転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職活動では、面接ではなく面談を受けることがあります。面談と面接の目的は異なるので、その違いを把握した適切な対応が求められます。正しい対応で転職活動を成功させるためにも、面談を行う目的を把握しておきましょう。目的の他に、面談に臨む際の心構えも紹介して行きます。

転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介

面談とは?

転職活動の選考は、主に面接によって進んでいきます。しかし、近年では面接だけでなく、面談も採用活動に取り入れる企業が増えてきています。

面接と面談では実施目的が異なります。

そのため、その目的を理解していないと正しい対応はできません。転職を検討している人は、正しく対応するためにもこれらの違いを把握しておきましょう。

面接との違い

「面接」は選考の一部であり、その面接結果は合否で判断されます。これに対して「面談」は、応募者と企業が互いに条件を確認する話し合いの場となります。

そのため、面談は合否が判断されるものではなく、面接のように企業側が流れの主導権を握るとも限りません。また、応募者側からの発言も自由なことが多く、情報収集の場にもなります。

転職活動における面談の目的4つ

面談は採用活動の1つではありますが、基本的に選考ではありません。しかし、企業が選考でない面談をわざわざ行うことにはいくつかの目的があります。

その目的を把握しておかないと、企業が面談を実施している意図が理解できず、適切な対応ができなくなってしまいます。そのようなことを防ぐためにも、面談の目的を把握しておきましょう。

1:仕事内容の説明

仕事内容は求人情報や企業のホームページなどで確認できます。しかし、職場の雰囲気や具体的な仕事の流れなど、調べるだけでは把握できない情報もあります。

面談では企業の人と直接話せるので、調べるだけでは分からないことも質問することで把握できます。

また、詳しい仕事内容を把握できることで、応募者は自分に適した企業や仕事であるかどうかの判断が可能になります。

2:企業情報や社風の説明

前述の仕事内容の他、企業情報も調べるだけでは把握しきれない部分があります。また、社風も職場の雰囲気や具体的な仕事の流れと同様に、情報を調べるだけでは把握できません。

面談で企業の人から話を聞くことで、これらのことも把握できます。また、その企業が自分に適したものであるか判断できるようにもなります。

3:転職条件などのすり合わせ

募集情報には勤務条件が記載されていますが、その条件について一部交渉をしたいと考える人もいるでしょう。その条件交渉を面接で行ってしまうと、印象を悪くしてしまって合否判断に影響を与えてしまう可能性があります。

しかし、面談は選考の場ではなく、応募者と企業が話し合いをする場なので、条件のすり合わせや質問によって不明点の解消などを行うことが可能です。

また、選考の場ではないので面接では聞きにくいことも質問できます。

4:相互理解・親交を深める

話し合いの場である面談は、互いに「どのような人なのか」「どのような条件を求めているのか」などを確認し合って、相互理解を深める場でもあります。

他にも、選考ではないことから、親交を深めることを重視して、内容が雑談形式となる場合もあり、あまり選考や募集条件などの話をしないケースもあります。

これは、親交を深めておくことで、応募者が企業を信頼できるようになることや、入社や応募に対しての不安が軽減されることが目的です。

転職活動時の面談の種類5つ

採用活動の1つとして、面談を取り入れる企業は増えています。その面談にはいくつか種類があり、その種類によって目的や特徴が異なる場合があります。

その目的を理解していないと、適切な対処ができないので、面談の種類についても把握しておきましょう。

1:情報交換のためのカジュアル面談

面談は、選考が始まる前に行われることがあります。

選考が始まる前に面談することで、事前に互いの情報交換をし、条件をすり合わせておけます。そのため、選考が始まってからや転職をしてからミスマッチに気がつくということを避けられます。

なお、選考が始まる前の面談は、基本的にその内容が後の選考に影響を与えないことから、カジュアルな雰囲気で行われます。

ただし、選考に影響がなくても、後から選考を受けるので好印象を与えておくようにしましょう。

2:内定前の面談

最終面接が終わって採用が確定している場合、その採用通知をする前に面談が行われることがあります。すでに企業が内定を出す予定にもかかわらず面談を行うのは、入社意思や入社条件などを事前に確認するためです。

内定を出す前にこれらを確認しておくことで、入社後のミスマッチを避けられます。また、すでに内定が確定していることから、入社日や研究内容などの今後の流れやスケジュールの調整などを行う場合もあります。

3:内定後の条件確認面談

内定前ではなく、内定後に面談が行われることもあります。この場合、内定後なので入社意思の確認は行われません。

しかし、入社条件の確認や、今後の流れやスケジュールの調整などは内定前の場合と同様に行われます。

4:最終確認のための入社前面談

内定後、さらに入社の直前のタイミングで面談が行われることもあります。

入社の直前のため、この場合は入社意思の確認やスケジュール調整などが目的ではなく、入社の手続きや社内見学、入社後の流れの説明などを行います。

この面談は、入社前の内定者フォローの目的もあるので、これから仕事をしていくにあたって、疑問や不安があれば、会社の人に質問や相談をして解消しておくようにしましょう。

5:リクルーター面談

採用活動を始めると、人事部には多くの転職希望者からの応募が集まります。その数が多い場合は、人事部だけでは採用活動の処理が追いつかなくなってしまいます。また、何とか処理できたとしても、担当者の負担が大きくなりすぎる場合もあります。

そのため、採用活動の補助を行うために、人事部からの依頼を受けて別の社員が面談を行うことがあります。このような形式の面談は「リクルーター面談」と呼ばれ、主に20代~30代の若い世代の社員が担当します。

リクルーター面談の目的は企業によって異なります。

例えば、選考前に応募者および採用条件を確認してすり合わせる目的もあれば、採用権限まで与えられることもあります。

転職活動中に面談を受ける際の心構え6つ

転職活動で行われる面談は、基本的には選考の合否に影響を与えません。しかし、選考に影響を与えないからといって、気楽な気持ちで受けるのはやめましょう。

転職活動での面談には事前にいくつかの心構えが必要となるので、その心構えにはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

1:内定後でも気を抜かない

内定後はすでに転職活動を終えているので、気が抜けてしまっている人も多いでしょう。

しかしながら、気が抜けていることで担当者とのやりとりが雑になり、今後のスケジュールなどの重要な情報を忘れてしまうようなことがあれば、入社前から悪い印象を持たれてしまいます。

入社前に印象を悪くしてしまうと、積極的なコミュニケーションが取りづらくなり、スムーズに仕事が始めにくくなる場合もあるので注意しましょう。

2:目的に応じて話す内容を考える

選考前であれば条件のすり合わせ、内定後であれば今後の流れについてなど、面談は行われるタイミングによってその目的が異なります。

そのため、話す内容もその目的に合わせる必要があります。

また、当日はスムーズなやりとりができるように、目的に沿った質問や話の内容などについて考えておきましょう。事前に話す内容を考えておくことで、聞き忘れも防げます。

3:積極的に条件・待遇について話す

面談は互いの条件をすり合わせる話し合いの場でもあります。

希望条件や待遇について交渉をするチャンスでもあるので、そのチャンスを逃さないように積極的に交渉しましょう。

ただし、あまりにも無理な要求をすると、印象を悪くしてしまう可能性があるので注意しましょう。

4:面接で聞けなかったことを聞く

選考中は、印象や評価を気にして質問をためらってしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、内定後であればすでに選考は終わっているため、質問できる範囲が広がるでしょう。

内定後の面談では、これまで聞きたくても聞けなかったことを質問し、不安や疑問に思っていたことを入社前に解消しておきましょう。

ただし、あまり失礼な質問やマナー違反となるような質問をしてしまうと、入社後の印象に影響を与えてしまうので注意しましょう。

5:マナーを守って誠実に対応する

面談は選考ではないため、雑談形式で行われる場合があります。また、若い社員が担当者となる場合もあるため、面接と比べると緊張感が薄く、カジュアルな印象を受けることも多いでしょう。

しかし、いくらカジュアルな印象で緊張がほぐれていても、面談は転職活動の1つであり、相手は応募企業の社員です。

面接と同じように緊張感を持ち、ビジネスマナーを守って対応することを忘れないようにしましょう。

6:身だしなみを整える

面談はカジュアルな印象が強く、つい気が緩んでしまいがちです。しかし、転職活動の1つなので、面接と同様にビジネスマナーをしっかりと守る必要があります。

選考時と同じように、身だしなみを整えることは重要なポイントです。スーツやシャツにシワがあり、靴や鞄が汚れていて、髪がボサボサでは担当者の人に失礼となってしまいます。

電話面談やオンライン面談もある

近年では、時間や労力の削減、対面を避けるなどの目的で電話やオンラインで面談が行われることもあります。しかし、電話やオンラインを使う場合でも、基本的な流れや注意点は変わりません。

ただし、相手の表情が確認しづらい、声が聞き取りにくい、環境によって会話が途切れるなど、対面ではないことによる注意点がいくつか増えます。

また、電話やオンラインでのコミュニケーションには慣れが必要なので、事前に練習をしておくようにしましょう。

転職時面談と面接の違いを理解しよう

転職活動では面談を受けることがあります。面談と面接は目的が違うので、正しい対応ができるよう、その違いについて理解しておきましょう。

本記事で紹介した転職活動に臨む際の心構えをしっかりと把握し、万全の態勢で転職活動を成功させましょう。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説