転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

本記事では、転職が不安や勇気を出すための3つの方法、退職を決めたらやるべきことについてなど紹介していきます。転職は勇気がいるものですが、現状を大きく変える意味では大切な行動です。自分の将来に大きく関わるため、転職したい理由を明確にして転職を成功させましょう。

転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと

転職を迷っていて勇気が出ない?

転職を迷っていて勇気が出ないときは、転職に不安を感じている状況にあると考えられます。実際に、転職したからといって必ずしも希望通りの状況になるとは限らず、今よりもストレスを感じる状況が待ち受けているかもしれません。

しかし、転職への不安から行動を起こすことを躊躇して不満を抱える日々を過ごしていても、気持ちは晴れないでしょう。本記事では、転職に対して勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきことについて紹介していきます。転職を迷っている方は参考にしてみてください。

初めてのことはなかなか勇気が出ないことは普通

今勤めている会社に不満を抱えて職場を変えたくなっても、転職経験がない場合は特に、初めてのことなので勇気が出ないことは普通です。

むしろ何も不安を感じず、思うがまま行動するよりも「本当に行動(転職活動)していいのか」と立ち止まって考えるほうが、慎重な行動がとれるため、リスクの少ない人生を歩めるでしょう。

転職したい理由を明確にする

転職したい理由がはっきりしないことも、転職が不安になる理由に関係しているでしょう。転職したい理由を明確にする場合は、現職を辞めたい理由や転職できないと解決できないのか考える必要があります。

現職を辞めたい理由

現職を辞めたい理由が明確であれば、転職する目的もはっきりするため、ゴールとしてどのような会社に転職すればいいかも見えてきます。

逆に「仕事が楽しくない」「毎日が億劫なので変化を与えたい」など漠然とした理由では、転職後も同じ気持ちになれば、また転職したい気持ちが湧いてくる可能性は高いでしょう。同じことを繰り返さないためにも、現職で辞めたい理由ははっきりさせておくべきです。

転職しないと解決できないのか

現職を辞めたい理由がわかったところで、転職しないとその問題は解決しないのかについても考えましょう。

例えば、自分の強みを活かせていない、覚えないといけないことが多くて大変、という場合は努力によって転職せずに改善できる内容もあります。

しかし、ボーナスがない会社なので収入を増やしたい、会社の残業体質から逃れたい、などの問題であれば転職先をしっかり選ぶことで解決する問題でしょう。

転職する勇気を持つための3つの方法

転職を決意するために自分を奮い立たせるには、不安な気持ちを乗り越える必要があります。次は、転職する勇気を持つための3つの方法について紹介していきます。不安な気持ちを少しでも払拭するために参考にしてみてください。

転職する勇気を持つための方法には、知人や家族に相談する・転職エージェントを利用する・時間を確保してじっくりと考える、などがあります。

1:知人や家族に相談する

自分の性格を良く知っている知人や家族など身近な相手であれば、親身になってくれるはずです。

転職したい理由を聞いて疑問を感じれば「そんな甘い考えではどこの会社に行っても同じだ」「考え直すべきだ」と厳しいことを言われてしまうかもしれませんが、それは親身になってくれているからこその言葉です。

2:転職エージェントを利用する

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習など、さまざまなサポート体制が用意されています。不安に感じたことを伝えれば、その内容に対して応えてくれるので、一人で転職活動するよりも安心感を得られるでしょう。

面接の日程調整や入社時期、給与の交渉なども代行してくれるので、言いにくいことも転職エージェントのキャリアアドバイザーを通して企業側に伝えやすいメリットもあります。

自分の希望を転職先に通せるか不安を感じている方は特に、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

3:時間を確保してじっくりと考える

何かと急いで決めてしまうと、用意できていないことばかりで不安感が強くなります。転職では、自己分析や履歴書・職務経歴書など書類作成が必要です。退職するために、周りに迷惑をかけないタイミングも考えたほうが良いでしょう。

今、会社に勤め続けた場合と転職した場合のメリット・デメリットを考えたり、転職に関して計画を立てたりするためにも、転職活動を始める前に時間を確保しておきましょう。

やはり転職したい場合にすべきこと

転職に関して色々と検討し、転職の意志が固まったら、転職活動を始める前にすべきことを確認することは大切です。

転職したい場合にすべきことには、転職活動の計画を立てる・キャリアプランについて考える・退職理由と転職の目的を考える・転職のタイミングを見極める・円満退職を心がける、などがあります。

1:転職活動の計画を立てる

転職は計画通り進まないこともありますが、ある程度目安を持たないと、いつまでたっても自己分析が終わらない、転職の軸が定まらないなど、転職活動がスムーズに進みません。

転職したい場合、いつまでに何をするか、転職を実現する希望日程、いつまでに退職したいか、など転職活動の計画を立てておきましょう。

2:キャリアプランについて考える

キャリアプランの例としては、「3年後は○○のスキルを習得したい、5年後はディレクターになり、10年後はプロデューサーになっていたい」などです。

採用する側としても、上昇志向があり、やる気のある人物を取りたいと考えているため、数年後に分けて、自分の姿を具体的な目標として伝えられるよう事前に考えておくべきでしょう。

面接でもキャリアプランについて質問されることはあり、転職後のミスマッチを防ぐためにも重要な点です。キャリアプランとなぜ転職したいか結び付けられると説得力が増します。

3:退職理由と転職の目的を考える

面接では前職の退職理由は面接でも質問されますし、転職の目的についても志望動機の一部として聞かれるケースは少なくありません。

退職理由が曖昧で転職の目的がないまま、安易な気持ちで転職活動をスタートさせてしまうと、ゴールとして良い企業がわからなくなります。「希望を描いて転職したものの、思っていたのと違った」と後悔する結果が訪れる可能性が高いでしょう。

4:転職のタイミングを見極める

中途採用の求人が出やすい3~4月や9~10月は求人が増えるため、転職のタイミングとしてベストです。ただ、同じように考える転職希望者は多いため、このシーズンはライバルが増える傾向にあります。

また、年齢によって転職に適したタイミングがあります。例えば、25歳は第二新卒ではなくなるでしょう。30歳以上は求められるスキルの要求が上がり、35歳あたりから年齢的な問題で好条件での転職が難しくなってくると言われています。

24歳・29歳・34歳の方で転職を考えている場合は、出来るだけ早く動き出すべきでしょう。人気のある企業の場合は、年齢で足切されるケースも出てきます。

5:円満退職を心がける

転職を決意したのであれば、円満退職を心がけるべきです。これまで働いてきた会社にとっては、あなたが退職することで、職場のモチベーションが落ちないか、業務の負担が発生しないかなど大きな不安があります。

自分の利点のみで、退職しようとすると反感を買う可能性が出てくるでしょう。円満退職すれば精神衛生上的にも良く、退職した会社と協力関係を結べる可能性を残せます。

転職への不安を洗い出してみる

転職に対して勇気が出せない場合、不安な気持ちを紙に書き出すなどして整理しましょう。解決策を調べていけば、不安な気持ちが軽減することもあります。

実際に転職で得るものもあれば失うものもあると言っても過言ではありません。例えば、ローン審査を受ける可能性がある人は、転職時期によってローン審査が不利になるでしょう。新しい職場の人間関係は今以上に上手くいかないことも考えられます。

ローン審査に関しては、しばらくローンの検討はしないことにし、人間関係については入社しないとわからない部分もありますが、転職先をネットで調べて社風などを確認することをおすすめします。

勇気を出して初めの一歩を踏み出してみよう

転職は現在の環境を大きく変えることになるため勇気を出す必要があります。転職するための勇気を出すには、家族や友人に相談するか転職エージェントの利用を検討しましょう。1人で転職の悩みを抱えないためにも、転職のモチベーションを保つ上でも効果的です。

転職を成功させることで仕事に対して前向きになり、キャリアパスも広がることもあるため、勇気を出して初めの一歩を踏み出してみましょう。

Bnr bottom 01 4
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説