を活用する時のポイント8つ|注意点もわかりやすく紹介
就活準備
2020年10月09日

就活でメラビアンの法則を活用する時のポイント8つ|注意点もわかりやすく紹介

面接に受かるための準備3つ|落ちる人との違いや頻出の質問例も紹介!
就活準備
2020年10月13日

面接に受かるための準備3つ|落ちる人との違いや頻出の質問例も紹介!

インターンの面接で落ちる人と受かる人の違い8選|面接の準備方法3選徹底解説
就活準備
2020年10月14日

インターンの面接で落ちる人と受かる人の違い8選|面接の準備方法3選徹底解説

【種類別】女性の就活の服装の選び方10選|女性の服装マナーとは?
就活準備
2020年10月07日

【種類別】女性の就活の服装の選び方10選|女性の服装マナーとは?

就活を有利にするバイトとは?バイト経験のアピール方法5つと職種を紹介!
就活準備
2020年10月15日

就活を有利にするバイトとは?バイト経験のアピール方法5つと職種を紹介!

自己PRで「誠実性」の言い換え7つ|例文やアピールポイントについても解説
就活準備
2020年10月07日

自己PRで「誠実性」の言い換え7つ|例文やアピールポイントについても解説

プレゼン形式で自己PRする際のポイント10選|資料の作り方6選も執筆
就活準備
2020年10月08日

プレゼン形式で自己PRする際のポイント10選|資料の作り方6選も執筆

就活がばかばかしいと思う理由10選|ばかばかしい就活への対処法
就活準備
2020年10月08日

就活がばかばかしいと思う理由10選|ばかばかしい就活への対処法

就活の面接官が最近読んだ本について質問する意図6つ|おすすめしない答え方
就活準備
2020年10月08日

就活の面接官が最近読んだ本について質問する意図6つ|おすすめしない答え方

【内容別】インターンシップでのマナーの注意点7選|メールの書き方なども紹介
就活準備
2020年10月08日

【内容別】インターンシップでのマナーの注意点7選|メールの書き方なども紹介

面接のNGワード対策のポイントは「企業目線」|面接NGワード対策5選
就活準備
2020年10月14日

面接のNGワード対策のポイントは「企業目線」|面接NGワード対策5選

面接で「自分を動物に例えると?」と聞かれても困らない!動物別の例文5選
就活準備
2020年10月14日

面接で「自分を動物に例えると?」と聞かれても困らない!動物別の例文5選

業界の志望理由の効果的な答え方とは?5つの例文とポイントも紹介
就活準備
2020年10月15日

業界の志望理由の効果的な答え方とは?5つの例文とポイントも紹介

志望動機に「家から近い」と伝えるのはなぜダメなのか?6つの理由を紹介
就活準備
2020年10月07日

志望動機に「家から近い」と伝えるのはなぜダメなのか?6つの理由を紹介

就活中に活用したい口コミサイト|おすすめサイト7選と利用の際の注意点
就活準備
2020年10月16日

就活中に活用したい口コミサイト|おすすめサイト7選と利用の際の注意点

就活時にSEのキャリアプランを考えておくメリット6つ|キャリアプラン例も紹介
就活準備
2020年10月14日

就活時にSEのキャリアプランを考えておくメリット6つ|キャリアプラン例も紹介

就活の面接でアルバイトの経験を聞かれたら?回答する際の5つのポイント
就活準備
2020年10月07日

就活の面接でアルバイトの経験を聞かれたら?回答する際の5つのポイント

電話面接が今増えている?面接前のマナー4つと面接中のマナー3つを紹介
就活準備
2020年10月15日

電話面接が今増えている?面接前のマナー4つと面接中のマナー3つを紹介