大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

初回公開日:2021年09月24日

更新日:2021年09月24日

記載されている内容は2021年09月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンシップ制度は聞いたことがあるけれど、具体的にどんなものか分からない方も多いのではないでしょうか。ここではインターンシップの概要や参加するメリットなどについてご紹介しています。インターンシップについて知り、就活を有利に進めましょう。

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップとはなにか

インターンシップとは、企業が学生に就業体験の機会を提供し、学生が興味のある企業に訪問したり、実際に働いたりすることです。

実際に企業で働く経験を通して、業務の内容や働くことへの理解を深めるために行われます。期間は1日から数カ月の長期にわたるものまで様々で、大学の長期休暇を利用して参加するのが一般的です。

インターンシップに参加することで得た経験は自分の成長にもなり、就活も有利になるでしょう。

インターンシップとアルバイトは違う

インターンシップでは収入が得られる場合もあるため、アルバイトとインターンシップの区別がつきにくい方もいるでしょう。

インターンシップとアルバイトの大きな違いはその目的です。アルバイトの目的は仕事の対価として収入を得ることにありますが、インターンシップの目的は仕事への理解を深めて自分に適性があるかどうかを判断することにあります。

また、インターンシップに参加することで、社会人としてのマナーなども身に付けられるでしょう。

大学生がインターンシップに参加する6つの意味

インターンシップがアルバイトとは目的が異なることをご紹介しました。目的をしっかりと理解した上でインターンシップに参加することは、大学生にとって様々な意味があります。ここでは、大学生がインターンシップに参加する意味について解説しましょう。

1:実際の業務内容が分かる

インターンシップに参加すると、実際に働いてみなければ分からない業務内容を知ることができます。業界についてはWebや本などで調べられますが、調べただけでは分からないことも多いため、インターンシップで業務内容を知ることは業界研究にも役立つでしょう。

また、実際の業務内容を知ることで、就職後に業務内容が想像していたものとは違ったという事態を避けることができるでしょう。

2:実務経験が積める

大学生がインターンシップに参加することで、実務経験が積めるというメリットがあります。デザイナーやマーケティングなど、実際に見たり聞いたりしなければ業務内容が分かりにくい職業を、そばで見たり実際に体験することができるでしょう。

また、事務職などの職種への理解を深められたり、体験することで自分に向いているかを判断することもできます。さらに実務経験を積むことで、社会人としてのマナーやルールを身に付けられることも、メリットと言えるでしょう。

3:企業とのコネクションができる

大学生がインターンシップに参加することによって、現場で働く社会人や採用担当者とコミュニケーションを取る機会を得られ、企業とのコネクションができるというメリットがあります。

また、企業の採用担当者などとコミュニケーションに慣れていれば、この先の就活でも役立つでしょう。

4:大学の単位取得に役立つ

インターンシップは大学側も推奨していることが多く、多くの大学がインターンシップを単位認定しています。インターンシップに参加することで、大学の単位取得に役立つのもメリットです。大学によって単位認定される条件が異なるため、一度調べてみるのも良いでしょう。

5:就職活動が有利になる

一般的にインターンシップと採用選考は関係がないと言われていますが、実際にはインターンシップで優秀だと認められた学生が選考に有利となる企業もあり、インターンシップに参加することで内々定をもらえる可能性もあります。

また、インターンシップに参加して得た経験を、身についた就業スキルとして職務経歴書に記載することが可能です。インターンシップに参加して得た経験が経験値として評価され、就職活動が有利になる可能性があります。

6:自己分析につながる

インターンシップに参加して業界や企業を知ることは、自分がその業界や企業に本当に興味があるのかを見つめ直すことにもつながります。

希望していた業界が思っていたイメージと違うこともあるでしょう。インターンを通じて自己分析することで、自分の適性を知ることができると言えます。自分の適性を知って就職することで、就職後のミスマッチを防止できるでしょう。

インターンシップに参加しないとどうなる?

インターンシップに参加するかしないかは自由です。しかし、インターンシップに参加することで企業や業務内容についてより深く知ることができ、人事担当者とも直接会えるなど、就職活動において有利となることがたくさんあります。

そのため、インターンシップに参加しないという選択は、就職活動において不利となる可能性があるでしょう。

しかし、全てのインターンにおいて不利になるとは限らないため、ゼミなどインターンシップより優先したいことがある場合には、参加する価値があるかどうか事前に考えて判断すると良いでしょう。

インターンシップの4つの種類

インターンシップと一口に言っても、その種類は様々です。インターンシップは「会社説明型・セミナー型」「職場体験型」「課題解決型」「就活支援型」の4つに大別できます。ここでは、それぞれのインターンシップの内容について詳しく見てみましょう。

1:会社説明会・セミナー型

企業の社員による事業内容や、業界の動向などの説明が中心となる短時間のプログラムです。就職活動の準備として業界研究や企業研究を行い、業界や企業の知識を深めたり、視野を広げたい方に向いています。

プログラムに参加することで、実施する企業だけでなく、業界について幅広い知識を付けることができるでしょう。近年ではオンライン型のセミナーも増えており、地方からも気軽に参加できます。

2:職場体験型

職場の見学や簡単な職業体験を中心としたインターンシップです。説明会やセミナ―などでは伝わりにくい現場の雰囲気を知ることができます。

期間は半日から1日など短期のものが多いですが、実際に現場で働く人と交流でき、説明会よりも仕事について詳しく知ることができるのが特徴です。

3:課題解決型

実際の業務に即した課題に対して、企画やプレゼンなどを行うインターンシップです。一般的には実際に業務で起こりうる課題の解決方法などについて、グループワークやグループディスカッション、プレゼンテーションなどを行います。

期間は1、2週間から1カ月程度行われることが多いです。参加すれば企業や業界への知識を深められるだけでなく、コミュニケーション能力も高めることができるでしょう。自分の適性や業務の難しさなどを知るのにおすすめのインターンシップです。

4:就活支援型

就活支援型は模擬面接や模擬グループディスカッションを行ったり、マナー講習、自己分析、適性検査の模擬受験などを行ったりするタイプのインターンシップです。

大学のキャリアセンターが行う就活ガイダンスや有料就活塾が行うプログラムの内容とほぼ同じですが、企業が行うインターンシップであるため参加費用はかからず、無料で就職活動のノウハウを得られます。

インターンシップの期間3パターン

インターンシップは企業のプログラムの内容などによって期間が異なり、1日のものから数カ月に及ぶ長期のものまで、様々な期間のものがあります。ここではインターンシップの期間3パターンについて見ていきましょう。

1:1dayインターンシップ

短期インターンシップの中でも、1番短い期間で行われるのが1dayインターンシップです。この1dayインターンシップでは多くの場合、企業説明やグループワーク、先輩社員との交流などが行われます。

1dayインターンシップの募集や申し込みは随時行われている場合が多いです。数多くの業界や業種から志望する企業を絞り込んだり、業界や企業について知りたい場合に参加してみましょう。

2:短期インターンシップ

短期インターンシップは1週間から1カ月程度の期間で行われるもので、夏休みや冬休みなどの長期休暇を利用して参加することが多いです。

夏休みにはサマーインターンシップ、冬休みにはウィンターインターンシップに参加する大学生が多く、企業説明の他に4、5人の学生でグループワークを行います。

サマーインターンシップの申し込み時期の目安は6~7月頃、ウィンターインターンシップの申し込み時期の目安は10~11月頃です。

また、遠方に宿泊して2日から7日間、集中的に取り組む合宿型のインターンシップも増えています。数日間、同じ環境で仲間と共にプログラムに取り組むことで、社会人として必要な考え方やストレス耐性を知ることができるでしょう。

短期インターンシップの場合、グループワークの内容や功績で採用が決定したり、就職試験の際に一部が免除されたりする可能性があります。また、インターンシップから選考につながっている場合もあります。

3:長期インターンシップ

長期インターンシップは1カ月から数カ月、なかには数年の長期にわたり企業に勤めるインターンシップです。

長期インターンシップでは給与が支払われる場合が多く、参加することで実際の現場で働きながら経験を積めるため、インターンシップが終わる頃には即戦力として働ける能力を得られるでしょう。

長期インターンシップでは、成果によって就活に有利となるだけでなく、企業側から直接内定をもらえる可能性もあります。

長期インターンシップの募集は通年行われていることが多く、大学1、2年生でも参加することができるため、早めに申し込むのがおすすめです。

インターンシップの給与

インターンシップには無給のものと有給のものがあります。

インターン生と企業との間に指揮命令関係等が認められ、インターン生が「労働者」に該当するか否かがポイントになりますが、1dayインターンシップなど短期のものは無給の場合が多く、長期になると給与が発生する可能性が高くなります。

さらに長期インターンシップの場合には、交通費や宿泊費の補助が支給される場合もあります。無給であったとしても、企業や業界について理解を深められ、就活に有利になる可能性もあることから、インターンシップに参加するメリットは大きいと言えるでしょう。

インターンシップ先の5つの探し方

ここまでインターンシップに参加するメリットなどをご紹介しました。ではインターンシップに参加してみようと思った場合、どのようにインターンシップ先の企業を探せば良いのでしょうか。ここでは、インターンシップ先を探す5つの方法をご紹介します。

1:大学の就職課

インターンシップ先の探し方としては、まず、大学の就職課などに紹介してもらうという方法があります。大学が紹介してくれる企業などでインターンができるだけでなく、大学の就職課に支援してもらえるという点がメリットです。

しかし、大学によってはインターンとして紹介するのが官公庁のみという場合もあり、紹介してもらえる企業が少ないというデメリットもあります。

2:企業のHP

興味のある業界や業種が決まっている場合には、企業のHPで探す方法もおすすめです。企業のHPで探すことで、情報を企業から直接入手できるというメリットがあります。

一方で、少人数のインターンシップ募集の場合には、情報が入りにくいという点がデメリットとして挙げられます。

3:インターンシップ用求人サイト

インターンシップ用求人サイトを利用すれば、情報量が多いだけでなく、エントリーシートの書き方や面接指導も受けられるため、おすすめです。

情報が豊富にあるため効率的に探すことができ、複数の企業を比較することもできます。しかしその一方で、情報量が多すぎて絞り込むのが難しいといった点があります。

4:インターンシップイベント

開催頻度はそれほど多くありませんが、インターンシップイベントに参加するというのも1つの方法です。イベントではインターンシップを行う企業が集まって、自社の業務内容や理念、インターンシップの説明を行います。

イベントに参加することで、企業の方から直接話を聞くことができるのがメリットです。

5:大学のOBやOGの伝手

すでに就職している大学のOBやOGの伝手で紹介してもらうというのも、1つの方法です。OBやOGから詳しく話が聞けるため、ネット上の情報だけでは不安を感じる方におすすめの方法と言えるでしょう。

ネットだけでは分からない情報を知ることができたり、実際の経験者の話を聞くことができたりするメリットがある一方、企業の印象が主観に左右されてしまうというデメリットもあります。

インターンシップの応募時期

インターンシップの応募時期は就活のスケジュールにより異なりますが、一般的に大学3年生の夏や冬に行うことが多いです。大手企業では短期インターンが中心であり、参加条件も大学3年生と指定しています。

一方で、長期インターンに応募して長期で実務を経験したい方は、大学1年生や2年生などの早めの時期に応募するのがおすすめです。

長期インターンは全学年を対象としています。そのため、自分のキャリアについてゆっくり考えることができる1、2年生のうちに応募すると良いでしょう。

インターンシップに臨むための5つの準備

インターンシップを有意義なものにするためには、事前準備をすることも重要です。事前準備をしっかりしておかなければ、せっかくのチャンスを活かすことはできないでしょう。ここでは、インターンシップに臨むための準備について詳しく見ていきましょう。

1:企業を下調べする

まず、インターンシップに参加する企業について、下調べをすることが重要です。具体的にどのような事業を展開し、どのようなスキルを身に付けることができるのかを、事前に企業のホームページなどで調べておきましょう。

また、経営状況やIR情報にも目を通しておくようにしましょう。

2:持ち物を揃える

忘れ物がないように、事前に持ち物を揃えましょう。筆記用具やノートを持参し、配布物が多くても困らないよう、クリアファイルを用意しておくと便利です。インターンシップでメモを取ることは多いため、手帳ではなく、ノートを用意するようにしましょう。

3:服装を揃える

インターンシップにふさわしい服装を揃えておくことも、忘れないようにしましょう。インターンシップの服装は企業によって規定が異なり、スーツ着用の場合もあれば、規定がない場合もあります。

服装に規定がある場合にはそれに従い、ない場合にはオフィスカジュアルでまとめるのが良いでしょう。

4:当日の流れを把握する

インターンシップのプログラムは企業によって様々です。就労体験をするのかグループワークをするのか、インターンシップのプログラムをよく見て当日の流れをしっかりと把握しておきましょう。

昨年同じインターンシップに参加した先輩がいれば、話を聞いておいても良いでしょう。

5:自己紹介や挨拶を考える

自己紹介は他社との関係を構築するための第一歩です。自分が普段取り組んでいることや、将来の目標なども交えて、自己紹介や挨拶ができるように考えておきましょう。

自己紹介や挨拶をすることで、他のインターン生や企業の方に自分の人となりを知ってもらうことができるでしょう。

インターンシップが終了した後にすること4つ

ここまでインターンシップに臨むための準備についてご紹介しましたが、インターンシップが終わった後は、なにをすれば良いのでしょうか。

ここではインターンシップが終了した後にすることを、4つご紹介します。

1:企業に謝意を伝える

インターンシップ後、最初にしたほうが良いのは企業に謝意を伝えることです。インターンシップが終了した日の夜か、翌日の午前中までに、企業へ謝意を伝えるメールを送りましょう。

メールでは、自分がどこの誰なのかを伝え、プログラムに参加させてくれたことへの謝意と感想、そこで得た経験を今後どのように活かしていくかなどを書くと良いでしょう。さらに丁寧に謝意を伝えたいのであれば、お礼状を書くのもおすすめです。

2:インターンシップ学んだことを振り返る

企業に謝意を伝えたら、インターンシップで学んだことを振り返り、記録しておきましょう。主体性や課題発見力など項目を細分化し、その項目についてどれだけ達成できたかを自己評価します。また、その時の感情などをできるだけ詳細に記録に残しておくと良いでしょう。

その上で、インターンシップにおいて自分が発揮できなかったところを見極め、改善するよう心がけることが大切です。

3:反省点を今後のスキルアップに活かす

インターンシップで学んだことを振り返ったら、反省点を今後のスキルアップに活かしましょう。

もしインターンシップで課題発見力を発揮できなかった場合、学校の授業やバイト先など、自分の学生生活で発揮できる場を探し、どのようにすれば課題発見力を発揮できたのかを考えましょう。

具体的にどのようにすれば良いのか改善点が分かれば、実行に移し、イメージ通りできたかどうかを振り返りましょう。改善できる点があれば、もう一度同じように挑戦します。

このようにして、インターンシップで学んだことを今後のスキルアップの指針にすることが大切です。

4:振り返りをアウトプットして自己PRに活かす

インターンシップで学んだことを振り返り、分かったことは家族や友人などに積極的に話しましょう。振り返りをアウトプットすることで情報が整理され、上手く説明できるようになります。

反省点を活かして自己成長するためにどのように努力したのか、インターンシップを通じての成長体験を自己PRに活かすことができれば、就職活動においてPR力のある話題となり、役立つでしょう。

大学在学中にインターンシップを利用して就活を有利に進めよう

大学生がインターンシップに臨むメリットなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。インターンシップに手当たり次第に参加するのではなく、なぜそのインターンシップに参加したいのか、目的を明らかにすることが大切です。

インターンシップは長期のものであれば大学1年生からでも参加できる場合があります。インターンシップに参加することで、その企業や業種について深く知ることができるだけでなく、就職活動に有利になる場合もあるでしょう。

大学在学中にインターンシップを利用して就職活動を有利に進めましょう。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント
就活準備
2021年09月24日

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介
就活準備
2021年09月24日

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット
就活準備
2021年09月24日

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット