転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

時間も労力も割いて転職したのに、前職と同じような不満が生まれてしまうのは転職先の選び方に失敗したと言わざるを得ないでしょう。本記事では、転職先でのミスマッチを防ぐために会社選びで気をつけるべき5つのポイントについて紹介していきます。

転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント

転職できればどこでもいいという考えはNG

現職への不満から「転職できればどこでもいい」という考えは、転職に失敗する未来しか浮かばずNGでしょう。深く考えず転職先を決めると、仕事を選ぶときに重視する軸がないためまた同じ壁にぶつかり、転職を繰り返しがちです。

どのような会社でも良い面もあれば悪い面もあり、その内容によって自分とマッチするかも異なります。見抜けなければ延々と仕事にストレスを抱えることになるでしょう。

そこで今回は、転職先でのミスマッチを防ぐために会社選びで気をつけるべき5つのポイントについて紹介していきます。転職を成功させたい方は参考にしてみてください。

正しい転職先の選び方

正しい転職先の選び方としては、転職先の仕事内容を把握する・転職先をイメージだけで決めない・一緒に働く人のクオリティーを見る・条件だけで転職先を決めない・会社の業績を見る、など、気を付けるべきポイントがあります。

これらを実践することによって、大きなミスマッチを防げるはずです。目先の条件や情報に惑わされず、転職希望先の状況について冷静に分析することから始めてください。

1:転職先の仕事内容を把握する

現職でやりたくないと感じている仕事内容があった場合、次に就職する会社では仕事内容を選びたいと思うでしょう。しかし、転職への焦りからか、きちんと仕事内容をチェックせずに応募してしまった、というケースは少なくありません。

転職先の仕事内容を把握することで、大きなミスマッチを防げるため、自分が望まない仕事や向いていないと思う内容が書かれていないか確認しましょう。

2:転職先をイメージだけで決めない

「大手で安定していそう」「最近名が知れてきて勢いがありそう」「明るい社風そう」など、転職先をイメージだけで決めるのは危険です。実際にイメージと違ったとき、ギャップに落胆し、また転職したくなる未来が目に浮かびます。

イメージだけでなく、現職をやめたい理由から希望の条件や自分が納得して働けるかを考えて企業を選ぶことで、転職先でのミスマッチを防げるでしょう。

3:一緒に働く人のクオリティーを見る

働きやすさとして、職場の雰囲気も重要なポイントです。一緒に働く人のクオリティーというのは、職場の人の質であり、その質に自分は適しているかということです。

例えば、優秀な人と気軽に意見交換し、切磋琢磨しながら成長していける環境にあるか、社員がそれぞれ目的意識を持ち、資格取得など目指す上昇志向の雰囲気があるか、などが一緒に働く人のクオリティーに関わってくる部分です。

4:条件だけで転職先を決めない

条件も大切ですが、条件だけで転職先を選ぶと肝心な仕事内容が楽しくないことがあり、失敗しやすいです。例えば、給与面、年間休日日数や残業時間、福利厚生、通勤時間などの条件です。

いくら希望の条件を満たしても、「仕事が辛い」と感じればモチベーションが保てず生産性は低下、その働きぶりから給料が上がらず、最悪左遷されるケースも浮上します。

5:会社の業績を見る

転職先の選び方として、売上高、利益が安定的に伸びている会社をおすすめします。業績が継続的に上向きであれば、雇用が保証され、給料アップも見込めます。期待値が高い転職になるでしょう。業績の良い会社は、会社の雰囲気も明るく活気があり、居心地が良いものです。

転職先でのミスマッチを防ぐ方法

転職先でのミスマッチを防ぐには、転職先をなるべく知るようにすることや、面接で具体的な仕事内容などを質問するなど、自分なりに手を尽くすことが大切です。転職を成功させるためにも、これらの方法は試してみてください。

1:転職先をなるべく知るようにする

転職活動が面倒になってしまうと、「どうせ時間を使って会社のことを調べても落ちるかもしれないし」という気持ちから、徐々に受ける企業調べも適当になりがちです。しかし、これから先働く会社のことを知らずに、転職が成功するはずはありません。

転職先でのミスマッチを防ぐために、転職先の情報集めには力を入れるべきです。転職クチコミサイトや、SNSでその企業について発信している人がいないか調べておきましょう。

転職エージェントを利用している場合は、外に出していないような企業情報を保有していることもあるため、気になったことはキャリアドバイザーに質問しておきましょう。

2:面接で具体的な仕事内容などを質問する

仕事内容の把握は求人票に書かれている内容だけでは、把握しきれないため、面接で具体的な仕事内容を質問することは大切です。

面接官としては質問されなければ、求人に書いた内容で納得していると受け取ります。具体的な仕事のイメージが掴めないまま転職してしまうと、思い描いた仕事ができない結果につながります。

転職先の選び方の失敗事例

「前の会社にいたほうが良かった」「以前の会社に戻りたい」と感じることになれば、その転職は失敗です。転職先の選び方を疎かにすると、転職自体後悔することにつながりかねません。

そうならないためにも、これから紹介する転職先の選び方の失敗事例を参考にしてみてください。転職先の選び方の失敗事例には、求人内容と実際が異なっていた・会社のイメージが違った・給与などの待遇が想定と違った、などのケースがあります。

1:求人内容と実際が異なっていた

転職先の選び方の失敗事例として、求人内容と実際の仕事内容が異なっていることです。例えば、ディレクターの募集で転職したのに前職と同じグラフィックデザイナーの仕事を求められた、ルート営業という内容だったのに、新規顧客開拓営業でノルマが厳しかった、などです。

求人内容を作っているのがその会社の人事であれば、実際の現場状況を理解できておらず、このような失敗事例が生まれやすい状況が考えられます。転職者が悪いわけではありませんが、面接において業務内容を細かく聞いて事実確認するのも有効な手段です。

2:会社のイメージが違った

正しい転職先の選び方でも伝えましたが、転職先をイメージで選ぶのは危険です。例えば、ベンチャー企業なので自発的に仕事ができ、権限もすぐに与えられると思ったが、実際は自分の意見が言いにくく、それなりの年数働かなければ権限も与えられない会社だったというケースです。

自分で感じたイメージを信じてしまい、事実確認を怠るとこのような失敗に陥ります。実際に会社が外に見せているイメージと組織内での雰囲気が違うことは珍しくありません。

人事は、多くの優秀な人材に応募してほしいために会社の良いイメージを強調して求人広告に出していきます。残業が多く肉体的に大変な仕事でも「やりがいがあります」「本気で仕事に取り組みたい方募集」など、やる気を刺激する方向で書かれることは多いでしょう。

また、知人から紹介されて転職するリファラル採用でも、知人が働いているので働きやすいイメージがあったが自分には合わなかった、という失敗事例もあります。知人と自分は別の人間なので求める環境の違いがあるのは当然です。

3:給与などの待遇が想定と違った

給与などの待遇が想定と違うというのは、「インセンティブ報酬に惹かれて入社したが、結果を残しても1,000円しか昇給しなかった」「最初の1カ月は試用期間でその後正社員雇用する条件で入社したが、1カ月たっても契約社員のままだった」などです。

給与などの待遇が想定と違うと、不満につながり、転職したい気持ちが膨らんでいきます。転職したのに、これでは振り出しに戻ってしまうようです。

転職先はミスマッチを減らせるような選び方をしよう

転職先でのミスマッチを防ぐために会社選びで気をつけるべき5つのポイントについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

転職先の選び方を間違えていると、何度も転職する可能性が上がってしまいます。転職先の選び方を間違えないためには、転職先でミスマッチを極力防ぐ努力が必要です。

自分の転職理由を確認し、転職先の仕事内容や業績、共に働く人のクオリティーを把握するなど、ミスマッチを減らせるような選び方をしましょう。

Bnr bottom 01 3
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説