転職を検討する際に行う自己分析とは?強みを見つける方法や注意点も紹介

初回公開日:2021年08月25日

更新日:2021年08月25日

記載されている内容は2021年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職をすることが珍しくなくなってきたとも言われていますが、実際に転職を考えているという方も多いのではないでしょうか。この記事では転職の際に行う自己分析について紹介します。転職のための自己分析について興味があるという方はぜひ読んでみてください。

転職を検討する際に行う自己分析とは?強みを見つける方法や注意点も紹介

転職の際に自己分析をする目的とは?

転職のために動いている人は、自分の興味のある職種に絞って企業を探している人も多いでしょう。しかし、それが本当に自分に向いている職種なのでしょうか。

転職をする際には、自己分析をしっかり行うことをお勧めします。自分のやりたいことと自分の向いていることには、ずれがあるかもしれません。しっかりと自己分析を行うことが大切になってきます。

自分を見つめ直すため

転職をする際の自己分析というと、履歴書などの応募書類を書くためだけに必要と思われがちですが、それだけではありません。しっかりと自己分析をしておくと、自分自身がどのような職業を希望しているのかや、希望する職場の雰囲気や労働条件が整理できます。

自分自身がなぜ転職したいのか、どのような転職先を希望するのか、など、自己分析によって転職希望する自分自身の考えをしっかりと見つめ直すことができるのです。

やりたいことの有無が分かる

自己分析をするということは、自分がやりたいこととそれをやりたい理由をしっかりと把握して、自分の言葉にするということです。

漠然とこれをやってみるのもいいなと思っていることが、本当にやりたいこととは限りません。その漠然としたところが、自己分析していくと、やりたいことかどうかはっきりと分かってくるのです。

やりたいことの有無をしっかり理解した上で転職活動を行いましょう。

転職を検討する際に自己分析を行うメリット8つ

転職に向けて、自己分析を行うということは、前職でどんな工夫をして働いていたか、前の職場でどのような成果を上げていたかを挙げていくことになります。これらを知ったうえで、転職活動をすると優位に活動を進められるといっていいでしょう。

そのように、優位に転職活動を進められる自己分析について、行うメリットをしっかりと把握しておきましょう。

1:本当にやりたいことを明確にできる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット1つ目は、本当にやりたいことを明確にできることです。

自己分析は、やりたいこと探しといわれることがあります。漠然と転職がしたいとだけ考えていても、本当にやりたい仕事を探すことは難しいことが多いです。

そのような状況の中で、しっかりと自己分析を進めていくと、好きなものや熱中できること、満足度が高かった経験、などを把握でき、本当にやりたいことを明確にしていくことができます。

2:転職したい理由を明確にできる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット2つ目は、転職したい理由を明確にできることです。

転職することは、人生の中でも1つの大きな決断と言えます。転職することで、生活環境も変わり、もちろん仕事上の人間関係も変わってきます。

そんな状況になる転職を本当にしたいのかどうか、ちゃんと見極めることが大切です。

考えている転職が本当に必要なのか、そして、転職したい理由は何なのか、自己分析をすることではっきりさせることができます。

転職の目的は何なのか、転職をする目的と思っていることは自分自身が本当に望んでいることなのか、などをはっきりさせていくことで、転職したい理由を明確にすることができるのです。

3:自分に合った転職先が明確になる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット3つ目は、自分に合った転職先が明確になることです。

転職を考える時、かっこよさや、周りの人からの勧め、給料がよさそうといった理由で、転職先を決めていないでしょうか。そういう理由での転職を全て否定はしませんが、それで選んだ転職先が自分に合っていなかったという状況がよく見られるのも事実です。

自己分析によって、自分が持っている強みやスキルをしっかり把握しましょう。そうして、自分の持っている強みやスキルが発揮できる職場かどうかを考えていけば、自分に合った転職先がはっきりとしてきます。

4:転職に対する考えに一貫性を持たせることができる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット4つ目は、転職に対する考えに一貫性を持たせることができることです。

転職するためには、履歴書作成やエントリーシート作成、面接などをクリアしなければいけません。自分の転職に対する考えを文章にしたり、言葉にする機会が何度もあります。

そんな時に、転職に対する考えにぶれが見られたらどうでしょう。転職の希望先としては、採用したい人物にはならないでしょう。

自己分析をしておくと、転職に対する考えがぶれなくて済みます。どこで書いても、どこで聞かれても、転職に対する考えに一貫性を持たせることができます。

5:転職に対する考えを言語化できる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット5つ目は、転職に対する考えを言語化できることです。

転職を考える時には、大抵何か考えがあって転職を考えます。その考えが頭の中でぼんやりしている時に、自己分析をすることで、しっかりとした言語化ができます。

自己分析で、今までの経験を分析してみると、今まで自分が働く上で大切にしてきたこと、身に着いた能力・スキルなどはっきりしてきます。自分自身の仕事に対する価値観が見えてくるでしょう。それらを言語化できるのが、自己分析を行った人の強みです。

6:現状の把握ができる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット6つ目は、現状の把握ができることです。

自己分析をすることで、これまでの仕事に対する姿勢や考え方について振り返ることができます。

そうした中で、自分の今がはっきりしてきます。自分のモチベーションや苦手意識のあるもの、協調性があるかどうか、周囲の人から頼られているかどうか、など、現状をはっきりさせておくことも転職を考える際には大切なことです。

7:アピールできる強みを見つけることができる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット7つ目は、アピールできる強みを見つけることができることです。

自己分析をしていく中で書き出したことを、裏付けるための具体的なエピソードまで書き出してみましょう。そうやっていくうちに自分のできることがどんどんと見えてきます。そのできることが、自分自身の強みです。

8:転職後のマッチングミスを防ぐことができる

転職を検討する際に自己分析を行うメリット8つ目は、転職後のマッチングミスを防ぐことができることです。

自己分析では、自分がこれまでやってきた仕事を詳しく振り返ります。その中で職歴や、仕事で身に着けたスキル、仕事で経験したことなどが見えてきます。

これらをしっかりと把握して転職先を選べば、転職したことで以前より環境が悪くなったり、全然自分の力が発揮できないなどの、マッチングミスを防ぐことができるのです。

転職を検討する際に行う自己分析の方法8つ

それでは、自己分析はどのような方法でやっていけばよいのでしょうか。

ここからは、具体的な自己分析の進め方を紹介します。より効果的に進めるためのポイントについても説明していきます。

自己分析を行う時の参考にしてください。

1:マインドマップを作成する自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法1つ目は、マインドマップを作成する自己分析です。

マインドマップとは、主題となるキーワードを中央に配置して、そこから放射状に関連するキーワードをつなげてゆく図を作成する手法です。

これを使うことで、自分の性格や志向などを、より具体的に視覚化することができ、ぼんやりとしか認識していなかったことがはっきりと認識できるようにます。転職の際に欠かせない、自分がどのような人間なのかを簡潔に認識でき、伝えられるメリットがあります。

エントリーシートや面接で、必ず必要になる自己PRが苦手な人には特におすすめの方法です。

2:強みと弱みを書き出す自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法2つ目は、強みと弱みを書き出す自己分析です。

強みと弱みを書き出す自己分析は、弱みと強みの項目に関する質問内容があり、周りから評価されたことや仕事中に苦手意識を感じたことなど質問形式で書き出します。

質問に答えたら、さらにそう答えた理由も考え、書き出していきます。強みと同時に弱みも分析していくことで、自分の全体像が見えてきます。

3:転職後や将来をイメージする自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法3つ目は、転職後や将来をイメージする自己分析です。

今の自分を客観的に見ることが大切ですが、それだけでなく、転職後やその先の将来について分析していくことも自己分析の方法の1つです。

転職後に自分はどうなっていたいか、将来的にどのようなスキルを身につけていきたいかなど、これからのことを書いていくのです。

4:過去の判断に対する自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法4つ目は、過去の判断に対する自己分析です。

過去において、自分の意志で決定してきた時の、判断基準や判断内容を分析しておきます。自分の意志で決定してきたのは、どのような基準だったのか、また、どのような内容だったのかを把握することは、過去を知りこれからにつなげることにおいて大切なことです。

5:性格についての自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法5つ目は、性格についての自己分析です。

多くの職種の面接で、性格について聞かれます。それには、転職希望者の人間性を知るためや、その人が客観的に自分のことを見られているかを把握するため、そして社風と合うかを確認するためなどの理由があります。

その時に生きてくるのが、性格についての自己分析です。自分がどのような性格か、しっかり自己分析をしておけば、面接で困ることはないでしょう。

6:キャリアやスキルの棚卸しによる自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法6つ目は、キャリアやスキルの棚卸しによる自己分析です。キャリアやスキルの棚卸しは、自己分析では土台となる重要なプロセスと言っていいでしょう。

棚卸しとは、自分が行ってきた仕事や経験してきたことを、職種・職務・実績・自己評価・満足度・理由・変動可能性などに分けて、それぞれを言語化していく作業のことを指しています。

キャリアやスキルを棚卸しすることで、自分のキャリアやスキルをしっかり分析することができます。

7:直接仕事とは関係のないスキルについての自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法7つ目は、直接仕事とは関係のないスキルについての自己分析です。

一見仕事とは関係がないことを自己分析するのは、無駄なように思いますが、プライベートなことなど、仕事とは関係のないことについて振り返ることも大事になります。

特に、今まで就いていた業界・職種とは異なる業界・職種を目指す人には、この直接仕事とは関係のないスキルについての自己分析はおすすめです。これまで発揮できていなかったスキルを発揮できる機会が出てくるかもしれません。

8:第三者の意見を取り入れた自己分析

転職を検討する際に行う自己分析の方法8つ目は、第三者の意見を取り入れた自己分析です。

自己分析は自分の力で、自分のことを掘り下げていくものです。自己分析をすることで、自分のことをかなり把握することができますが、自分で行うため、自分の気づいていることしか分析できないというデメリットもあります。

そのデメリットをクリアするために、第三者からの意見を聞いて、自分の姿を判断しましょう。自分で行った自己分析の回答と比較してみると、客観的に自分を見ることができます。

第三者の意見を取り入れる場合は、できるだけ年齢や関係性もばらばらな人達に聞いてみましょう。より客観的に自分を見ることができます。

転職時に自己分析を行う際のポイント6つ

就職する時と転職する時とは、同じ自己分析でも行う時のポイントは違ってきます。

転職のために自己分析を行う時に、気をつけておきたいポイントを挙げておきます。せっかく行う自己分析です。より有効に利用できるように行いましょう。

1:ネガティブな部分ばかりに注目しない

転職時に自己分析を行う際のポイント1つ目は、ネガティブな部分ばかりに注目しないことです。

転職は、給与や待遇、人間関係などネガティブなことがきっかけになることが多々あります。自己分析を行う時には、きちんと分析することは必要ですが、そういったネガティブな部分ばかりに注目することは避けたいものです。

転職をもっと前向きなものとしてとらえましょう。

2:短所は長所に置き換えてみる

転職時に自己分析を行う際のポイント2つ目は、短所は長所に置き換えてみることです。

自己分析をしっかりやっていくと、当然自分の短所も見えてきます。しかし、短所は見方を変えれば長所になることを知っておきましょう。

例えば、あまり積極的に発言できないことが短所であると考えた場合も、置き換えてみると、じっくりと人の発言を聞くことができるといえるでしょう。

短所に目が行っても、それを長所に置き換えられれば、自分の可能性を広げられるでしょう。

3:客観的に分析する

転職時に自己分析を行う際のポイント3つ目は、客観的に分析することです。

自己分析とはその名前の通り、自分自身が行うものです。主観的な考えのオンパレードになってしまう可能性もあります。ですから、あえて、客観的に自分を見つめて分析を進めましょう。

周りの人からどう思われているか、職場ではどのようなコミュニケーションを図っていたか、など、第三者の立場から見たような分析が大切です。

4:失敗経験についても分析してみる

転職時に自己分析を行う際のポイント4つ目は、失敗経験についても分析してみることです。

転職を考えている人は、携わった仕事の中で、成功経験はもちろん失敗経験もしていることでしょう。そうなるとどうしても、自己分析は成功体験が中心になりがちですが、忘れずに失敗経験も分析しておきましょう。

客観的に失敗経験を分析しておくと、自己理解が深くなります。

5:複数回分析を行う

転職時に自己分析を行う際のポイント5つ目は、複数回分析を行うことです。

自己分析を行った時に大事なことは一度で終わらせてしまわないことです。繰り返し結果を読み返して、複数回分析を行いましょう。複数回行うことで、より客観的な分析になり、内容を深めることができます。

6:具体的に言語化する

転職時に自己分析を行う際のポイント6つ目は、具体的に言語化することです。

自己分析は書いて行うものです。書いてまとめ上げたものを必ず自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

その際には、できるだけ、ありふれた誰もが使うような表現ではなく、自分らしい言葉で言えるようにできればさらに良いでしょう。

転職を検討する際に行う自己分析におすすめのツール

自己分析の1番簡単なやり方は、自分が分析したい項目を紙に書き出して、まとめていくことです。

最近は、ネット上やアプリで、便利に使える自己分析におすすめのツールもいろいろあります。

ツールを利用して、より詳しく深く分析してみるのも、転職を検討する際に行う自己分析の方法です。

ネット上の無料診断サイトの活用

転職を考えていて、自己分析をした方がいいと分かっていても、どうやって自己分析をしたらいいのか、迷っている人におすすめなのが、ネット上にアップされている無料診断サイトを活用することです。

ネットのみで完結するツールを選べば、特に難しい作業は必要ありません。

自己分析アプリの活用

転職を考えている時に、転職活動がスマートフォン1つでできれば、こんな便利なことはありません。

転職に向けての自己分析ができるアプリがあるので、それを利用してみるはどうでしょうか。アプリをダウンロードして、スマートフォン1つで手軽に転職に向けての自己分析を始めてみましょう。

転職を検討する際の自己分析について知ろう

転職を考える時には、自己分析が大切なことが分かりました。自己分析についてしっかり知った上で転職活動に臨みましょう。

転職をよりいいものにするには、自己分析は、欠かせないものです。

Bnr bottom 01 2
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント
就活準備
2021年09月24日

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介
就活準備
2021年09月24日

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説
就活準備
2021年09月24日

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類