オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

初回公開日:2021年09月24日

更新日:2021年09月24日

記載されている内容は2021年09月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

オンラインインターンシップは企業がWebを活用して開催する就業体験です。現地に赴くタイプのインターンシップとは異なり誰でも参加しやすいのがオンライン形式ですが、オンラインならではの特徴があり事前準備も必要です。参加するにあたっての心構えを確認しましょう。

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

インターンシップとは

インターンシップは学生が在学中に就業体験する制度です。企業で実際の仕事を経験することにより、職業適性を見極めたり職業選択の幅を広げたりするきっかけとなります。

これから社会に出る学生にとっては、社会人としての基礎を学ぶ場ともいえるでしょう。企画の提案や課題解決など、アルバイトとは異なる実務に触れることができるのもインターンシップの特徴です。

就職してすぐに仕事を辞めてしまうケースも多くなっていますが、就職前に会社の現場を知ることは就職後の不安を和らげる役割もあります。インターンシップをうまく活用して就職へ向けたステップアップをしていきましょう。

オンラインインターンシップが導入された背景

2020年の新型コロナウイルス感染拡大を機に、オンラインを利用したインターンシップが増えています。従来通りのインターンシップは企業に学生を集めて現場で行う対面方式のため、人同士の接触は避けられません。

そこでテレワークの普及とともに、オンラインインターンシップを開催する企業の割合が多くなってきました。

オンラインインターンシップは企業が就業体験を学生に提供するという点で、従来のインターンシップと同様です。ただしオンラインのため、現場で実務経験を積む従来の内容とは異なります。

Webで仕事の説明を受けたり、チャットツールなどでコミュニケーションを取ったりといったオンライン特有の活動が中心となるでしょう。オンラインと対面を組み合わせて、事前にオンラインで出された課題を後日対面で話し合うやり方もあるようです。

出典:国内の発生状況など|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html

オンラインインターンシップ参加の5つの利点

企業の職場において仕事を体験するのが主流だったインターンシップを、オンラインで実施することにメリットがあるのでしょうか。ここではオンラインインターンシップに参加する利点を5つご紹介します。

1:企業の理解度を高められる

インターンシップに参加すると、会社の業務を詳しく知ることができるため業界や企業に対する理解が深まります。

オンラインインターンシップでは企業が自社の説明を動画などで配信してくれるため、一般向けのWebサイトで閲覧するだけでは得られないような情報を獲得することができるでしょう。

企業側も学生に自社をアピールすることで優秀な人材を集めたいと考えています。インターンシップを通して実際に働く姿をイメージしてもらい、採用後の離職率を減らしたいという狙いもあります。

2:企業側へのアピール機会になる

インターンシップで自分をアピールすることができれば、企業の担当者に好印象を残せます。オンラインとはいえ一方的に説明を聞くだけではなく、感想を述べたりグループワークで発言したりする機会もありますので、積極的に関わりましょう。

企業を訪問する形式のインターンなら社員に直接話しかけたり質問したりするチャンスがあります。オンラインは対面式と異なりますがWeb上で質問も可能です。企業のことをもっと知りたい姿勢をアピールすると良いでしょう。

グループワークは課題に対する理解力や、解決力を試されます。周りと協力できているか、深い議論ができているかを企業側はチェックしているので、課題解決に向けてどのように取り組むかが評価につながります。

3:学業への影響が少ない

オンラインのインターンシップなら、ネット環境さえあれば自宅で参加できます。対面型のインターンシップは企業に出向く必要があるため、学業への影響がネックでした。遠方で長期間にわたる場合は、インターンに参加するために学業を休むこともあるでしょう。

オンラインはスケジュール管理がしやすいため、授業や部活と両立しながら参加できる可能性もあります。1つの企業だけでなく、複数の企業と同時進行でオンラインインターンシップを利用する学生もいるようです。

4:遠隔地でも参加できる

従来のインターンシップは費用と時間がかかることが学生にとって負担となる場合があります。地方から遠い企業のインターンに参加したいけれど、交通費や宿泊費のことを考えると参加をためらってしまう人もいるでしょう。

オンラインインターンシップは物理的な移動が必要ないため、全国どこからでも参加可能です。極端にいえばインターネット環境さえあれば海外からでもOKとなります。今まで候補に入っていなかった企業のインターンに時間も距離も気にせず参加できるのがメリットといえるでしょう。

5:Web面接の練習になる

企業説明会から面接まで、採用に関わる活動をオンラインで実施する企業が増加しています。オンラインで面接を受けるときにどのような環境を整えれば良いか、気をつけるべき点はあるのか戸惑うことも多いでしょう。

オンラインインターンシップで企業とのコミュニケーションを経験しておくと、Webで面接を受ける場面になったときに慌てず対応できます。

オンラインインターンシップ参加の4つの欠点

参加のハードルが低く手軽にチャレンジしやすいのがオンラインの特徴ですが、リモートならではの弱点もあります。オンラインインターンシップの4つの欠点をご紹介しますので、参加を検討する際はぜひ参考にしてみてください。

1:職場の雰囲気が分かりにくい

対面型のインターンシップと比べると、オンラインはリアルな体験に欠けるため社内の雰囲気が分かりにくいのがデメリットです。企業はオンラインのコンテンツを用意して自社の社風を伝えようと工夫しますが、現場で得られる体験にはかないません。

オンラインでは企業の社員との対話などを通して、会社の雰囲気を少しでもくみ取れると良いでしょう。

2:緊張感が持続できない

オンラインで会社とつながっていますが基本は自宅のパソコンなどの前に座って受けるため、インターンシップ中の緊張感はどうしても途切れやすくなります。内容が動画を見るだけだったり説明を聞くだけだったりすると、飽きてしまう人も出てくるでしょう。

しかしオンラインとはいえグループワークや企業の社員とやりとりする場面も多々あるため、のんびり眺めているわけにもいきません。企業側は学生の取り組み姿勢を見ていますので、気を引き締めて臨みたいものです。

3:コミュニケーションがとりにくい

企業はインターンシップを通じて学生の人柄や能力を知りたいと考えています。従来のインターンであれば、仕事現場でのコミュニケーションを通してその学生がどういう人なのか分かります。

しかしオンラインだと相互コミュニケーションの機会が少ないため、企業の担当者に自分自身の人となりを理解してもらうのは難しいでしょう。分からないことを質問したいのに、どのタイミングで聞けば良いか分からないといった問題も出てくるでしょう。

4:参加ハードルが下がり応募が殺到する

オンラインのインターンシップは距離を気にせず、参加の意思があれば誰でも入りやすいのが利点です。

従来の対面型では参加を諦めていた学生も続々と応募してくるため、定員数によっては競争率が高くなる傾向にあります。オンライン開催にしたら応募者の人数が前年の2倍になった企業もあるようです。

一方でオンラインの方が対面式よりも多くの学生を受け入れられるため、募集人数を増やしている企業も多いでしょう。短期で1dayのインターンシップを複数提供する企業もあり、参加できるチャンスはたくさん揃っています。

オンラインインターンシップ参加の4つの注意点

インターンシップは社会人としての自覚と心構えを身につける場です。オンラインだからといって気を抜かずに、身だしなみやマナーに配慮して参加しましょう。ここではオンラインインターンシップを受けるにあたって気をつけることを4つあげます。

1:大きなリアクションを心がける

オンラインで対話するときは細かいニュアンスが伝わりづらいため、リアクションをいつもより大きくすることを心がけましょう。無表情で聞いていると印象が薄くなります。ちゃんと理解しているのか相手も不安になる可能性があるでしょう。

適度にうなずいたり表情を少しオーバー気味につくったりすると、相手に自分の意思が伝わりやすくコミュニケーションが円滑に進みます。話し始めるときに名前を名乗ったり、挨拶をしたりといった礼儀も忘れないようにしましょう。

2:好印象を感じさせる服装を心がける

企業にインターンシップで訪れるときは基本スーツを着用するケースが多いでしょう。一方で、オンライン形式では私服可なのかどうか迷う人もいるでしょう。

企業から指示があれば、服装や髪型は企業のルールに従います。服装指定なしの場合はスーツを着用すれば問題ないでしょう。オンラインでも清潔感のある身だしなみは大切です。

自宅で参加するからといってルームウェアで画面に登場するのはマナー違反になりかねません。髪色は明るすぎないダークトーンがおすすめです。化粧は控えめの方が好印象ですが、ノーメイクは避けましょう。

3:画像に写る背景を考える

オンラインで会議やワークなどに取り組む場面になると、カメラをONにしてお互いの顔が見える形でコミュニケーションを取る必要があります。そのとき自分の顔だけではなく背景も写りますので、事前に環境をチェックしましょう。

生活感のあるものや趣味丸出しのものが見えると、相手も困惑します。不要なものは撤去するか、バーチャル背景を使って隠すのがおすすめです。

4:不安定なインターネット環境を改善しておく

最後の注意点はインターネット環境の確認です。回線がうまくつながらなかったり通信制限がかかったりすると、Web上でのコミュニケーションに支障が出ます。

大事な話の途中で急に通信がオフラインになると困るので、安定して通信できる回線を用意しておきましょう。

オンラインインターンシップでのグループワークとは

インターンシップでよく実施されるプログラムに、グループワークがあります。学生をグループ分けして、チームで1つのテーマについて話し合い結果を出してもらいます。

オンラインの場合でもグループワークを導入している企業は多いようです。グループワークの取り組み姿勢が企業からの評価につながる可能性もあるため、詳しく説明していきます。

対面グループワークとの違い

オンラインと対面を比較して、グループワークでやることは違うのでしょうか。対面のグループワークでは、数名ずつのグループごとにテーブルが分けられ作業を進めます。紙に書いたり体を動かしたりしながらコミュニケーションが取れるのも対面の特徴でしょう。

オンライン形式のグループワークは、Web会議システムなどを利用すれば複数人が話し合う場をつくれます。システムによっては参加者が多くてもオンライン上でグループ分けする機能があるため、いくつかのグループで同時に作業することが可能です。

オンライングループワークの注意点

直接向き合って対話するグループワークと違って、オンラインでは話し方やタイミングに注意が必要です。インターネットの通信状況によって聞こえてくる音声にタイムラグが生じることがあるため、話し始めるタイミングが重ならないよう配慮しましょう。

話が盛り上がってなかなか入れないときは、手を挙げて発言の意思表示をするのもありです。相手の話をしっかり聞きつつ、積極的に意見を述べていきましょう。

イヤホンやヘッドホンの音声がはっきりせず聞こえない部分があったら、聞き取れなかった旨を相手に伝えても大丈夫です。分かったふりをして話についていけなくなるよりは、正直に申し出て話を戻してもらった方が得策でしょう。

オンラインインターンシップの評価は選考に影響するのか?

インターンシップに参加した方が、その企業の選考に進んだとき有利になるのでしょうか。表向きはインターンシップの経験の有無が選考を左右することはないとされています。

しかし実際の採用傾向を見ると、インターンシップに参加した学生が優先的に選考に進めたり、内定をもらいやすかったりする事例があるようです。

オンラインでは、目的意識もなく参加するだけだと企業担当者の目にとまりません。自分をアピールできるチャンスをつかんで、意義あるインターンシップにしましょう。

オンラインでのインターンシップを上手に活用しよう

実地の就業体験と比べると現場を肌で感じることはできませんが、オンラインのインターンシップでも経験できる内容はたくさん用意されています。主体的に参加する気持ちが大切ですので、しっかり準備してインターンシップに臨みましょう。

Bnr bottom 01 2
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント
就活準備
2021年09月24日

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説
就活準備
2021年09月24日

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット
就活準備
2021年09月24日

インターンシップが採用につながる場合もある?参加する5つのメリット