インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンシップに参加するうえで、仕事のミスなど「失敗」を不安に感じる就活生は多いのではないでしょうか。この記事では、インターンシップでよくある失敗談とその対策について解説しています。インターンシップに不安を感じる就活生の方はぜひ読んでみてください。

インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介

インターンでの失敗は本選考に影響する?

「志望する企業の本選考を有利に進めたい」と考えてインターンシップに参加する就活生は多く見られます。

実際、参加することで多くのメリットが得られるインターンシップですが、「もしも仕事で失敗したらどうしよう」と不安を感じる方も少なくはないでしょう。

結論から言うと、インターンシップにおける失敗が本選考の結果に影響を与える可能性はありますが、正しい対処方法を知っておけば、そのダメージを最小限に抑えられます。

短期インターンでは企業の判断はさまざま

一般的に、短期インターンは学生に興味を持ってもらう目的で実施している企業が多いため、長期インターンと比較して本選考に与える影響は小さいでしょう。

しかし企業の方針次第ですので、短期インターン中の失敗が本選考に影響を与える場合もありますし、与えない場合もあります。

長期インターンでは不利になる可能性も

長期インターンの場合、1カ月~3カ月、場合によってはそれ以上の長期間を企業の一員として過ごすため、実際の業務に取り組む機会が得られます。また、その間給与が支払われる場合も少なくありません。

そのため、短期インターンと比較して、企業は多くのコストを就活生に投資することになります。

それだけ企業の本気度が高いということになるため、当然ここで大きな失敗をしてしまうと、本採用に悪影響を与えるリスクは高くなります。

インターンで起こりがちな失敗5つ

ここからは、インターンで実際に起こりがちな失敗とはどのようなものかを紹介していきます。

以下で紹介する失敗は、事前に注意しておかなければ誰にでも起こり得るものですので、これからインターンシップへの参加を検討している人は良く知っておきましょう。

1:時間に関する失敗

1つ目は、遅刻やシフトミスなどの時間に関する失敗です。

考えられる理由としては、「インターンシップ参加者同士で仲良くなって飲みに出かけたら寝坊した」「長期インターンの途中から勤務シフトが切り替わることを忘れていた」など、理由は様々ですが、社会人として「時間を守って働く」というのは当然のことです。

気を抜くと誰でもやってしまう可能性がある失敗のため、注意が必要です。

2:服装に関する失敗

2つ目は、服装の種類や着用の仕方が不適切という失敗です。

例えば、インターンの説明会や面接時に「出社時はスーツでお越しください」と言われていたにも、関わらずオフィスカジュアルで出社してしまうなどの事例が考えられます。

こういった場合には企業側から「あ、この人はちゃんと指示を聞いていなかったんだな」とネガティブに捉えられてしまうリスクがありますので気をつけましょう。

3:電話対応・メールでの失敗

3つ目は、実際の業務にあたって、電話対応やメールでのやり取りでミスをしてしまうことです。

具体的には以下のような事例が考えられます。

・他の部署から電話がかかってきて上司への伝言を依頼されたが、メモを取り切れなかったため、上手く内容を伝えられなかった。

・メールで係内にPRするはずの内容を誤って部門全体に発信してしまった。

4:クレーム対応の失敗

4つ目は、本格的に企業のチームの一員として数えられる長期インターンで、顧客からのクレーム対応を任せられ、うまくこなせないなどの理由です。

結果として、その後の顧客との関係性に影響を与える可能性があるため、避けたいミスの1つと言えます。

5:守秘義務の違反

最後に、守秘義務違反の失敗です。

これは会社の持つ機密情報を社外に公開してしまう行為のことです。以下のような行為が挙げられます。

・理系の就活生が、大手電子部品メーカーのインターンシップに参加し、そこで知った部品の原材料の作り方を研究室の教授につい話してしまった。

こういった守秘義務の違反は、インターンシップ先の企業から賠償請求されるなど、大きなトラブルに繋がりかねない危険な行為です。

出典:守秘義務|厚生労働省
参照:https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/hanrei/syuhi/syuhi.html

インターンで失敗しないための対策7個

上記のような失敗をしてしまい、せっかくインターンシップに行けたのに本選考で不利になってしまうような事態を避けるためにも、正しい準備・対策を知っておく必要があります。

以下に示す7点をしっかりと押さえ、準備万端の状態でインターンシップに挑むようにしましょう。

1:勤務時間の確認をしっかりと行う

遅刻やシフトミスといった事態を避けるために、事前に勤務時間の確認を行うようにしましょう。

勤務時間を正しく把握することは社会人として基本中の基本です。確認はどれだけしても「やりすぎ」ということはありません。

会社から渡された説明資料やスマホのスケジュール帳などを有効活用し、毎日の勤務時間を正しく把握するようにしましょう。

2:時間に余裕をもって起床・準備する

上記で勤務時間の確認ができたら、その時間に余裕をもって間に合うような時間に起床・準備するようにしましょう。

特に、初出勤の際は要注意です。出勤ルートを間違えてしまったり、電車やバスの乗り換えがスムーズにいかなかったりして遅刻してしまう恐れがあります。

寝坊しないのは当然のことですが、移動にかかる時間や経路などを考慮し、少し早く会社に着くくらいの気持ちで準備を行うようにしましょう。

3:服装の不明点は事前に確認しておく

インターンシップに着ていく服装に不明点がある場合は、必ず事前に会社に確認しましょう。

「面接はオフィスカジュアルだったため、出勤もそれでいいと考えていたら、インターンはスーツ着用だった」など、自分の勝手な思い込みでミスをし、悪目立ちしてしまう可能性があります。

自分の実家やアパートから離れた場所でインターンシップに参加する場合、すぐに取りに帰るのが難しい場合もあるので注意が必要です。

4:社会人の電話やメールのマナーを勉強しておく

電話やメールでの失敗を避けるためには、事前にマナーを勉強しておくことが重要です。

学生が先輩と話す際に少し言葉が砕けてしまっても「仕方ないな」「可愛いやつだな」と流してもらえたりしますが、社会では信頼関係が業績につながるため通用しません。

そのため、電話やメールにおいても「マナー」というものが存在します。会社でルール化されている場合もありますので、しっかりと確認しておきましょう

電話に出る際の声のトーンや言葉遣い、取り次ぎ方、メールを送る際の文章構成などは事前にしっかりと勉強・練習しておき、本番で自然にこなせるように努力しましょう。

5:クレームの内容を理解し社員に相談する

業務を行う中で、顧客からかかってきたクレームの電話に出ることもあるでしょう。

その際は、相手の主張を丁寧に聞き取り、クレームの内容をきちんと理解したうえで周囲の社員に相談するようにしましょう。

顧客からすれば、電話を取った人物が社員なのかインターンシップ生なのかなどは関係ありません。

自分が会社を代表して顧客と対話している状態で、その対応が会社の対応として受け止められることを念頭に置きましょう。

しかしながら、インターンシップで一時的に業務に参加している人間が正しいクレーム対応などできるはずもありません。

顧客の話に耳を傾け、主張を理解したうえで、その内容を社員に端的に伝え対応してもらうようにしましょう。

6:家族や友人との会話内容に注意する

慣れない会社という環境で働き、その緊張から解放され気持ちが緩んでしまった時にしてしまいがちな失敗があります。それが、会社の機密情報を家族や友人にうっかり話してしまう、ということです。

インターンシップでは、普段学生として過ごしていると経験できないような多くのことを経験します。家族や友人に話したくなる気持ちは分かりますが、何が機密情報なのかもよく理解できていない状態で会社のことを口外してしまう行為は避けましょう。

7:SNSでの発信内容に気をつける

家族や友人に口で話す以上に注意が必要なのが、SNSでの発信です。

SNSは誰でも気軽に情報を発信、閲覧することができるため、コミュニケーションのツールとしては優秀です。

一方で、例えばあなたがもしインターンシップ先の会社の食堂で食事をとっている様子をSNS上にアップしていたのを採用担当者が見つけたらどう思われるでしょうか。

「会社の情報を安易にアップロードしてしまう、情報リテラシーが低くて信頼できない人だな」という印象を与え、その後の採用活動に大きな支障が出るでしょう。

インターンシップ中の出来事を他者に共有して盛り上がりたい気持ちはぐっとこらえ、社会人として適切な行動を心がけましょう。

失敗してしまった時にすぐ対応すべきこと3つ

ここまで、インターンシップでよくある失敗と、それを未然に防ぐための対策について述べてきました。しかし、これだけ準備をしていても、ミスをしてしまうことはあります。

ここでは、失敗のダメージを最小限に抑えるための事後の対応について、3つの項目を紹介して行きましょう。

1:失敗をしてしまった理由を考える

まず、自分がやってしまった失敗の理由を考えてみましょう。

例えば、顧客とのWEBミーティングの時間を勘違いしており、10分遅刻してしまったとします。ここでいう失敗の原因は明確で「スケジュールの確認不足」です。

また、メールを送信した後に大量の誤字脱字に気づいた場合、その原因は「送信前に本文の見直しを行わなかった」ことが挙げられます。

このように、全ての失敗には必ず理由があります。失敗を放置せず、その理由を考える習慣をつけましょう。

2:自分の間違いはすぐに謝る

自分の失敗についてすぐに謝罪を行うというのは、インターンシップで採用してくれている会社への誠意を示す重要な行動です。

皆さんが採用側の立場で、インターンシップ生が失敗しているのに何も反省していない様子だったらどう感じるでしょうか。自分の間違いを認められない人を採用して、一緒に働きたいと感じる人はいないでしょう。

3:失敗を繰り返さないように対策をする

どれだけ注意していても、仕事のミスというのは避けられません。大切なのは「同じ失敗を繰り返さない」ために対策をすることです。

そのためには、先に述べたように失敗の理由を考え、どうすれば失敗を避けることができたか検証し、同じ場面に遭遇した時に実践することが重要です。

インターンに参加する前に失敗について心得ておきたいこと4つ

誰もがなるべく避けたい「失敗」ですが、これをどう捉えるかによって価値が大きく変わってきます。

ここでは、インターンに参加する前に心得ておきたいことを4つ紹介します。

1:失敗しない人はいない

「誰でも必ず失敗はする」ということを知っておく必要があります。あなたの友人も、大学の先輩も、家族も、もちろんインターンシップ先の社員も、多かれ少なかれ失敗を経験して今現在を迎えています。

「今まで一度も失敗したことがない」という人はこの世に一人も存在しない、ということを理解しておきましょう。

2:失敗は成功へのステップであることを理解する

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、仕事のミスもそれを乗り越えていけば必ず成功につながります。

失敗を恐れるのではなく、自分を成長させるものだと前向きに捉えるマインドを持つようにしましょう。

3:失敗を活かして次の行動を考えることが大切である

失敗を成功へつなげていくためには、自分の行いを振り返り、次のアクションにつなげていくことが大切です。

何が適切なアクションなのかは場面ごとに変わってくるため、行動の結果また別の失敗をしてしまう可能性もあります。

しかし、大切なのは諦めずに考え続ける気持ちです。失敗を前向きに捉え、自身の成長に活かしていきましょう。

4:失敗しないためにできる限りの事前準備をしておく

失敗を前向きに捉えることは重要ですが、避けるための事前準備はさらに重要です。皆さんにとっても、採用側にとっても多くの実りのあるインターンシップにするためにも、できる限りの事前準備をしていくようにしましょう。

インターンの事前準備はしっかりと!失敗しても誠意ある態度で対応しよう

インターンシップは、就業体験を通して自社の魅力を伝えられるため、企業側にとっても、企業理解を深めたい就活生側にとっても非常に意義のある制度です。

本記事の内容を振り返って入念に準備を行い、いざ失敗しても誠実に対応し、実りのある時間にしてください。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説