転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職で後悔しないための方法や転職して後悔する時の代表的な要因をそれぞれ具体的に説明しています。また、後悔のある転職をしてしまった時にすべき対処法についても具体的に説明しています。転職を考えている人は勿論、これから就活に臨む学生にも向けた記事です。

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?

転職で後悔をしないためには、会社の事だけではなく自分自身に対する綿密なリサーチが必要不可欠になります。

報酬や休日等の福利厚生、実際に携わる事が出来る業務内容だけでなく、人間関係や社風等の抽象的な事柄に対しても、自分の性格や価値観にマッチするか、リサーチが必要です。

もしこれらの事柄を疎かにした場合、転職を後悔する事になり、再度の転職活動が必要になる場合もあり得ます。

転職で後悔してしまう要因4つ

転職で後悔してしまう要因としては、労働条件や仕事内容への不満等の要因が例としてあげられます。

労働条件や社風のミスマッチは比較的簡単に事前のリサーチで防ぐ事が出来ますが、中には人間関係への不満等、事前のリサーチで防ぐ事が難しい要因もあります。

1:会社の雰囲気が合わない

会社の雰囲気はそこで働く社員の性格によって様々で、新しい事に次々とチャレンジするような挑戦的な社風もあれば、安定志向の保守的な雰囲気の社風もあります。

バリバリと仕事をこなして自分を高めたい人が保守的な社風の会社に行っても馴染めませんし、安定志向の価値観の人が挑戦的な社風の会社に入社しても同様です。

会社の雰囲気が合うかどうかは仕事へのモチベーションにも関係してくるので、給料よりも重視する、という人も多いです。

2:人間関係が悪い

人間関係が悪い職場で仕事をするのはとても辛い事で、しかも事前にリサーチする事がとても難しい事柄です。

直属の上司と人間的に合わなかった場合、仕事へのモチベーションを維持するのは非常に難しくなりますし、ひどい場合ですといじめやパワハラの被害者になり精神的なダメージを被る事もあり得ます。

完全に防ぐ事は難しいですが、面談の場での面接官や経営者と直に話す事で会社にはどのような気質の社員が多いかを予測する事が出来ます。

3:労働条件が悪い

予め転職サイトやエージェントを通して労働条件は確認したはずなのに、給料や労働時間等の労働条件の悪さ故に転職に後悔している、という人は多いです。

これは、転職サイトやエージェントから見せられた求人票には報酬や労働時間の細かい内訳が書かれていないからで、内定後に入社予定の企業から発行される労働条件通知書をよく確認する必要があります。

例えば、基本給の中に見込み残業の残業代が含まれているか、資格手当はどの位貰えるか等の点を確認すべきです。

4:思っていた仕事と違う

転職先の会社での仕事が思っていた物と違った、というのも転職してから後悔する要因の一つです。

例えば経理として入社したはずが、経理の仕事よりも営業事務や人事の仕事の量の方が圧倒的に多い、等です。技術系の仕事でも、Javaのエンジニアとして入社したはずが、エンジニアの工数管理やデータベースの調整ばかりやらされる、という事があります。

これを防ぐには、面接の場で業務内容や必要なスキルについて細かく質問して、仕事内容の認識を会社側とすり合わせる必要があります。

転職で後悔しないための7つのコツ

転職という行為は昔ほどタブーではなくなったとはいえ、ある程度リスクがある行動でもあるので、転職して後悔しないためには事前の準備が必要です。

会社や自己分析は勿論、時には本当に転職すべきなのか、今の会社に留まった方が良いのではないかという事も考える必要があります。

1:退職前に本当に辞めて良いのかを考える

今の会社を退職する前にそもそも今の会社を辞めてよいのかをよく考える事は、後悔しない転職をするために必要不可欠です。

特に昇進を目的に転職をする場合は安易に転職をするのではなく、まずどんなスキルや経験を積めば良いのか、後どの位で昇進出来そうかを逆算して分析すべきです。

昇給を目的にする場合も同様で、どんなスキルや経験を積めば評価して貰えるのかをまず考えるべきですし、加えて会社の財政状況や直近の売上も知っておくべきです。

2:転職先が決まってから退職する

転職活動はそもそもある程度長引くのが当たり前なので、転職先が見つかってから退職をするのが賢い方法です。

転職先が見つからないうちに退職をしてしまうとアルバイトをしながらの転職活動をする羽目になり、収入が大きく減るだけでなく、心身への負担もかなり大きい物になってしまいます。

また下手に業務経歴に空白が出来てしまうと、仕事の勘も鈍ってしまいますし、キャリア全体にも悪い影響を与えます。

3:転職先の企業研究をしっかりと行う

転職先がどのような企業なのかを調査しないと自分に合う企業かどうかわからないため、企業研究は転職において必要不可欠です。

福利厚生や仕事の内容を調査するだけでなく、転職先の企業が属する業界や、転職先の企業の業界シェアについても調べる事で、より自分に合った企業が見つけやすくなります。

4:転職先で自分が得たいものを明確にしておく

大した理由もなく、単なる飽きやその時代の流行を理由にしていては内定を得る事は出来ませんし、自分に合った転職先を見つける事は猶更難しいです。

転職の目的が給与のアップなのか、それともスキルアップなのかを明確にしておく必要がありますし、既に所属している会社ではその目的を果たす事が出来ないのか、という点についても明確にしておく必要があります。

5:面接の際に会社の雰囲気を見ておく

面接は会社の雰囲気を肌で感じる事が出来る貴重な機会なので、有効に活用する事で満足出来る転職先を見つける事が出来ます。

面接では受験者側が会社に対して質問する時間が設けられているのが一般的なので、一日のスケジュールや社員の平均年齢等を質問すると良いです。

一日のスケジュールを質問する事で仕事のやり方等がイメージ出来ますし、平均年齢を質問する事で自分がどのように振舞うべきか等の事がイメージ出来ます。

6:転職先での仕事の内容や待遇面を確認する

仕事内容が自分にあった物でないとその会社で活躍するのは難しいですし、そもそもモチベーションを保つ事すら難しくなります。

仕事の内容を確認する場合、面接で質問する事や転職サイト等で調査する事は勿論、もしその会社に知り合いがいるのであればその人に裏でこっそり聞いておく、等の行動を取るべきです。

7:転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーと面談する事で転職に対する目的がより明確になり、後悔の無い転職が出来る可能性が上がります。

転職エージェントは大量の求人情報を保持していますので、それだけ自分に合った企業を見つけやすくなりますし、模擬面接等を行う事も出来るので面接の通過率も上げる事が出来ます。

転職での後悔への対処法5つ

どんなに綿密に準備しても絶対に成功するという事はあり得ないので、時には後悔してしまう転職をする事もあるでしょう。

後悔のある転職をしたとしても、また安易に転職活動をしていてはキャリアに傷がつきますし、年収も上がりにくくなってしまいます。

現状を細かく分析したり他人に相談する事で解決出来る可能性もあるので、まずは冷静になって良く考える事が重要です。

1:自分に非があるかどうかを考える

転職に後悔した場合、まず自分に非があるかどうかを分析する事が重要で、その分析結果に合わせた対応策を取るべきです。

直属の上司から容赦のないパワハラを受けた、等の対応のしようがない理由なのか、それとも思っていた仕事と違う、等の自らの準備不足が招いた結果なのかを分析する必要があります。

2:改善策がないかを考える

転職に後悔した原因判明したら、その原因が対処可能な物なのかを判断するためにも、具体的な改善策を考える必要があります。

例えば残業の多さが後悔の原因である場合、自分の仕事のやり方に原因がある場合も考えられるので、タスクの優先順位を考え直したり、オフィスのソフトを有効活用する事で解決出来る可能性があります。

むやみに転職活動を再開して次の転職先を探すよりも、ずっと安全かつ建設的に問題を解決出来ます。

3:友達や家族に相談する

転職で後悔した場合、自分に非が無いか等を分析する必要がありますが、友達や家族に相談する事で第三者からの意見が聞け、更に確度の高い分析を行う事が出来ます。

自分に非が無いと思っていても実際の所は自分に大いに非がある、というのはよくある話で、そのような事柄を気づかせてくれるのが、友達や家族などの第三者からの助言になります。

4:待遇に関する問題の場合

もし給与等の待遇に対して不満がある場合、まず上司や人事部に相談をするのが良い対処方法になります。

どちらに非があるかをはっきりさせることが出来、それによって対応方法をはっきりさせる事が出来ます。

待遇に関して上司や人事部に相談する場合、謙虚且つ礼儀正しい態度で臨むべきで、決して傲慢な態度を取ってはいけません。

5:仕事の内容に関する問題の場合

仕事の内容に不満がある場合も、まずは上司や人事部に相談して対応策を練るのが良い対処方法です。

より自分のやりたい仕事が出来る部署に配属し直して貰える可能性もありますし、仕事の振り方を変えて貰える可能性もあります。

仕事の内容を相談する時は、どこまでは我慢できるかを明確にする必要がありますし、時には妥協する事も重要です。

後悔しない転職をしよう

どんな理由であれ、転職をするには事前の入念な準備が必要で、それを怠ってしまうと後悔の残る転職をしてしまいます。

しかし、きちんと自己分析や企業研究を怠らずに転職活動をした場合、不満の解消や願望を転職によって成し遂げる事が出来ます。

Bnr bottom 01 3
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説