転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事をご覧の方は何らかの形で転職に興味を持たれているのではないでしょうか?興味はあるけど、どうして良いのかわからない。失敗したらどうしよう。など、思いは様々。ここでは先輩の経験談なども参考にしつつ、良い転職活動について紹介していきたいと思います。

転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介

転職に失敗する人は多い?

転職に向かう人の動機の多くは現状に対する不満、もしくは更なる飛躍へのチャレンジというケースがほとんどであると言えます。しかし、実際に転職した際に「失敗した」と感じている人も結構な数がいるというのが事実です。

転職をしてもすぐに転職したくなる理由4個

では、転職失敗とされるパターンについて、具体的に4つ見ていきましょう。

もちろんパターンについては4つだけにとどまらず、個々の事情により失敗と思うケースもあるとは思いますが、ここで代表的なパターンを知ることで予防的措置に繋げてもらえればと考えます。

1:転職先の人間関係がうまくいかない

そもそも転職した原因として、人間関係をあげる人が一定程度います。人材系企業による調査でも、転職理由の中でTOP5に入る理由として紹介されています。

転職したばかりとはいえ、人間関係に対する不安・不満から再転職することはあり得ることです。

これは決して逃げるということではないですし、環境を変えることで辛い状況から立ち直り、やり直すきっかけにもなるので決して悪いことではありません。

2:新しい環境へのストレスに耐えられない

転職後、すぐに転職する人の中には、環境を理由に上げる人もいます。なぜなら、そもそも転職の理由に環境を上げる人も多いからです。

これが、転職先でも同じく理由として浮上するケースは当然ながらあります。

3:覚えることが多く苦労する

その他に転職により覚える事が多く、周りの期待とのギャップに苦労した結果、すぐに転職してしまうというケースもあります。

実際、転職組は即戦力として期待されてしまうケースが多いでしょう。一方で実際にはその会社独特の仕組みやルールなど、多くの事を覚えないといけないことから、憂鬱にとらえてしまう傾向があります。

4:長時間労働が多い

最後に理由として多々あがる事例として、長時間労働の多さという点があります。

元々の退職理由として、長時間労働に対する条件改善であるケースなどは数多くあり、転職サイトにおけるアンケートでも上位にランクされる理由です。

これが転職先においても事前に説明を受けていたものと実際では違い、長時間労働がネックになって「聞いていた事と違う」という流れでネガティブに働くケースがあります。

転職の失敗例15個

次に具体的な転職失敗の体験談を見ていきましょう。

ここでは様々なタイプの失敗事例を15個紹介。活動段階の失敗から入社後に感じた失敗まで種類は様々です。

失敗したら中には取り返しのつかないものもありますので、ここで他の人の経験談を参考に模擬練習していただき、自身の転職活動を成功に導けるように失敗しないコツのようなものを見つけてもらえればと思います。

では、失敗事例を見て、自分の成功確率を上げる準備をしましょう。

1:同業の転職先なので即戦力として活躍できると思っていた

元々従事していた業種と同じ業界での転職だったので、自分のこれまでの職歴・スキルと経験が通用すると思い込んで、意気揚々と就職してしまうこともあります。

しかし、いざ仕事を始めてみると全く違う企業文化からさっぱり自分の活躍が見えてこない状況に気ばかり焦って、どんどん評価は下がるばかりという悪循環に陥ってしまうケースです。

こうなると自信も喪失するでしょうし、つらい気持ちが溢れてしまいます。

同業だからと情報収集を怠らず、慎重に収集検討することが大事です。

2:転職先が合わず前の職場に出戻りしてしまった

次の失敗事例。

職場に対する不満から具体的なイメージもなく、漠然とした動機で転職活動をしてしまうこともあります。。

転職活動の結果新しい企業に就職することができても、元々現状に対する不満だけで行った転職活動だったので、結局長続きせずに短期離職となり、一年もせずに元いた企業に復職することになる可能性もあります。

そうなると少し恥ずかしい惨めな思いをしますし、トラウマ化する事例になってしまうケースとなります。

それまで築き上げたキャリアからは転落し、マイナス評価だけが残る結果になってしまいます。

3:実力以上のスキルがあると偽り入社後苦労した

次に紹介するのは「自身のスキルを偽って言ってしまった」事例です。

ついつい面接の段階では見栄を張って自分をよく見せようとしてしまいがちです。しかし、その後入社してから実力以上の仕事を期待され、依頼される事となり、結果的に大変になるという怖い現実が待っています。

中にはいづらくなって再び転職活動をする人も出てくるので注意です。

4:面接で自分の希望を伝えられなかった

次は面接時における失敗事例です。

面接をそつなくこなす事ばかりに気持ちがいってしまい、結果として自分の気持ちをきちんと伝える事ができないまま面接が終了し、無事内定をいただいたものの、自分のやりたい分野とは程遠いとこに配属されてしまい苦しむ結果になります。

転職活動においては自分の希望はきちんと伝えないと、思わぬ仕事をする事になり、失敗に終わり落ち込む結果になることもあります。

5:給料の手取り額が少なすぎた

転職活動中はついつい、早く内定が欲しくて焦りがちです。自分の中で定めている希望水準を下回っても、早く決めたいがために妥協して就職してしまうこともあります。

また、給与について手取りベースで把握するのは社会保険の控除などをきちんと計算しておくことが大切です。

実際には、入社して仕事を始めてみると、やはり納得行かずに次なる転職活動に向かうというケースが出てきています。

6:退職日までに引継ぎが終わらず転職後も引き継ぎに追われた

転職にあたって大事な事の一つがきちんと引き継ぎを終えて次の職場に入る事です。

仕事も気持ちもあらたに新職に臨みたいところですが、中には引き継ぎが終了せずに転職後も前職の職場業務にまだ追われるというケースも事例として報告されています。

転職後に影響が出ないよう、計画的に引き継ぎは行い、辞める時期も十分に余裕を持ったスケジューリングを心がけましょう。

7:ありきたりな志望動機を言ってしまい企業に熱意が伝わらなかった

こちらも面接における失敗事例です。

面接においては自分自身の言葉で志望動機をしっかりと伝えるのが大事ですが、例文・マニュアルなどにあまりにも頼ってしまった結果、ありきたりな志望動機になってしまい、持っていた熱意が面接官に全く伝わらなかったというケースです。サイトのコピペなどはもっての他です。

しっかりと準備することはとても大事ですが、自分自身の言葉で面接官に気持ちを伝える事は大切にしましょう。

8:転職先の人間関係が悪く心身ともに辛くなった

転職によく付き纏うのが人間関係に関する悩みです。

元々の職場において人間関係に対して悩み、転職をきっかけに好転するケースもあれば、逆に転職をきっかけに人間関係に悩み、行きたくないという気持ちが募り、心身に不調をきたしてしまう失敗事例もあります。

中には、うつ病を発症してしまうようなケースまで見受けられますので十分に注意したいところ。

人間関係についてはなかなか入社前に把握することは難しいのが事実ですが、職場見学など、雰囲気を知るチャンスはありますので、そのような機会を戦略的に活用したいものです。

9:転職先の社風が合わず仕事がつまらない

転職の準備としてきっちりと調べて仕事内容、給与待遇などは文句なしだと判断して入社してみても、社風的に馴染めず無気力になるというケースも中にはあります。

例えば、自身はロジカルに仕事を進めたいのに会社自体は体育会系の雰囲気を醸し出したり、その逆だったり、結局はその雰囲気に馴染めずまた転職活動に入るケースがあります。

中にはそこから派遣であったり、無職・ニートになってしまうケースなどもありますので慎重に判断しましょう。

10:想像以上に高度なスキルが必要で全く活躍できなかった

長年夢だった志望職種を見つけて、熱い気持ちを持って面接にトライして見事採用を勝ち取ったけど、未経験スタートだったので、想像以上に高度なスキルが必要で全くついていくことが出来なかったなんて失敗例も聞きます。

例えば、英語を武器に転職をしたのは良いけれど、自身のスキルでは思ったような仕事ができず、周りに対して負い目を感じる結果になります。この場合、働く上で厳しい現実を突きつけられる形になりますので何とか回避したいものです。

自分を等身大以上に見せてしまい、結果スキル不足で自分を苦しめてしまうといった事がないよう冷静な自己評価が必要ですね。

11:年収が上がる企業を優先して転職先を選んだ

待遇面に対する不満から転職活動を志し、希望通り年収アップができる転職先に出会ったけど、実際に就職してみると、仕事内容が自分自身のやりたいこととは程遠く、待遇以外の部分で不満を抱く結果になってしまい後悔、なんて事例もあります。

収入も大事ですが、それ以外の部分もきちんとした確認が必要です。

12:楽だと思う業種に転職したが想像以上に大変だった

転職をきっかけにこれまでの経験とは違う、異業種にチャレンジするケースも多々あり、もちろん転職をきっかけに成功する事例もあれば、その逆の失敗事例も存在します。

転職活動において、十分な情報収集をせずにイメージだけで楽な業種だと思って転職してみると、実際にはイメージとは全く違って大変であるというケースです。実際に、営業から事務職に転職した女性の事例など、このパターンに当てはまる事例が報告されています。

楽を求め、楽だとおもって転職してみて半年、まったくイメージと違ったなんてこともあります。

やはり情報収集は本当に大事ですので、イメージなどに惑わされず、きちんとした情報で冷静な判断をするよう心がけましょう。

13:事前に労働条件や労働環境の情報収集をしなかった

転職においては労働条件をしっかりと確認することも大事です。

ぱっと見で雇用水準が同程度と思って入ってみたら、試用期間が設定されていたなど細かいところで考えていたのとは全く違ったなんて失敗談も聞きます。情報収集は疎かにしてはいけません。

14:やりたい仕事を優先して転職したが向いていなかった

転職をきっかけに天職に出会い、やりがいのある仕事をバリバリとこなすようになったという成功事例がある一方で、やりたさを優先して転職してみたけれど、実際には全く向いておらず、結局早期退職に再び繋がってしまうという失敗事例もあります。

やりたい仕事につくということも選択肢としては良いとは思いますが、それが自分に本当に合っているかどうかは見切りも必要ですし、冷静な判断が必要です。

やりたい仕事とやれる仕事は違うとも言います。しっかりとした見極めを心がけましょう。

15:転職を希望している企業を限定し転職活動が長期戦となった

更なるステップアップを目指して転職活動を開始しても、おなじ業界の目指す企業名を具体的にピックアップして1社ずつトライしていった結果、はじめは1ヶ月で決めるつもりだった転職活動が1年以上と長期戦化して疲弊がたまることもあります。

目標を明確化するのは良いですが、比較検討もできるようにし、あまり長期間になりすぎないようにすることも大事です。

転職で失敗しないための対処方法7個

ここまでは人の失敗エピソードを見ることで、自分が失敗しないための準備をしてきました。ここからは失敗事例を生かして、実際の転職活動で失敗しないための対処法について述べていきます。

もちろん、転職を取り巻く環境は様々ですし、例えば、20代と40代では全く状況が変わってきます。しかし、その幹となるポイントには共通性がかなりありますので、ぜひとも参考にしてください。

1:転職の際に譲れない条件を決めておく

転職に踏み切るのは基本的には現状に対する何らかの不満がその背景にあることが多いと考えられます。それだけに、転職先を探すにあたっては様々な条件を確認していくことになると思います。

それは、例えば、給料だったり、休日だったり、職種だったりと人それぞれでしょう。大事なことは、そのうち譲れないものが何で、譲れるものが何なのかまとめておくことです。

予めこれをきちんと整理しておくことが転職活動のスタートであると言って良いでしょう。

2:事前に労働条件や労働環境の情報を収集する

転職活動を行う上でもっとも基本的で大事な情報が労働条件や労働環境などに関する情報です。

転職後に安定した環境で自身のキャリアアップに安心して打ち込むためにはこれらについて正確な情報を得て、自分の望む条件面とどれだけマッチしているのかを把握しておく必要があります。

3:インセンティブなど給料が上がる条件を確認しておく

近年は多くの企業で能力制が導入されており、特に営業職などの場合はインセンティブなどの成果主義が待遇面に組み込まれている場合もあります。

募集条件を表面的に捉えると、これらインセンティブなどの条件を見逃すことにもなりえます。

提示されている年収表示についてはどのような構成で出来上がっているのか、固定額の割合はどれだけか、インセンティブの割合は、など、きちんと調べておきましょう。

特に、インセンティブの割合が50%を超えてくる条件は要注意と言えます。

4:そもそも転職が必要なのかを真剣に考える

転職を考える上で初めにクリアすべき点は「そもそも転職すべきか」という点です。

もちろん、現状に対する不満から転職を志望するという背景があることは理解できます。その際に様々なチャネルを通じて転職情報に触れていくわけですが、そこで内定を得たとしても、転職後の環境が現状より必ず良いとは限りません。

転職が解決手段かどうかという問題があるわけです。

時にはいじめまで発生するような人間関係のつまずき、都市部から田舎へのuターン転職をした結果環境になじめない、思っていた仕事と違っていた結果、1週間で早期退職など。様々な失敗事例があります。

本当に転職しなければ自分の思うキャリアは得られないのか冷静に見つめましょう。

5:転職活動は仕事を続けながら行う

これはもっとも大事なことですが、必ず、転職活動は仕事を続けながら行いましょう。決して、「とにかく辞めたいから失業保険をもらいながら活動すれば良い」なんていう安易な考えは持たないことです。休職しての転職活動もあまりお勧めはしません。

なぜなら、一つは冷静な視点でじっくりと転職先を検討することができることです。活動の結果、転職に向いていないことがわかった場合に切り替えて辞めるのを止めることができることなどメリット部分が大きいと言えます。

6:事前に転職希望先の社風を調べておく

労働条件や労働環境の情報を事前にきちんと調べておくことの必要性はすでに説明しましたが、この労働環境に関連して、社風に関する情報も仕入れておくことをお勧めします。

例えば、面接時に「御社の社風についてお教えください」と質問してみたり、エージェントを利用している場合はエージェントに相談するなどが効果的でしょう。

社風を含めてきめ細やかな情報収集により良い転職を実現させ、転職を繰り返すような悪循環に陥らないようにしましょう。

7:複数社の企業に応募する

失敗事例のところでも触れましたが、転職活動においては冷静な比較もとても重要になります。

はじめから一社に絞るのではなく、候補となる企業を何社も選択し、マッチングを意識した転職活動をすることでミスマッチを防ぐことができます。複数社を比較するということは比較軸も大事。初めに説明した譲れない条件を参考に構成していきましょう。

転職活動での求人の探し方

転職活動において、どのような方法で求人を探しますか。ここでは、代表的な求人の探し方について確認していきましょう。

20代、30代後半、40代、50代と年代や職種によって、適した探し方があるので、そこも押さえていくことで効率的かつ効果的な探し方になってくると考えられます。

1:ハローワーク

まずは公的機関であるハローワークです。その特徴は地域密着、掲載にかかる費用が不要、シニア層にも対応できるパソコン不要な環境と言えるでしょう。

ですので、地域としては都市部よりも田舎部、年齢層としてはシニア層での親和性が発揮されると考えられます。

例えば、55歳地元就職希望の肉体労働者、42歳の運送業などのケースの場合、ハローワークが後述の他の方法よりもぐっと力を発揮すると考えられます。

2:転職エージェント

次に紹介するのは転職エージェントです。特徴としてはキャリアに関する相談体制の充実、客観的な価値把握、募集企業とのきめ細かい橋渡しなどが挙げられると思います。

年齢層としてはミドルレンジが向いているでしょう。また、業種としては営業職など、スキル傾向がはっきりしている職種が向いています。

例えば、36歳保険営業、38歳総合商社等のケースなどは転職エージェントが力を発揮するケースと言えます。他に、経営コンサル、金融系、銀行系(地銀含む)、経理職、webエンジニア、webデザイナー、se(社内se含む)などは転職エージェント向きと言えるでしょう。

3:求人サイト

最後に求人サイトを紹介します。特徴としては、情報量の多さ、自分ペースでの転職活動などが挙げられます。若年層に向いていると言えます。

例えば、25歳営業職志望、27歳事務職などは転職サイトに向いています。また、資格が必要な分野で人手不足気味な職種などはエージェントを使う必要がなく、求人サイトでの転職が一般的と言えます。

例えば、看護師、薬剤師、大型トラックの運転手、介護職、警備職、ケアマネージャーなどがこれにあたります。サイトでの検索ですが情報で混乱することの無いよう、信頼できるサイトからの情報を効率的に活用することが大事です。

転職の失敗例を把握し後悔ない転職をしよう

転職に関する様々な情報を紹介しましたがいかがでしたか。

転職は人生の一大転機と言えますので、きちんとした情報の元冷静な判断で取り組んでください。家庭にとっても大きな影響を持つだけに周囲の方はきちんとした助言をしてあげて欲しいものです。もし、子供が転職活動している場合は人生の先輩としての助言も必要だと思います。

転職失敗例はぜひとも参考にしてください。転職に失敗して、しんどい思いだけし、ストレスばかり溜まり、前の会社に戻りたいなんていう末路は本当に避けたいものです。

良い転職活動を通して、素晴らしい未来へのスタートをぜひとも切ってください。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説