SEの転職は難しいといわれる理由とは?ポイントや求められるスキルを解説

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

SE(システムエンジニア)転職についての記事です。SEの仕事内容、SEに転職するメリット、SEとしての転職先、SE転職が難しい理由、SEに転職するときのポイント、SEに求められるスキル、未経験のSE転職についてお話ししています。

SEの転職は難しいといわれる理由とは?ポイントや求められるスキルを解説

SEの仕事内容

SE(システムエンジニア)の仕事は、クライアントの要求から仕様を決定して、大まかな設計をおこなうまでの情報システム開発における上流工程を担当することです。予算や人員・進捗管理など、マネジメント業務も大切な仕事です。

ただし、企業や開発チームによってSEの仕事内容は異なる場合があります。SEが担当する上流工程は要求分析・要件定義、基本設計、詳細設計、テストなどの業務です。

「要求分析・要件定義」とは、クライアントに聞き取りを行い、どのようなシステムをクライアントが求めているのかを確認します。システム開発に必要な期間や費用を算出し、実現する方法を考えます。

「基本設計」では、先ほどの要求分析・要件定義の実現に対して、システムに操作方法などの機能を持たせています。

「詳細設定」では、基本設計で決めた機能を実現可能にする仕組みを設定します。具体的にはプログラマーがプログラミングで作業していきます。

最後にプログラミングで完成されたものが、正確に機能するかを「テスト」します。

SEに転職するメリット

インターネットでSEの転職に関して検索すると、「SE 辞めとけ」「SE 辞めたい」という検索候補が出てくる一方で「SEはおすすめだ」「SEは人気な職業だ」という話もあります。

SEと一括りに言っても、働き方や雇用形態などはさまざまです。SEの主な転職先、SEの転職が難しいと言われる理由、SEに転職する時のポイント、SEに求められる主なスキルについてご紹介します。

SEとしての主な転職先3つ

SEの主な転職先として「社内SE」「SIer」「フリーランス」の3つが挙げられます。どの転職先にもメリットがあります。ここではそれぞれの転職先におけるメリットについてご紹介します。

1:社内SE

社内SEとは、社内の情報システム部門で働く形態を指します。企業によっては自前でシステムを構築していることがあり、そのような会社では社内SEが必要とされています。

社内SEとして働く場合は勤務場所が同じであるため、1つの場所で働けるというメリットがあります。一般的なSEであれば他の会社に出向くことが多いのですが、社内SEの場合はそのようなことがないため比較的残業が少ないことが考えられます。

ただし会社によっては社内SEが社内のシステム保全を兼務している場合があるので、エラーが起きると休日であっても改善のために出社しなければならないこともあります。

2:SIer

SIer(エスアイヤー)とは、クライアントの要望に応じてシステム開発や運用等を請け負うサービス(システムインテグレーション)を提供する企業のことです。全てのシステム開発業務を引き受ける企業です。

SIer企業で働くメリットとしては、自社での開発ノウハウがあるので技術を学習しやすい点が挙げられます。したがって未経験からでも比較的SIerになりやすく、受託開発がメインなので技術を専門的に学べる点も強みだと言えます。

3:フリーランス

フリーランスのメリットは、自由な働き方ができる点にあります。好きな時間に仕事をはじめ、好きな時間に仕事を終わらせられたり、自由に休日を選ぶことができたりします。時間の使い方の自由度が高いのが魅力の1つです。

また、仕事を自分で選べるという点もメリットの1つです。企業で正社員として勤めていると与えられた仕事はやらなければなりません。しかし、フリーランスは自分のやりたい仕事を受注できるようになります。

成功して仕事が軌道に乗れば、会社員として働くよりも高収入を得られる可能性もあります。成功体験で得た自信が仕事にもつながるでしょう。

SEの転職は難しいといわれる理由4つ

ここではSEの転職が難しいと言われる理由についてお話しします。大きく分けると、「人気の職種である」「業務内容が企業ごとに異なる」「年齢によって転職のしやすさが異なる」「スキルの習得が必要」ということが挙げられます。

1:人気の職種である

特に社内SEはとても人気があります。先ほどご紹介した社内SEのメリットに挙げた、決まった勤務場所があること、基本社内勤務であるため比較的残業が少ないことが人気の理由にあります。

2:業務内容が企業ごとに異なる

SEとして転職するにしても、社内SEから社内SEとして転職するのか、社内SEからSIerとして転職するのか、もしくはその反対なのかで転職の難易度も変わります。

先述したように、社内SEは自社のシステムをよりよいものに改善するために、情報システムの企画や立案などを行います。開発よりもそのほかの業務が多いこともあり、IT関連の知識のみならず、自社業務の知識やビジネスの理解が必要です。

一方、SIerのSEは自社システムではなくクライアントシステムを設計・構築します。さらに運用も業務範囲に含まれるため、他の企業知識や業務知識、高いIT技術が必要です。

社内SEからSIer、SIerから社内SEに転職する時には同じSEであっても業務内容は大きく変わります。

さらに同じ社内SE、SIerとして転職した場合であっても、社内SEであれば自社製品や自社システムが企業ごとに違うという点や、SIerも新たにクライアントシステムを学ぶ必要があります。

3:年齢によって転職のしやすさが異なる

一般的に転職活動は、年齢を重ねるにつれて難易度が高くなることが多いです。しかし、SEは多少年齢が高い方でも転職活動が比較的しやすい職種です。

20代のSE転職はアピールできるスキルが少ない人が多いため、スキル面はあまり重視されず未経験OKの求人も多くあります。SEとしての経験やスキルがない人でも比較的転職しやすく、26歳、28歳前後までは第2新卒枠として転職することも可能です。

30歳を超えると大きなプロジェクトを任されることもあります。さらに30代後半になると管理職に近づくため部下や後輩の教育なども任されるようになります。したがって30代でのSE転職では、スキルはもちろんマネジメント能力も重視されるようになります。

40代のSE転職では、より高いスキルを求められるようになります。役職についている40代のSEもいるため、ポテンシャル採用は厳しくなるでしょう。

求人によっては、長期育成を目的として30代までの年齢制限を設けられている場合もあります。しかし、高いスキルを持っていれば40代50代であっても転職することは十分可能です。

4:スキルの習得が必要

SEとして働くには、スキル習得が欠かせません。

具体的に求められるスキルとしては、要件定義や設計・開発テスト、運用・保守といった「開発スキル」のみならず、クライアントからヒアリングする際に求められる「ヒューマンスキル」、システム開発における進捗管理や品質管理などの「マネジメントスキル」などがあります。

SEに転職するときのポイント4つ

ここからは、SEに転職する際のポイントを4つに分けてご説明します。

SE転職を考えている場合、「自身が持つスキルを棚卸する」「入念な企業研究を行う」「キャリアプランを明確にする」「SEの業務内容の広さについて理解する」という対策を事前に行うことが重要です。

以下の4つのポイントを考えておくと履歴書の自己PRや志望動機も作りやすくなるでしょう。

1:自身が持つスキルの棚卸をする

SEの転職を考えるとき、まずは自身の持つスキルの棚卸をしてみましょう。転職したい企業に対してアピールできるポイントは何か、今までどのような仕事をしてきたのか、何を身につけてきたのかなど明確にすることが「過去のスキルの棚卸」です。

自身が携わったプロジェクトの規模やリーダーとして役割を果たした経験、そこで得た専門知識や技術を考えます。またスキルとは実戦経験のみならず取得した資格も含みます。

これらをより具体的に考えておくことで、前の職場の仕事内容や、持っているスキルを企業に伝えやすくなります。

2:入念な企業研究を行う

転職活動を始める際、特に重要なのが企業研究です。まず、転職を希望している会社がどのような会社なのか、業界内での位置づけや競合他社との差別化などの企業理解が不可欠です。

さらに、職員同士の雰囲気や実際に仕事をする職場環境や雰囲気を事前に把握できるとよいでしょう。働いている職員に話を聞けるのが1番ですが、それ以外にも企業のホームページや先輩インタビュー等も参考にできます。

3:キャリアプランを明確にする

SEとしてのキャリアプランを明確にすることも必要です。キャリアプランを明確にするために自己分析を行います。

自身の得意・不得意なこと、現在どのような仕事を任されているのか、今までにどのような成功・失敗をしてきたのかなど現在の自分を分析することにより、今後やりたい仕事や目標が見えてきます。

さらに出てきた目標に対して期間を設けてみるのもよいでしょう。「自分は35歳までに管理職になる」「42歳までにフリーになるために転職先ではこんなスキルを身に付けておきたい」など具体的に想像することにもつながります。

4:SEの業務範囲の広さについて理解する

SEの業務内容は先ほどもお話しした通り、「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」「保守・運用」と多岐に渡ります。それ以外にも自社開発などの業務も場合によっては任されることがあります。

SEに求められる主なスキル4つ

ここからはSEに求められる主なスキルを4つに分けてご紹介します。SEにはITスキルのみならず、「コミュニケーションスキル」「分析力」「開発に関するスキル」「問題解決能力」など様々なスキルが求められています。

なぜSEにそのようなスキルが必要なのか、具体的に説明します。

1:コミュニケーションスキル

SEはクライアントが抱えている課題を解決することが仕事のため、クライアントが何を求めているのか理解できなくてはなりません。相手の話を正確に聞き取る力や自分の仕事を正確に伝えるスキルが必要です。

2:分析力

クライアントから聞き出した要望から課題を分析する力も必要です。クライアントが話していた内容の中から何が課題であるのかを汲み取るスキルがSEに求められる分析力です。

3:開発に関するスキル

SEの仕事の中にはシステム開発もあります。SEはシステムの設計図全体を書くことが仕事ですので、クライアントの要請や開発チームの力量を総合的に判断して、システムを設計・企画しなければなりません。

その過程でシステム開発も付随して求められることがあります。そのような時に対応できるスキルがあれば自身の強みと言えます。

4:問題解決能力

クライアントの話から分析した課題に対して、解決策を導き課題を解決する能力です。突然クライアントから、「今までのシステムにこんな機能を追加してほしい」という要望が来る場合があります。イレギュラーな事態が発生しても冷静かつ的確に対応できるスキルが必要です。

SE未経験でも転職は可能?

SE未経験であっても転職することは可能です。採用の方法として、未経験で最初からSEとして働く、プログラマーとして経験を積んだ後プログラマーになるという方法があります。どちらの方法になるかは企業次第です。

しかし現実的には、プログラマーとして何年か経験を積んでからSEの仕事を任されることが多いです。

SEへの転職について理解しよう

SEのみならずどのような職種でも転職は労力がかかります。ですが決して不可能なことではないので、今回ご紹介したSE転職のポイントや求められるスキルを磨きながらSE転職にトライしてみてください。

Bnr bottom 01 3
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説