転職に悩む時に考えるポイント|判断するタイミングなどもあわせて紹介!

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職活動をするべきと判断するのは、なかなか難しい問題です。どのタイミングで行うのが最適なのか知りたい方も多いと思います。この記事では、転職のタイミングと、その準備の仕方についてご紹介します。実際に転職をしなくても、知っていて損はないでしょう。

転職に悩む時に考えるポイント|判断するタイミングなどもあわせて紹介!

転職に悩む時に考えるポイント3つ

毎日の仕事にやりがいを感じられない、待遇が良くないなど、今の会社に満足していない方は転職と言う2文字が頭をよぎることがあるのではないでしょうか。

転職をするのもなかなか勇気のいることであり、長い間悩む方もいらっしゃるでしょう。転職に悩む時に、考えるべきポイントを紹介します。

1:そもそも転職に向いているかを考える

まず考えなければならないポイントとして、自分が転職に向いているかどうかということです。なんとなく今の仕事に満足していないからというだけで、下準備もせずに転職してしまうと、転職を繰り返したり、会社のせいにしたり、転職しても根本的な問題解決にはならないからです。

2:転職後に希望や問題解決できるかを考える

転職すればなんでも問題が解決するわけではありません。転職するに当たりどうしても譲れないポイント、最低でもこの条件はクリアしていなければ転職しないという線引きをしておきましょう。

転職先企業の良いところだけを見てしまい、入社後にミスマッチが生じる可能性があります。転職した後自分の希望が叶うのか、問題は解決するのかということをあらかじめ考えるようにしましょう。

3:転職するメリットがあるのかを考える

転職することで大きなメリットがあるかどうかを考えましょう。前職よりも給与が高い企業に転職したとしても、業務時間が大幅に増え、プライベートの時間が削られる場合も考えられます。

仕事が生きがいで、好きな業務ができるのであればそれもいとわないというタイプの方であれば問題ありませんが、そうでない方にとってはデメリットになりかねません。

転職で得られるメリットとデメリットを検討し、より多くのメリットが得られるかどうかを見極める必要があるのです。

転職に悩む人によく見られる理由5つ

転職する際に考えるポイントを紹介しましたが、ここからは転職に悩む理由について紹介します。転職に悩む理由を知ることで、自分が転職をしたいと悩んだ際の参考にしてみてください。悩んでいるのは自分だけではないことにも気付くことでしょう。

1:給与が低く昇給する見込みが見えない場合

転職に悩む人によく見られる理由1つ目は、給与が低く昇給する見込みがない場合です。どんなにやりがいのある仕事をしていたとしても、それに見合った給料やポジションが見込めなければ、転職したいという気持ちになります。

しかし、それ以外の職場環境が良い、人間関係がとても良い、急な休みにも快く応じてくれるなど、働きやすさという点で恵まれていると、転職活動に一歩踏み出す勇気がなかなか出なく悩むというのもうなづけるでしょう。

2:労働条件が合わない場合

現職の労働条件が自分に合わないと悩む場合に、転職を考えることもあるでしょう。

自分が望む給料の額とここだけは譲れないという労働条件、この2つを兼ね備えた会社に転職したいと思うのは当然です。自分の能力と照らし合わせて「そんな条件の良いところはあるわけない」と悩む方が多いのです。

3:人間関係が悪い場合

仕事にやりがいがあり労働条件も良いのに、人間関係が悪い場合に転職したいと悩む方も多いでしょう。

頻繁に社内異動や転勤があれば、環境の変化を期待できますが、そうでなければ働きづらい毎日を送ることになります。転職してもまた人間関係に悩まされる可能性もあるため、さらに悩むというループにはまってしまうのです。

4:仕事へのモチベーションを感じない場合

現在の仕事に対してモチベーションを感じられなくなって、転職したいと悩む方もいます。毎日同じ仕事の繰り返し、興味のない分野の業務でモチベーションが上がらないことも理由の1つになるでしょう。

そのモチベーションが現在の仕事に対してなのか、仕事をすることそのものに対してなのか曖昧なところがあります。その時の体調や気分によっても左右されるので、転職に舵を切るのに思い悩むのです。

5:結婚や親の介護などの家庭の事情の場合

多くの方は20代で社会人になります。年月が経ち30代〜40代になるとライフスタイルが変わり、家庭の事情が仕事に影響する場合もあります。結婚や出産、親の介護など、これまでの働き方では上手く生活が回らないため、転職を考え思い悩むこともあるでしょう。

家庭の事情を理解し、自分にとって働きやすい環境が、果たして転職をすることで得られるのかと思い悩んでしまうのです。

転職に悩んだときに判断するタイミング4つ

転職に悩む理由について、いくつか心当たりがあったのではないでしょうか。ここからは転職に悩んだ結果「よし、転職しよう」と判断するタイミングについて紹介します。

誰でも、有利なタイミングで転職したいと思いますし、何か新しいことに挑戦するタイミングを知りたいことでしょう。自分に当てはまる項目があれば転職の時期だと言えます。

1:仕事に慣れて飽きが出てきたとき

仕事に慣れて飽きてしまい、自分の力を持て余している状況になっていないでしょうか。これは、転職のタイミングだと言えます。

自分の能力を活かして転職すれば、給与と労働条件アップを見込める可能性があります。現状維持し、安定した生活を送る方法もありますが、転職のチャンスを逃さず動き出してみましょう。

2:能力が完全に身についたとき

社会人として仕事に携わった当初は、上手くいかないことばかりでしょう。業務に必要な能力を身に付けてスムーズに仕事をこなせるようになった時は、転職のタイミングだと言えます。

業務がスムーズにこなせるスキルが身についたあなたを、他社は今の会社よりも良い条件で欲しいと思ってくれる可能性があるからです。

3:考えずに無意識にこなせてしまったとき

今の仕事を考えることなく無意識にこなせるようになったと気づいたら転職のタイミングです。今の仕事に興味を失っている可能性があります。

仕事は意識して行うものであり、そうしなければミスを招きかねません。仕事を無意識にこなせてしまうのであれば、あなたにとって手応えのない簡単すぎる内容のものなのです。

簡単なゲームよりも難しいゲームの方が飽きずに取り組み続けるように、仕事も手強いと思えるものの方が興味を持って取り組めるでしょう。

4:管理職を任されたとき

管理職を任されるのは、年齢や適性などもありますが、一般的には能力を認められた証ですので嬉しいことです。しかし、管理職を任されたものの給与面の待遇はあまり期待できず、責任だけ大きくなる場合もあります。

現在のライフスタイルを変えざるを得ない状況になる可能性もあり、熟慮する必要があるのは言うまでもありません。管理職を任されたときは、ライフスタイルを変えることなく、能力を活かした転職を考えても良い時期といえるのです。

転職を決断したときに準備すべき6つのポイント

転職を決断した際、今よりも待遇の良い転職先をやみくもに探しては上手くいきません。転職を決断した際に、準備すべきポイント6つを紹介します。備えあれば憂いなしというように、準備しておくことで悩むことなくスムーズに転職活動を進められるでしょう。

1:転職の前に実績を作る

転職を決断をしたら、現在の仕事で実績を作るよう積極的に行動しましょう。仕事を引き受けて実績を作れば、転職活動の際、職務経歴書に書いたり、面接でも具体例を上げて自己アピールできたりします。

2:在職中にスキルアップを図る

社内の研修プログラムがあれば率先して受けることや、部下の指導係を引き受けることなど、在職中にスキルアップを図りましょう。

資格習得や語学力を磨くのは個人でも可能ですが、在職時にしか磨くことのできないスキルの方が転職の際の強みになります。どうせ辞めるのだからと後ろ向きに仕事するのではなく、次の仕事の糧にするため貪欲にスキルアップを図りましょう。

3:在職中なのか退職後に行うのかを決める

転職活動を在職中に並行して行うのか、退職後に行うのかを決めましょう。

在職中に行うメリットは、収入がある状態なので金銭面において焦ることなく、妥協せずに活動を進められます。しかし、面接の日程調整が難しく、現職が忙しいと時間がとりづらいことはデメリットです。

退職後は時間を全て転職活動に注げるので、自己分析やスキルアップ、複数の会社の面接なども行えます。デメリットとしては、収入が断たれるので、転職活動が長引くと精神的に追い込まれ、本当にやりたい仕事よりも内定が早く出た会社を選ぶ可能性があります。

どちらのパターンが自分に合っているかを見極めるようにしましょう。

4:転職先に求める条件を明確にする

転職の理由が給与アップやポジションアップなのか、フレックスタイムで働ける環境なのか、転職先に求める条件を明確にしましょう。

全ての条件が揃っている会社は、ほぼないと言って良いでしょう。自分の中で優先順位をつけて絶対に譲れないポイントを明確にすれば、複数の内定が出た場合でもあまり迷うことなく決められるでしょう。

5:転職先の情報を集める

転職先の情報を集めることも重要です。情報が偏ることがないよう、転職サイトや希望する会社のホームページ、ハローワークなど幅広く情報収集しましょう。情報収集しておけば、転職してから「こんなはずではなかった」と後悔することが格段に減ります。

6:自分のセールスポイントを知る

自分のセールスポイントを把握するために、しっかり自己分析をしましょう。また、家族や友人など第三者からの客観的な意見、助言を受けてみましょう。自分のことはよくわかっているようで、実はわかっていない部分があるものです。

自分のセールスポイントがわかったら、それに合った仕事を探すことで、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

転職に向いている人の特徴

転職において性格の向き不向きは、ほぼ関係ないと言って良いでしょう。転職に向いている人の特徴を挙げると、転職の目的がはっきりしていること、自己分析をしっかりしていることです。

このような人は、経験やスキルに合った企業を探すことができるので、結果的に内定を勝ち取れます。

転職に向いていない人の特徴3つ

転職に向いていない人には、どのような特徴があるのでしょうか。この特徴に当てはまることがあれば、現職にとどまってキャリアを積んだ方が良い場合もあるようです。3つの特徴を紹介します。

1:職場での努力をしてこなかった

職場で努力せず、なんとなく業務をこなす日々を過ごしてきた方は、転職には向いていないと言えます。努力して得たスキルや実績がないと、転職先にアピールするものがないので、転職先の会社も欲しい人材であると判断できないでしょう。

2:目標設定や人生プランが明確ではない

自分のこれからの生き方や人生プランが明確になっていない方は、転職には向いていません。例えば40歳までに達成したい年収やポジションの目標を設定できている方は、努力して自己啓発を行うでしょう。

ライフプランがはっきりしていなければ、ただなんとなく毎日を過ごしてしまうので、転職活動に丸腰で挑むことになり転職が上手くいかなくなります。

3:目的意識や現状認識が甘い

仕事に対しての目的意識や現状認識が甘い方は、転職には向いていません。ただなんとなく現職から抜け出したいという気持ちを持った人が転職できるほど、会社は簡単に転職希望者を採用しません。

転職後に考えられるリスク5つ

労働条件アップを期待して行う転職活動ですが、転職後に考えられるリスクも5つあります。ここからは、そのリスクについて解説します。リスクも知った上で、転職について検討してみましょう。

1:給与収入が低くなる場合もある

転職する会社によっては、当初は給与水準が高くても、昇給が少なければ給与収入が下がり、生涯年収が下がる可能性があります。また、転職をするタイミングによっては、現職の退職金額に差が出たり、ボーナスがもらえなかったりすることもあります。

2:ローン審査が通らなくなる場合もある

転職後、ローン審査が通らなくなる場合もあります。一般的にローン審査が下りるのは、勤続年数が2〜3年経過してからと言われています。車の購入などを検討している方は、転職の時期は慎重に選ぶようにしましょう。

3:年下が上司になる場合もある

転職先の上司が年下の場合があります。実力のある人がポジションが上になるのは当たり前ですが、頭では理解していても気持ちの上では複雑な思いを抱えるでしょう。これまでの自分の経歴や年齢は、最初はリセットされると考えて仕事をする謙虚さが必要です。

4:転職先の制度をすべて利用できない可能性がある

保育園のお迎えが必要な場合、時短勤務を利用する方が多いですが、転職直後は利用できない場合があります。

子どもが3歳までは時短制度を設ける義務がありますが、会社が従業員代表者と労使協定を締結している場合に限り、入社1年未満の人を時短勤務の対象外とすることができるのです。

このように、転職先の制度を転職後に全て使えない場合があるのでよく確認する必要があります。

会社が従業員代表者と労使協定を締結している場合に限り、「入社1年未満の人を時短勤務の対象外」とすることができるのです。

出典: https://www.realme-career.com/articles/4568 |

5:何かを得たら何かを失う可能性がある

転職をすることで得られるものがあれば失うものもある現実を受け止めた上で、転職を考える必要があります。希望する仕事に転職できたとしても、これまでの人間関係がなくなり、新しい会社で1から作り上げなければなりません。

また、新卒ではないので丁寧な研修はないと考えた方が良く、新しい会社でのやり方を自分で進んで覚える必要があります。

転職すべきか悩む時は良く考えよう

転職に悩む理由や、転職すべきだと判断するタイミングについて紹介しましたが、今後のライフプランを考える上で参考になったのではないでしょうか。

転職にはメリットもあれば、デメリットもあります。今後転職をしたいと考え悩む時には、この記事で読んだことを思い出し、より良い条件で転職できるよう検討すしましょう。

Bnr bottom 01 4
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説