転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

初回公開日:2021年08月25日

更新日:2021年08月25日

記載されている内容は2021年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

現職にさまざまな不満を抱えて、転職するかどうかを迷っている人に、転職した人がどんなことをきっかけにして転職を決めたのかを紹介しています。また、転職をするか迷った時の対処法も同時に紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

転職を決めかねている時とは

今勤めている会社に不満があり、転職したいと思っていませんか。

そんな時は、他の人がどんなきっかけで転職を決めたのかを参考にしてみましょう。他の人の転職を決めたきっかけを知れば、あなたの転職を後押ししてくれる可能性があります。

この記事では転職経験者がどんなきっかけで転職したのかをご紹介します。

転職を決めたきっかけの例13選

転職を決めるのは、一大決心です。転職しようと思っていても、実行にうつすのはなかなか難しいことです。では、なにがきっかけでそんな一大決心ができたのでしょうか。

ここからは、転職を決めたきっかけの例13選をご紹介します。

1:結婚や出産により生活スタイルが変わった

結婚や出産などの人生の一大イベントは、転職するきっかけにもなります。結婚を機に引っ越すことで会社から遠くなり、通勤が困難になる可能性があります。また、出産・子育てにより長時間の労働が難しくなってしまう可能性もあります。

結婚や出産により、いままでの生活スタイルが保てなくなってしまうのです。また、家族を持つと、単身での生活よりも生活費がかかってしまいます。収入アップを考えての転職も選択肢の1つです。

2:勤務時間に不満がある

長時間の労働時間を強いられることや、休日が少ないことも、転職を考えるきっかけになっています。長時間の勤務は心身ともに疲弊してしまいます。そして、休日の少なさは、疲弊した心身を回復する時間がないということになります。

疲弊しつづけると、体を壊してしまう可能性もありますし、こころの病気になってしまう可能性もあります。そんなことにならないように、適度に休める会社を求めて、転職を決めることもあります。

3:勤務している場所に不満がある

望まない部署や勤務地への配属も、転職を決断するきっかけの1つです。本当は人事部が良かったのに営業部に異動になったり、遠くの勤務地への転勤を命じられて、単身赴任しなければならなくなったりなどの勤務地に対する不満が、転職を考えさせることもあります。

長時間労働を強いられる部署や家族と離れなければいけない勤務地への転勤は、介護や子育てをしている人にとってはそのまま同じ会社で働き続けるのは難しいでしょう。

4:会社の人たちと上手く付き合えない

会社の人間関係が理由で、転職を決断する人も数多くいます。会社勤めをしていれば、会社の人たちとの付き合いは避けられません。ですが、上司や同僚たちとうまく付き合えなければ、会社に行くのが辛いものになってしまいます。

5:ハラスメント被害を受けている

ハラスメントによる精神的苦痛から逃れるために、転職を決意する人もいます。ハラスメントの定義は曖昧なもので、定義するのが難しく、必ずしも会社が守ってくれるとは限りません。

ハラスメントを受けている人が、社内のハラスメントの相談窓口や労働基準監督署などの社外の機関に相談しても解決しない場合に、転職を考えてしまうのは当然のことです。

6:給料や待遇に不満がある

給料や待遇に不満があると、転職を考える動機になります。残業が多いのに残業代が一切出ないことや、月収を時給換算するとアルバイトをしている人の平均的な収入より安いことなどが転職のきっかけになる人も多いです。

きちんと自分の成果を評価してくれる会社を望むことは珍しいことではありません。

7:仕事内容と合わない

仕事内容にやりがいを感じられないことも、転職のきっかけになります。自分が興味のあった業種に就職して、やりがいを感じながら仕事ができれば良いですが、そうではない人も数多くいます。

まったく興味のない業種に就職して、仕事していく中でやりがいを見出せればいいのですが、見つけられないこともあります。

1日のなかで多くの時間を費やす仕事をただ漫然とこなすだけになってしまうと、仕事に嫌気がさしてしまう可能性もあります。そうなるとやりがいを求めて、転職を考えることは珍しいことではないでしょう。

8:社風や経営方針と合わない

社風や経営方針が合わないと大きなストレスを感じ、転職することを考えてしまいます。例えば、体育会系の雰囲気や古い慣習が色濃く残っている社風や経営方針の会社には、どうしても馴染めない人もいます。

上下関係がしっかりとした体育会系の雰囲気は、学生時代にスポーツ系の雰囲気に慣れている人は違和感なくとけこめます。

しかし、慣れていない人にとっては、上司や先輩が「上の者の言うことは絶対」という人によっては少し高圧的に捉えてしまうような態度で接してくるのにストレスを感じてしまいます。

9:会社の状況が変わった

会社の経営状況が悪化すれば人員削減のために、会社はリストラする可能性があります。減給もありえますし、もし経営状況の悪化が継続してしまったら、最悪の場合、会社が倒産するということも起こりえます。

そうなってしまうと収入源を完全に失ってしまう事態になってしまいます。

また、経営陣が一新されれば、いままでの社風とは違ったものとなり、自分とは合わなく思える可能性があります。会社の状況の変化によって、転職を決めるきっかけになる場合もあります。

10:業界自体の将来性が不安

業界の将来性が見えないと不安を感じ、早めの転職を決める人もいます。イギリスのオックスフォード大学によると、現在ある仕事は機械にとって変わられる可能性があると発表していて、AIやテクノロジーの進歩によって、将来衰退していく業界はたくさん出てきます。

自分の業界が数年後には衰退しているかもしれない可能性を感じたら、伸びている業界への転職を考えるきっかけになります。

11:他にやりたい仕事が見つかった

他にやりたい仕事に出会い、転職を決める可能性もあります。さまざまな経験をしていく中で、違う職種に出会い、興味が湧いてしまうこともあり転職を決める人がいます。また、ずっとやりたかった仕事にもう一度挑戦してみたいという思いで、転職を決める人もいます。

12:ヘッドハンティングされた

転職のきっかけとして、ヘッドハンティングされたということもあげられます。ヘッドハンティングとは、「いま会社よりもっと良い条件、待遇で働きませんか。」と別の会社に引き抜かれることです。つまりは、自分の仕事の実績が評価されたということです。

自分の実力を認められるというのは嬉しいことですし、転職を考えるきっかけになります。

13:スキルアップしたい

現職ではもうスキルアップが望めないと思ったとき、転職することを考えます。いまの会社では、誰でもできるような仕事しか回ってこなかったとします。そうすると、自分のスキルは向上できないままになってしまいます。

もし、特にスキルがないまま歳をとって、いまの会社が倒産してしまったら、次の会社に就職するのは難しいかもしれません。終身雇用が約束できない時代では、自分の市場価値を上げる必要があると考える人がいます。

また、自分のスキルをもっと活かせる仕事をしたいと考える人がいます。

そのような人たちがスキルアップを願い、転職しようと考えます。

転職のきっかけができた時の対処法5つ

転職のきっかけができたといって、すぐに転職するのは良くない結果を産むこともあります。転職だけがいままであげてきた問題点・不満点を解決する方法ではありません。一時的な感情に流されずに、本当に転職が最適な対処なのかを冷静に見極めましょう。

ここからは、転職のきっかけができた時の対処法5つを紹介します。

1:異動や業務内容の変更を申し出る

仕事内容や人間関係で悩んでいるなら、部署の移動や業務の変更で改善される可能性があります。同じ会社であっても、部署によって環境や雰囲気が違うことがあります。もちろん関わる人たちも変わってきます。

いまの部署で尊敬できる上司がいなくても、別の部署ならいる可能性があります。

2:社内での味方を見つける

いまの人間関係において、コミュニケーション方法を工夫して、人間関係構築スキルをあげることに役立ててみてはいかがでしょうか。転職しても、人間関係が必ずしもうまくいくとは限りません。

考えが合わない上司や同僚の意見を聞き、自分の意見もはっきり主張してみると、理解し合える可能性があります。

それでもダメなら、他部署の人たちと交流を図ってみるのも良いでしょう。いまの部署で相談できるような上司や先輩がいないという人も、他部署には力になってくれる人がいる可能性があります。

3:自分がどう評価されているのか見つめ直す

「どんなに頑張って成績をあげても、思ったほど評価されない」と思っている人は、もしかして、会社や上司の評価の基準とズレが生じている可能性があります。

会社や上司は、個人の成績よりもチームとしての成績をあげることに重点を置いている可能性があります。また、残業を長時間してたくさんの成果をあげるより、残業しないで、それなりの成果をあげる方が、会社や上司にとっては高評価になる可能性もあります。

一度、上司と「仕事の評価の基準」について話あってみてはいかがでしょうか。もし、「仕事の評価の基準」が曖昧で、ブレがよく生じるようなら、転職を考えても良いでしょう。

4:昇給・改善は気長に待つ

給与は短期的にみるのではなく、中長期的な視点でみましょう。もし業務内容や人間関係には不満がなく、給与面だけに不満があるようでしたら、昇給を上司に交渉してみるのも手です。会社に重要な人材だとアピールして評価されれば、昇給の可能性があります。

しかし、実際に昇給が決まったとしても、早くて半年、長いと数年後ということもあるので、中長期戦になることを覚悟しておかなければいけません。そんなに待てないということであれば、転職を考えましょう。

転職すると、一時的に給与は下がる場合もありますが、数年後には現職よりあがる可能性があります。

5:経営方針が戻る可能性を考慮する

経営方針が変わってしまっても、それは一時的なものの可能性がありますので、少し様子をみてみましょう。経営陣が変わった、会社の業績不振などの理由で、経営方針が変わってしまっても、新しい経営方針が失敗に終わって前の経営方針に戻る可能性があります。

今後の状況をしっかりと見据える必要があります。

様々な転職のきっかけを参考にして自分の気持ちと向き合おう

転職はリスクを伴います。転職したからといって現在の不満が取り除かれる保証がありません。しかし、うまく転職できれば、望んでいるものが手に入ることもあります。

もう1度転職するかしないかを、ご紹介したさまざまな転職のきっかけを参考にじっくりと検討してみてください。

Bnr bottom 01 2
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

中小企業診断士の資格は転職で役立つ?取得のメリットについても紹介

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介
就活準備
2021年09月24日

大企業に転職する方法10選|成功した方の特徴と活動時の注意点も紹介

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!
就活準備
2021年09月24日

製造業は未経験でもいいの?転職する際のコツ5つと利点も紹介!

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント
就活準備
2021年09月24日

社会人になって2年目で転職はできる?成功させるためのポイント

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット
就活準備
2021年09月24日

情報処理安全確保支援士が活かせる転職先4つ|資格のメリット・デメリット

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類
就活準備
2021年09月24日

おすすめの転職アプリ16選|活動をサポートしてくれる選ぶ基準と種類

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット
就活準備
2021年09月24日

ゲーム業界への転職に向いているエージェント|ゲーム業界のメリット

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職先に年金手帳の提出が必要?しなければならない手続きもあわせて紹介

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年09月24日

転職は辞めてからするべきか?活動する際の注意点もあわせて紹介

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介
就活準備
2021年09月24日

転職者用SPI問題集おすすめ22選|選び方や効果的な勉強方法も紹介

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説
就活準備
2021年09月24日

【新卒者】ダイレクトリクルーティング8つのメリット|おすすめサービスを解説

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

転職時の条件面談とはなに?交渉するときの4つのポイントも紹介

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介
就活準備
2021年09月24日

オンラインインターンとは?参加する5つの利点や注意点などを紹介

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説
就活準備
2021年09月24日

有給インターンの6つのメリットとは?気になる給与相場や注意点も解説

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの締め切り日の傾向とは?締切間近の場合のポイントも紹介

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説
就活準備
2021年09月24日

大学生がインターンシップに臨む6つのメリット│応募方法や上手な活用法も解説

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介
就活準備
2021年09月24日

インターンシップの4つの種類とプログラム内容とは?参加メリットについても紹介

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点
就活準備
2021年09月24日

基本的な電話の5つのマナー|インターンシップ先に電話をかける場合の注意点

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類
就活準備
2021年09月24日

社会人のインターンシップの3つのメリット(企業・社会人)|インターンの種類