インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事は、就活前の学生に向けて、インターンシップのメリットや、参加する際の注意点などを解説しています。インターンシップの参加は学生にとって貴重な体験の場です。また、インターンシップの意味や目的を理解することで、より有益な経験ができるしょう。

インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説

そもそもインターンシップとは?

インターンシップとは、企業が就職前の学生に、就業体験をしてもらう制度です。短期のインターンシップや長期のインターンシップがありますが、基本的には5日間ほどの企業が多いでしょう。

インターンシップは学生、企業の双方にメリットがあります。特に学生にとっては、今後の就活に役立ち、社会勉強にもなるメリットの多い制度です。

インターンシップを行う企業の意図とは

現在では、数多くの企業がインターンシップを実施しています。その主な目的は、学生に企業を認知してもらう「広報目的」と、優秀な人材を集める「採用目的」です。

また、実務経験を通して、仕事場の雰囲気を学生に感じてもらうことや、業務への適性を見極めてもらうことで、就職してすぐ退職してしまうような、ミスマッチを防止する意味もあるのです。

早いうちに学生を確保しておくため

インターンシップを通じて、企業は優秀な学生を発掘できます。現実的には、優秀な人材を面接だけで確保するのは難しく、インターンシップの実務経験から、見込みのある学生を見極めるのです。

そのため、インターンシップに参加する学生は、企業に良い印象を与えるような積極的な姿勢で望むといいでしょう。企業にとってインターンシップは、優秀な学生を採用できる絶好の機会と考えています。

企業をよく知ってもらうため

企業がインターンシップを採用している理由は、多くの学生に会社を認知してもらうこと、会社がどのような業務をしているか知ってもらうことにあります。

たとえば、大企業であれば、世間に広く認知されていますが、中小企業の場合、企業の業績が良くても、あまり認知されていない会社は数多くあります。

そのような企業は、インターンシップを提供することで、企業を認知してもらえるのです。

インターンシップが就活で有利になると言われる理由4つ

一般的にインターンシップに参加すると、就活で有利になるといわれています。その理由として、インターンシップに参加した学生のなかには、内々定をもらえる人がいることや、書類選考なしに面接を受けられる人がいるからです。

ここでは、インターンシップに参加することで就活に有利に働く理由を4つ紹介します。

1:内々定をもらえる場合がある

インターンシップに参加したからといって、かならずしも内々定がもらえるわけではありませんが、評価の高い学生に内々定を出している企業は存在します。

また、インターンシップに参加した学生は、書類選考なしで面接にすすめる企業もあります。このような優遇措置を取る企業は、金融、総合総社、ITベンチャーに多い傾向です。

このような企業のインターンシップに参加する際には、企業の情報を集めて、業務の知識やスキルを勉強しておくといいでしょう。ベンチャー企業などは、即戦力を求めている企業が多く、業務に対するスキルや知識をアピールできれば、就活を有利にできます。

2:企業へアピールできる機会となる

インターンシップへの参加は、自分をアピールできるチャンスです。好印象を与えるには、積極的な姿勢でインターンシップに参加するといいでしょう。企業へアピールできれば、面接で有利になり採用される可能性があがるでしょう。

インターンシップに参加する企業の業務を、事前に勉強しておくことも大切です。業務の理解度が深高ければ、即戦力として評価されることがあるのです。

3:志望の動機をより具体的に伝えることができる

インターンシップで業務を経験することで、自分の興味がある仕事や適性に気づけます。自分がやりたい仕事や、なりたい職種がわかれば、就職したい企業や職種が明確になるのです。

実際に経験した業務によって志望動機が明確になれば、面接でわかりやすく説明できるでしょう。実務経験で得たスキルをアピールできれば、就活を有利にできるのです。

4:本選考に影響することがある

ほとんどの企業では、「インターンシップの参加による本選考への影響はない」といっています。しかし、現実にはインターンシップの参加により、本選考が有利になるケースがあります。

そのため、受け身の姿勢ではなく、積極的な姿勢でインターンシップに参加して、企業に好印象を持ってもらうことが大切です。ある程度の業界の知識を予習しておくと、仕事に対して受け身にならず積極的に取り組めるでしょう。

インターンシップに行くメリット5つ

インターンシップに参加することで就活に有利なること以外にも、さまざまなメリットがあります。社会人になる前に就業体験することは、今後の社会生活にも役立つのです。

ここでは、具体的にインターンシップで得られるメリットを解説します。

1:社会人としての基礎を学べる

インターンシップの就業体験は、社会人としてのマナーを勉強できる機会でもあります。実際の仕事を通して、敬語の使い方や電話対応、コミュニケーションなどを、企業で働いている社員から学べるのです。

実務経験を通してビジネスマナーを勉強できることは、貴重な経験になるでしょう。

2:企業の雰囲気を見ることができる

就職前に企業の雰囲気を見られることは、就職先のミスマッチを防ぎ、企業を選ぶ判断基準にできます。実際に就業体験をしてみて、自分に合わない社風であったり、想像していたイメージと違っていたりすることはよくあります。

インターンシップには、実務体験を通して会社の雰囲気を肌で感じられるメリットがあるのです。

3:知識やスキルを身につけることができる

実際の仕事を体験するインターンシップは、仕事の知識やスキルを勉強できます。特に長期のインターンシップでは、まかせてもらえる業務が増えるため、多くの知識やスキル、ビジネスマナーなどが身に付くでしょう。

業務に必要なスキルや知識を身に付けているならば、企業には即戦力の人材として評価されます。また、身に付いたスキルや知識は、アピールポイントの材料になるでしょう。

4:他の就活生と情報を交換できる

同じインターンシップに参加している学生と情報交換できることも、インターンシップのメリットです。同じインターンシップに参加している学生であれば、面接で顔を合わせる可能性もあります。そのため、就活に有益な情報をやりとりできれば、心強い味方になります。

仲良くなれば、お互いにアドバイスをおくることもできるでしょう。

5:企業や業界の研究に活かすことができる

仕事を実際に体験することで、業界研究や企業研究に活用できます。基本的には、企業研究や業界研究は本やネットを通して行いますが、実際に仕事を体験することで、具体的に業界や企業を理解できるのです。

インターンシップで就活を有利に進めるためのポイント3つ

今まで見てきたように、学生に多くのメリットがあるインターンシップですが、実際に就活を有利にするには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

ここでは、インターンシップに参加したことを、就活で活かすためのポイントを解説します。

1:インターンシップ参加が必ずしも就活で有利になるとは限らない

インターンシップの期間は短期から長期まで、企業によって違います。期間が違えば、インターンシップで経験できる仕事内容も変わってきます。たとえば、1dayのインターンシップでは、実際の仕事を体験できないことがあるでしょう。企業も1日だけでは、参加した学生を見極められません。

そのため、1dayインターンシップなどは、会社の説明会くらいの内容で終了するケースがあります。

そのようなインターンシップでは、企業は優秀な学生を見定めることより、会社の認知度をあげることがメインになります。また、学生も見学目的でインターンシップに参加するならば、意味はありますが、実務を経験したいのであれば、あまり参考にならないでしょう。

2:しっかりと事前準備をしてから参加する

インターンシップの経験を就活で活かすには、事前の準備が大切です。事前に準備していることで、業務の理解度が深まります。

たとえば、業界の知識を勉強しておけば、業務にスムーズに対応できるでしょう。「やる気のある優秀な学生」と、企業に認知される可能性も高まります。

インターンシップを提供する企業には、「優秀な人材を確保する」といった目的があります。ですから、インターンシップで好印象を与えるためにも事前準備することは大切です。

3:インターンシップに落ちても本選考には影響しないことが多い

企業によっては、インターンシップの倍率は非常に高い場合があります。募集人数が少ないことや、人気の企業であることが理由として考えられます。

そのため、インターンシップに落ちたとしても、本選考に影響することは、あまりないといえるでしょう。しかし、本選考で失敗しないためには、落ちてしまった理由を、自分なりに考えてみることは必要です。

たとえば、面接のときのアピール不足や、志望の動機が弱いなど理由がみつかるかもしれません。このような理由がわかれば、本選考で成功するための対策ができるでしょう。

有意義なインターンシップに参加して就活を有利に進めよう

インターンシップへの参加は、企業に好印象を与えるなど、直接的な理由で就活を有利にできるメリットと、自分の経験値をあげて就活を有利にする2つのメリットがあります。

しかし、目的を明確にしてインターンシップに参加しなければ、得られるメリットが少なくなってしまいます。そのため、参加するメリットを自分なりに理解することで、より有益な経験ができるでしょう。

Bnr bottom 01 4
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説