社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

初回公開日:2021年09月24日

更新日:2021年09月24日

記載されている内容は2021年09月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人になって2年目で転職する人は、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。ここでは、転職を決めるポイントや、多くの人が転職を考えるきっかけ、またおすすめの転職エージェントを知ることから、転職を成功に導く方法を紹介します。

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

社会人になって2年目で転職する場合

社会人2年目になって、思っていたのと違ったり、このまま仕事を続けていっても良いんだろうかと会社とのミスマッチを感じたりする人も少なくありません。

目まぐるしく進化する時代の中で、以前のような終身雇用という考え方も崩壊しつつあり、転職することに対してポジティブな印象を感じる人も多いです。

社会人2年目だから新しい職種へチャレンジしやすかったり、企業側にやる気を買ってもらいやすいこともあるので、転職することのメリットとデメリットを踏まえて転職を考えましょう。

社会人になって2年目で転職するときにチェック項目3つ

社会人になって2年目で転職する際に確認しておく項目がいくつかあります。注意点をしっかり理解しておくことが、転職の成功大きく影響します。

ここでは、社会人2年目で転職する際のチェック項目3つを紹介します。転職に失敗しないように、しっかり確認しましょう。

1:転職が正解とは限らないケースについて

人によって様々な仕事の悩みがあり、その解決策として転職が挙げられますが、転職をすれば正解とは限りません。

まずは自分の悩みを理解しましょう。自己分析をして、モチベーションを感じることは何か、どのようなことにストレスを感じて耐えられないのかなど、仕事内容以外にも自分の特性を知ることも大切です。

そこを明確にしないまま転職しても、転職先で同じ悩みが生じます。今の悩みは転職が解決してくれるものなのかを見極め、転職活動を始める前にしっかり考えましょう。

2:社会人になって2年目の採用状況について

目まぐるしい世界の進歩により、企業の採用状況も変わってきています。以前は新卒メインで採用されていましたが、昨今は第二新卒に力を入れている企業が多い状況です。

特に、社会人2年目は若くてモチベーションがあるという印象を与えるため採用に有利だと言えます。また、企業は今後の伸びしろを見込みポテンシャル採用する場合もあります。

遅くでの転職になると即戦力やスキルの有無が採用のポイントになるため、別の業種を考えている人にとっても今がチャンスとも言えます。

3:3年は我慢と言われてきたことについて

いままで3年は我慢と言われてきましたが、今は働き方が多様化してきたことにより、自ら転職をする人も増えてきています。雇用体系も以前のように終身雇用だけが全てではなく、パラレルワーカーなど自分に合った働き方をしている人も増えてきました。

社会人2年目で転職することが自分のためになるなら、ぜひ前向きに考えていきましょう。

社会人になって2年目で転職を考える理由と伝え方9つ

社会人になって2年目で転職を考える理由は人によって様々です。その中でも、よくあるケースを知ることで、自分にも起こりうることを事前に把握して将来に備えましょう。

ここでは、転職を考える理由と伝え方について紹介します。転職理由として相応しく、会社への印象もよくなる方法を知ることによって、転職を成功させましょう。

1:会社がブラック企業だった

社会人2年目で転職を考える理由として多いのが、入社した企業がブラック企業だったことです。新卒で入るときは経験もなく、実際に働くことを想像できないため、企業の良し悪しを見極められないことも多いです。

初めは会社のために残業して、身を粉にして働くのは当たり前と勢いで毎日を過ごしても、だんだん体も持たず、このまま働いていていいのかと疑問が湧いてくることがあります。

面接では転職理由に、ブラック企業であったことをそのまま伝えないようにしましょう。今までの経験を踏まえて、自分が何を次の会社に貢献できるかをポイントにして、アピールすることが大切です。

2:今の労働環境に不満がある

今の労働環境に不満がある場合、転職を早い段階で考える人は少なくありません。働くことは一日の中でも大きな時間を占めているため、労働環境が満足いくものでなければ続けていくことを悩んでしまう人もいるでしょう。

企業に伝える際には、受け身ではなく自分で働く環境を工夫する意欲があることをしっかり伝えましょう。

3:職場の人とうまくやれない

職場の人とうまくやれず人間関係に悩むことが、転職を考えるきっかけになる人は多いでしょう。

人間関係は人生においても大きな悩みの一つと考えられていますが、職場でうまくいかないと、仕事へのやる気もなくなり、会社に行くことさえ億劫になってしまいます。

企業に伝える際には、職場の人とうまくやれなかったということをポイントに話さず、どのように人とコミュニケーションを取るように心がけているかなど、自分が努力しているポイントをメインに話しましょう。

4:会社の方針が合わなかった

会社で働く中で、会社の方針が合うか合わないかは重要です。働く環境が良くても、会社の目指す方向や考えが自分との目指すものと違うと、仕事を続けていく中で大きなストレスになってしまいます。

モチベーションも高く、自分のやりたいことが明確であれば早めの転職がおすすめです。企業に伝えるときには、転職先の企業がいかに自分の考えとあった方針であるかという内容を、言語化できるようにしておくことが大切です。

5:自分に合う仕事にチャレンジしたくなった

新卒で入社した際は、自分がしたいことが具体的にわからないことも多いです。入社して仕事を経験していく中で、2年目あたりで自分に合う仕事が明確になり、転職することで自分に合う仕事にチャレンジしたくなったという方も少なくありません。

企業にとって好印象を与える理由であるため、チャレンジしたいことや、なぜその企業を選んだのかをしっかり伝えましょう。

6:自分が考えていた仕事と違った

自分がやりたい仕事だったはずなのに、実際働いてみると思っていたイメージと違うように感じる人も多いです。人によっては、いつかは自分がしたい仕事ができる日が来ることを期待して同じ会社で働き続けることを選びますが、一方で転職することを考える人もいます。

企業に伝える際には、しっかり企業研究をして自分に合った仕事だと感じたこと、前職での経験からより深く自己分析をした結果その企業を選んだことを中心に話しましょう。

7:結婚や出産を考えている

結婚や出産を考えている人は、社会人2年目で自分のライフプランにあった会社に転職することを考え始めます。

新卒で入った会社で働き続けると、任される仕事が増えることで、周りの目を気にして産休を取りにくくなると悩んでいる人も少なくありません。このように、仕事とプライベートのバランスを考えて、自分のライフプランにあった仕事に転職する人も多いです。

企業には、わざわざ結婚や出産について話す必要はありません。隠しているのではなく、実際いつそうなるか本人にもわかりませんし、企業としても言わなくてもその可能性があることはわかっています。

8:会社の経営状況がよくない

転職を考えざるを得ない理由として、会社の経営状況が良くないということが挙げられます。業績が赤字続きであったり、職場に活気がなかったり、職員が次々に辞めていくような環境であると不安に感じてしまう人も少なくありません。

企業には、前職の状況を伝えることはタブーです。すぐに情報を漏らす秘密を守れない人だと思われるため、転職先の企業に入りたい理由を主に話すようにしましょう。

9:給料に不満がある

たとえ仕事内容に満足していても、給料が満足いかないと転職を考え始める人も多いです。その動機として、自分のしている仕事や持っているスキルには、現在の給料よりも価値があると自分で判断しているとも言えます。

面接で給料を退職理由として話すことは問題ありませんが、給与だけに固執していると判断されないように注意して説明することが必要になります。

具体的な事例を挙げながら、「業務で成し遂げた実績に給与が見合わなかったので」のような表現を使って伝えると、自己アピールにもなり、悪い印象を相手に与えません。

社会人になって2年目での転職を考え直した方がいい場合とは?

仕事を変えたいと思ってはいても、本当に今の会社を辞めてしまってもいいのかと不安になる人も多いです。まずは転職だけが悩みを解決する手段なのかを、しっかり考えてから行動する必要があります。

ここでは、具体的に社会人2年目での転職を考え直した方がいい場合を紹介していきます。自分は当てはまるかどうか、ぜひ確認してみてください。

辞めたい理由がはっきりしていない

なんとなく仕事が嫌で、決まった理由はないけれど転職したいと考えている人も多いです。転職すれば何もかもが解決する気がしますが、実はそうではありません。

辞めたい理由がはっきりしていなければ、たとえ優良企業に転職できても同じ悩みが生まれる可能性もあります。自分の辞めたい理由を洗い出してから転職をするようにしましょう。

そのためには自己分析をして、自分はどんなところにやりがいを感じるか、何にストレスを感じるかなど細かくみていく必要があります。

同じ事ばかり続ける仕事に飽きている

社会人2年目で転職したい理由が、同じことばかり続けるマンネリ化した仕事に飽きているという場合は、転職することを考え直した方がいいでしょう。

どこの会社で働いても、初めの1~2年は同じ作業の繰り返しであることが多いです。あと少し続けることで、立場も変わり、仕事内容も変わっていくこともあります。それに加え、転職先でも2年ほどは同じ仕事することになるため、転職を考え直すことがおすすめです。

2年目でも転職して大丈夫な人とダメな人の違いは?

2年目で転職して大丈夫な人と、ダメな人には様々な違いが見受けられます。

ここでは、両者の違いを特徴を踏まえながら説明します。転職をするかどうか迷っている人は、自分がどちらの傾向があるかしっかり確認してみましょう。

転職しても大丈夫な人の特徴

転職しても大丈夫な人の特徴は、自己分析がしっかりできていて、目標ややりたいことが明確であることです。

転職では、面接で個人の意思をしっかりみられます。また自分自身においても、しっかりした目標がなければ、転職することでより一層悩みが増えることもないとは言い切れません。

仕事に対するモチベーションが高く、やりたい仕事に向かって頑張っていきたい意思が強い人は転職をしても大丈夫だと言えるでしょう。

転職してはダメな人の特徴

転職してはダメな人は、やりたいことが定まっておらず、仕事に対してこだわりがない傾向にあります。

人によって働くことへの考え方は違いますが、目標を持たずに転職をすると失敗する可能性があります。どの企業に行っても、明確な目標がなければ今抱えている悩みはあまり変わらないことが多いでしょう。

まずは現在の職場で自分で心地よく働ける工夫をすることから始めましょう。

社会人になって2年目で転職することのメリット3つ

社会人になって2年目で転職することのメリットを3つ紹介します。今まで長く働くことが評価されていたこともあり、社会人2年目で転職することに不安を抱いている人も多いかもしれません。しかし、この層の人材は転職市場でも価値が高くメリットもたくさんあります。

昨今では、多くの企業が第二新卒の採用に力を入れています。今後転職を考えている人は、しっかり確認しておきましょう。

1:新しい職種へチャレンジしやすい

入社3年目までは、未経験であっても新しい職種で採用される確率は高いでしょう。それより遅い社会人4年目からの転職では、経験者が優遇される傾向にあります。

社会人2年目は、新しい職種への転職をしたいと考えている人には絶好の時期だと言えます。今後のキャリアプランを形成するために大切な期間になるので、無駄にしないようにしっかり自分と向き合って考えるようにしましょう。

2:やる気を買ってもらいやすい

社会人2年目は、若いことからやる気を買ってもらいやすいでしょう。働き始めたばかりで転職してもっと自分に合った仕事を探しているということは、企業からするとモチベーションが高いと感じてもらえます。

だからこそ、早くに転職活動をすることは好印象を持たれることも多いです。

3:やり直すことができる

働き始めてあまり時間が経っていないことで、自分の仕事をもう一度やり直すことができるというメリットがあります。

長く働いてから転職を考えても、「もうここまでやってきたし今更転職できない」、「今から転職しても将来いいポジションにつけない」などと、もう一度やり直すことができないことが多いです。

社会人2年目での転職は、新たに仕事をやり直すチャンスだと言えます。

社会人になって2年目で転職することのデメリット5つ

社会人2年目で転職することにはメリットがあることを紹介してきましたが、別の方向から見るとデメリットだと言える点もあります。

転職は今抱いている仕事の悩みを全て解決してくれる手段ではなく、気をつけないとマイナスになってしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは悪い印象を与えてしまうことや、自分で改善できることも併せて解説していきます。

1:やり直し期間が忙しくなる

転職すると、これまでの社風・人間関係・ルールなどが全て変わり、一から覚え直し、慣れなければなりません。

前職での習慣があるため、新しいことに慣れるまで時間がかかる中、新しい仕事にも取り掛からなくてはならず、やり直し期間が忙しくなります。転職してから慌てないように、心に留めておきましょう。

2:仕事が長続きしない人だと思われる

早い時期に転職することは、企業に仕事が長続きしない人だと思われることもあります。自分の意思をしっかり伝えなければ、ただの仕事を続けられない怠惰な人なんじゃないかと思われてしまうため、転職の理由をしっかり明確にしておきましょう。

社会人2年目の転職は、意思の伝え方によってメリットにもデメリットにもなるため注意しましょう。

3:キャリアを積むことができない

社会人2年目で転職すると、前職でキャリアを積めないまま、次の会社で一から仕事をやり直さなければならないため、なかなかキャリアを積むことができないというデメリットがあります。

今の仕事を続けてキャリアを積むべきか、しっかり判断してから転職を決めましょう。

4:年収が下がる場合もある

転職により環境を変えることはできますが、年収が下がってしまう可能性もあります。日本の企業の場合、年数を重ねることで年収が上がることが多いため、転職をすると一からのスタートになり年収が下がる場合もあるでしょう。

また、新卒と第二新卒では、年収に違いが可能性もあります。しっかり確認してから転職に臨みましょう。

5:短期間での転職はマイナスイメージになる

しっかりした目標を持ち、やる気を見せなければ、短期間での転職はマイナスイメージになることもあります。

企業側からすると、長期で活躍してくれる人を採用したいと思っており、またすぐ辞めてしまう可能性のある人は避けたいでしょう。

また、短期間での転職は、その人が経験した仕事の期間が短いということです。ですから、会社には経験が少なく、業務への習熟が足りないと思われてしまうことも多いです。

しっかり自分の意思を伝えられるように、自己分析や企業研究は怠らず準備しましょう。

社会人になって2年目で転職して成功した例

実際社会人2年目で転職に成功した人の一例を紹介します。

ある女性は、マーケティングからIT業界に転職しましたが、前職の経験から自分が本当にしたい仕事がわかった経緯をしっかり企業に伝えられたことが転職の成功した大きな理由になりました。

社会人2年目で転職に成功した人の特徴は、自己分析がしっかりでき、やりたい仕事を明確にし、目標を持っているという点です。これができていない人は失敗する可能性が高いでしょう。

社会人になって2年目で転職して失敗した例

ここでは、社会人2年で転職に失敗した例を見ていきましょう。転職をする中で、どのような失敗が考えられるのかを、始める前に知っておくことが大切です。気をつけるだけで回避できるため、準備期間はしっかり設けて転職を成功させましょう。

仕事が見つからずニートになった

転職は100パーセントうまくいく保証はありません。やりたいことを明確にできず、しっかりとしたキャリアプランがなければ、失敗する可能性が高いと言えます。

前職を辞めてから転職した場合は、仕事が見つからずニートになってしまうこともあります。しっかり計画を立てて転職活動をしましょう。

転職先のレベルが高かった

転職はできたものの、自分のレベルよりも高い仕事を求められ、転職後、前職以上にストレスを抱えことになる場合もあります。転職をすることだけに意識が向いて、採用されることがゴールになってしまっています。

実際に入社してからのイメージができなければ、仕事を続けられないということにもなりかねません。転職する理由を常に思い返し転職活動を進めることを心がけましょう。

社会人になって2年目での転職を成功させるポイント7つ

ここまで転職を様々な視点から分析してきましたが、具体的に社会人2年目での転職を成功させるには気をつけるべきポイントがいくつかあります。転職においては、新卒とはまた違ったアプローチが必要になるので、知っていることは大きなアドバンテージになります。

ここでは転職を成功させる7つのポイントについて紹介していきます。

1:自己分析はしっかりとやる

自己分析をし、自分の強みや弱みを把握することが大切です。社会人2年目の転職では、スキルよりも意欲やモチベーションなどを重点的に見られるので、自己分析をして自分の強みを企業にアピールしましょう。

転職の際に自己分析がしっかりできていないと、企業とのミスマッチングが起きてしまい、また転職をすることになってしまいかねません。慎重に時間をかけることが大切です。

2:転職するときはコネや運も大事

転職するときには、コネや運も大事です。現在働いている会社で、取引先など関わりがあった企業に転職したというケースも多いようです。自分の周りにいる人があなたの転職を前に進めてくれるかもしれません。

普段から、関わる人はいつかまた一緒に仕事をすることになるかもしれないと丁寧な人間関係を育むように心がけることも大切です。

3:転職理由は前向きなものにする

転職する際は、今の仕事の環境に満足がいかないからということも多いですが、常に前向きな気持ちで臨むようにしましょう。どんな理由であれ、転職をするということはより良い未来のための行動です。

転職理由をはっきりさせてネガティブな内容にならないよう、前向きな姿勢を企業にアピールしましょう。

4:これまでとは違う職種も検討する

社会人2年目では違う職種への転職もチャレンジもしやすいです。今の職種だけに拘らず、自分のワークプランに沿った職種であれば、検討する価値も大きくあります。

自分では気づいていなかっただけで、今までとは違う職種の方が合っているということもあります。自分のしたいことは、その業種でしかできないのかどうかも考えてみることも大切です。

前職で仕事自体がつらいと感じていた人は、もう一度自己分析をして、自分に合った職種を選び直してみることがおすすめです。

5:仕事を辞める前に転職先を決める

仕事を辞める前に転職先を決めましょう。転職すれば今よりいい条件のところで働けるという保証はありません。また、転職活動中に様々な企業を見るにあたって、今の仕事のいいところが見つかり改善策がわかる可能性もあります。

仕事を辞めずに転職活動をすることがおすすめです。

6:転職エージェントなどを利用する

転職を手助けしてくれる転職エージェントはたくさんあります。初めての転職で右も左もわからない人は、ぜひ転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、気になる企業を効率よく探せたり、多くの情報を知れたり、メリットはたくさんあります。ぜひ活用してみましょう。

7:転職先の職場についてきちんと調べる

転職を成功させるためには、転職先の職場についてきちんと調べるようにしましょう。

採用をされることが転職の成功ではありません。再び転職することにならないように、入社前にしっかり確認することが大切です。通勤距離や、体力的な問題も疎かにできないポイントです。

2年目の人が円満に退職するにはどうしたらいい?

社会人2年目の人が円満に退職するためには、お世話になった人に感謝の気持ちを伝え、そこで仕事をしたことで視野が広がりやりたいことが明確になったという前向きな考えを伝えることが大切です。

色々な理由はありますが、前向きな考えをしっかり理解してもらえるようにまとめておきましょう。職場の人も、どんな未来が待っているのか、一緒になってワクワクしてくれるでしょう。

社会人になって2年目の転職におすすめの職業4つ

社会人2年目の転職でおすすめの職業は以下の4つです。

・販売業
・プログラマーやエンジニア
・物流関係
・倉庫業

ここではその理由と、おすすめのポイントを詳しく説明します。転職したいけどどんな業種にするか迷っている、入りやすい業種を知って安心して転職活動をしたいという方もぜひ目を通してみてください。

1:販売業について

販売業はスキルや実績よりも、その人の特性や性格など人物重視で採用されることが多く、転職に対するデメリットがあまりないため、社会人2年目におすすめの転職です。

自分のやりたい仕事であり、働きたい理由がしっかりしていれば、採用の可能性は高いため、ぜひチャレンジしてみましょう。

2:プログラマーやエンジニアについて

急激なインターネット産業の発達により、プログラマーやエンジニアの需要が供給に追いついていないのが現状です。

そのため、採用枠も広く、スキルがまだない未経験でも入社してから学べる環境が整っていることも多いです。興味があるものの経験やスキルがないからと躊躇している人は、ぜひ進んで応募してみましょう。

3:物流関係の仕事について

昨今ではネット通販の販売規模が拡大し、より安く販売できるため拠点を増やしている企業が多いです。それに伴い、多くの人材を必要としているのが現状です。

共同作業に向いていないと感じた人は、物流関係の仕事は個人で行う作業が多いという点でお勧めです。

4:倉庫業について

物流産業の拡大に伴い、倉庫業もますます発展しています。倉庫業ではより多くの人数を必要とし、転職の際に特殊なスキルを求められないため、社会人2年目の転職にはおすすめの業種です。

細かい作業が得意な人や、一人で黙々と働くことが好きな人はおすすめの業種です。

社会人になって2年目の人におすすめの転職エージェント10個

社会人2年目の転職は、メリットもデメリットも両方含んでいると言えます。経験豊富な転職エージェンの手助けを得て転職活動を進めることで、成功への道を辿ることができるでしょう。

個人のポテンシャルを引き出し、自分に合った求人を探す手助けをしてくれる転職エージェントはとても心強いです。ここからは、おすすめの転職エージェントを10個ご紹介します。それぞれに特色があるため、自分に合ったエージェントを見つけてみましょう。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェントはIT業界から官公庁まで、幅広い業種を取り扱っている転職エージェントです。対応地域は全国と海外も含む全ての領域であるため、特定の業種を決めていない人はまずは登録しておくと良いでしょう。

業界にこだわらずに様々な求人に目を通すことで、視野が広がり、転職後の可能性も開けるでしょう。

2:マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20代の転職に特化した転職エージェントです。経験豊富な専任のキャリアアドバイザーが個別にカウンセリングし、書類添削・面接相談・日程調整まで任せて請け負います。

興味のある企業からのスカウトを受けることができ、入社2年目の転職ではおすすめの転職エージェントです。

3:ビズリーチ

ビズリーチは、ヘッドハンティング型のハイクラスに特化した転職サイトです。他の転職エージェントは無料で利用できますが、ビズリーチは一部有料の利用となっています。しかし、それだけの価値があります。

転職によってより高収入や条件の良いハイクラスなポジションに就職したいと考えている人にはお勧めです。質のいいヘッドハンターに仕事を紹介してもらえるため、自分のやりたい仕事や条件がわかっている人には特にお勧めです。

4:doda

dodaは転職活動が初めてで、まだ自分に合う仕事が見つけられていない人におすすめの転職エージェントです。

特徴としては、プロの転職アドバイザーが面談や自己分析から、一人ひとりに合った求人を絞って紹介してくれます。都市部の求人が比較的多いため、都市で働きたい人には特におすすめです。

また、転職に関するあらゆる情報がわかりやすく紹介されています。求人を探すだけでなく、転職をサポートしてくれるコンテンツも豊富にあるため、ぜひ見てみましょう。

5:アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、名前の通りコンサルティング業界に特化した転職エージェントです。他の転職エージェントに比べると求人数は少なく、非公開求人が多いです。

コンサルティング業界に絞っている人におすすめで、併用して別の大手転職エージェントも利用することで視野を広げ転職をよりスムーズにできるでしょう。

6:マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTはサポートに非常に評判のある転職エージェントです。転職活動が初めての人がよくつまずくポイントである転職特有の知識や、面接対策などあらゆる面でアドバイスをくれます。

求人も幅広く豊富に取り揃えられているため、転職に不安を抱いている人は登録しておくと良いでしょう。

7:マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代の転職に特に力を入れている転職エージェントです。IT・金融・医師など業種によってエージェントサービスがしっかり分かれているため、業界の知識も詳しく知ることができます。

また、書類選考の通過率がとても高いことでも有名です。

8:UZUZ

UZUZは2012年に創業されたばかりのベンチャー企業です。在籍するアドバイザーには、実際に転職など短期で仕事を辞めたり、挫折したりした経験がある人が多くいます。これは他の転職エージェントとは違う大きなポイントです。

自分と同じような気持ちで転職のサポートをしてくれるのはとても心強いです。また、IT・web関連の求人が多いのも特徴です。

9:ハタラクティブ

ハタラクティブは、応募者の経歴を問わない未経験求人が豊富な20代の転職に特化した転職エージェントです。

特徴として、取材を実際に行った企業の求人のみを紹介しているため、職場の雰囲気や求人の細かい情報などを詳しく知ることができます。これは大手の転職エージェントにはないポイントです。

10:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Webに特化した転職エージェントです。元々は転職エージェントではなく、システムの受注から始まったという背景があるため、エンジニア出身者が多く在籍し、技術的な知識が他の転職エージェントに比べて豊富です。

また、求人は首都圏・名古屋・関西に絞られているため、都市圏のIT・Web業界への転職を考えている人は登録することをお勧めします。

2年目での転職を成功させるために事前準備はしっかりとやろう

変化が絶えない現代社会において、働き方は十人十色です。転職で人生を豊かにするために、しっかり自己分析をしてやりたい仕事、進みたい方向を理解しておきましょう。

転職はやり方次第で結果が大きく変わるため、しっかり準備をすることが大切です。社会人2年目は今しかないので、遅くなってしまわないよう、日々自分の価値観と向き合うことも大切です。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介
就活準備
2021年09月24日

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説
就活準備
2021年09月24日

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット
就活準備
2021年09月24日

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット