面接のNGワード対策のポイントは「企業目線」|面接NGワード対策5選

初回公開日:2020年11月04日

更新日:2020年10月14日

記載されている内容は2020年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

面接のNGワード対策のポイントは「企業目線」です。就活における面接ではいくつものNGワードがあり、その大半は自分本位な考え方に基づくものになります。大切なのは面接官が何を求めているかを理解することです。つまり、企業目線で回答することを心がけましょう。

面接のNGワード対策のポイントは「企業目線」|面接NGワード対策5選

気づかずに使ってない?面接のNGワード

面接のNGワードを気づかずに使っていると、思わぬ低評価につながることがあります。自分では上手くできたと思っていても、「不採用」となった場合、NGワードを使っていることも少なくありません。

選考の総仕上げともいえる面接では内容はもちろん、NGワードに注意することが重要になります。ただし、面接のNGワードにはわかりにくいものがあるのも事実です。そこで、面接でのNGワードについて対策別に紹介します。

面接の受け答えは「企業目線」になって考える

面接の受け答えは「企業面接」になって考えることが大切です。このことは、新卒であっても転職であっても変わりありません。兎角、就活の面接では自己アピールに終始しがちになります。これは民間企業でも公務員でも同じです。

しかし、面接官は自己アピールを聞きたいのではありません。就活生が自社の求める人材であるか否かを見極めるのが目的です。したがって、就活生は「企業目線」になってNGワードを考えることが重要だといえるでしょう。

面接NGワード対策5選

面接でのNGワードはその内容によって、5つの対策に分別できます。面接でのNGワードを個々に対策するのでは、整理ができなくなり非常に非効率的です。

適切に対策するには、体系的に「なぜNGなのか」を理解することが大切だといえます。面接でのNGワードは、その理由によって5つに分類することが可能です。そこで、対策別に面接NGワードを考えてみましょう。

面接NGワード対策1:受け身すぎる志望動機には積極性をプラス

受け身すぎる志望動機には積極性をプラスしましょう。面接官は就活生の就職に対する熱意、志望度の高さを見たいと考えています。しかし、就活生の中には受け身すぎる志望動機を述べる人も少なくありません。

この傾向は大学生よりも、専門学校や高校からの就活生に多くみられます。謙虚さをアピールしているとも取れますが、面接官には響きません。そこで具体例別に受け身すぎる志望動機について考えてみましょう。

「会社の将来性に魅力を感じた」

「会社の将来性に魅力を感じた」では積極性をアピールすることができません。「会社の将来性」というワードは、企業に対する称賛を表しています。しかし、就活生自身のアピールには全く繋がっていません。

面接官は企業に貢献できる人材を探しています。したがって、単に「会社の将来性」を称賛するのではなく、「将来性豊かな御社において、私は○○で貢献したい。」と続けると良いでしょう。

「自分自身を成長させてくれると感じた」

「自分自身を成長させてくれると感じた」では、面接官の心に響きません。人材を成長させるのは企業の役目ですが、企業は学ぶ場所ではなく仕事をする場所です。

自分を成長させるのは自分自身であり、受け身に感じられる発言はNGワードになります。「成長」についてアピールするなら、自ら学んでいることを述べましょう。話法としては「〇〇業務に活かすため、○○について学んでいるところです」となります。

「キャリアアドバイザーから紹介された」

「キャリアアドバイザーから紹介された」は、面接官の心証を悪くするNGワードです。面接官は就活生の自社に対する熱意、入社意欲を見極めたいと感じています。

ところが「~紹介された」だと、就活生の想いは全く見えません。そこで「キャリアアドバイザーから紹介され、御社の○○を研究するうちに興味を抱くようになりました」とすると、熱意や入社意欲が伝わります。

「誰かの役に立ちたい」

「誰かの役に立ちたい」では企業の志望動機にはなりません。仕事をしていく上で、多くの人が「誰かの役に立ちたい」と思うものです。しかし、志望した企業でなくとも、誰かの役に立つ仕事はできます。

面接官に響くものにするなら、志望する企業ならではの特徴を持ち込むことが大切です。話法としては「御社の○○業務に携わることで、社会に貢献したいと考えています」となります。

「仕事をして感謝されたい」

「仕事して感謝されたい」では、志望企業に対する熱意や入社意欲が感じられません。仕事をして感謝されることは、働く者にとって大きな喜びとなります。

しかし、世の中の大半の仕事が誰かに感謝されるものであり、志望する企業を選んだ理由とはなりません。感謝をキーワードとするなら「御社の〇〇事業に参加することで、多くの人々に感謝されたいと考えています」となります。

面接NGワード対策2:自分本位な志望動機はNG

自分本位な志望動機とならないよう注意しましょう。面接官は長く会社に貢献してくれる人材を見極めています。もちろん、就活生の中には将来の充実を見据えて企業を選ぶのが通例です。

しかし、あまりにも自分本位な志望動機だと、面接官の心には響きません。企業目線での志望動機にすることが大切です。ここでは、自分本位な志望動機の例と、別の言い方について解説します。

「~が好きだから」

「~が好きだから」は志望動機としては適切ではありません。志望する企業の商品やサービスを好きになることは、とても大切なことです。しかし、「~が好きだから」といった理由で志望動機とするのは具体性に欠けます。

あくまでも「きっかけ」に止めておくのが無難です。話法としては「御社の○○サービスを好気になったことが、○○業界に興味をもったきっかけです」とします。ここから、具体的な志望動機につなげると良いでしょう。

「福利厚生が魅力的だから」

「福利厚生が魅力的だから」を面接で述べるのは得策ではありません。働き方が多様化する中で、企業を選んだ理由に福利厚生を挙げる人が多くなりました。しかし志望動機にするには自分本位だと思われがちです。

そこで「社員のESを向上させる上で、福利厚生の充実は不可欠です」とします。さらに「御社の福利厚生制度は業界でも有名であり、社員を大切にする企業風土に共感いたしました」と続けると良いでしょう。

「将来独立するためにキャリアアップしたいから」

「将来独立するためにキャリアアップしたいから」が志望動機だと、企業にメリットはありません。企業は自社に貢献してくれる人材こそ、優秀な人材です。

ところが、面接の時点で既に独立を考えている就活生だと、企業への長期的な貢献が望めません。そこで「御社は自分の実力を十分に発揮できる、職場環境が整っていると思います」とします。続けて「現状に甘んじることなく、更に精進して参ります。」とすると良いでしょう。

面接NGワード対策3:自己PRで短所をさらけ出さない

面接は自己PRの場ですが、NGワードを使えば短所をさらけ出すことになりかねません。面接官は様々な角度から、就活生の人となりを見極めようとしています。

自己PRを質問するのもその一つです。しかし、就活生がその主旨を勘違いしていると、良かれと思った発言が低評価につながるといえるでしょう。そこで、自己PRで短所をさらし出す結果となる、NGワードを紹介します。

「さまざまな経験をしてきた」

「さまざまな経験をしてきた」では、有効な自己PRにはなりません。自らの経験を自己PRとして述べる就活生は多くいます。しかし、その経験がどのように自分の強みにつながっているのかが明確でなければ、高評価にはつながりません。

経験を自己PRするなら「○○経験を通じて、逆境にも前向きに立ち向かえる精神力を養うことができました」とします。続けて、仕事を行う上で自分の強みになることを結論付けると良いでしょう。

「縁の下の力持ちタイプ」

「縁の下の力持ちタイプ」は、自己PRとしては適切ではありません。企業が就活生に求めるのは、いわゆる「サブリーダータイプ」「参謀タイプ」ではないことを理解しましょう。

チームの中心となって活躍する「リーダータイプ」が求められるのが実情です。したがって「課題をしっかかりと発見・分析できることが強みです」と言い換えると良いでしょう。

「自分は〇〇を務めていた」

「自分は○○を務めていた」は、アピールの仕方を注意する必要があります。自分の実績をアピールすること自体は、悪いことではありません。しかし、志望する企業での業務内容や、入社後の活躍に無関係のものだと考えものです。

話法としては「私は大学時代のサークルでは○○を務めていました」とします。続けて「この経験を活かしてチームの中心的な存在となれるよう努力する心構えでいます」と結論付けましょう。

「コミュニケーションに長けている」

「コミュニケーション力に長けている」は的外れな自己PRです。そもそも就活における選考面接は、就活生のコミュニケーション力を見極める場でもあります。したがって、敢えてコミュニケーション力をアピールしても面接官には響きません。

したがって、コミュニケーション力をアピールするには、少し工夫が必要です。例えば「物事を論理的にわかりやすく伝える力が強みです」とすれば、具体的で面接官にもアピールできるでしょう。

「どんな仕事でもやります」

「どんな仕事でもやります」では熱意や積極性は伝わりません。熱意や積極性どころか、「主体性がない」「受け身だ」と受け取られるでしょう。面接官が求める熱意や積極性は「主体性」「具体性」の伴ったものです。

熱意や積極性を伝えるなら「○○の業務に携わりたい」「○○の仕事がしたい」とします。加えて、やりたい仕事を実現するために努力していることを加えると良いでしょう。

面接NGワード対策4:やりたい仕事を聞かれたのに「やりたくない」仕事について話すのはNG

就活の面接ではやりたい仕事を聞かれているのに「やりたくない」仕事を話すのはNGワードです。就活生の中には、素直に自分の希望を述べる人がいます。しかし、面接は自分の強みをアピールする場面です。

面接官は就活生の熱意ややる気を見極めたいと考えています。ところが、自分のやりたくない仕事や希望ばかりを述べると、マイナス評価となるのは必然です。そこで、「やりたくない仕事」にあたる具体例について説明します。

「~はしたくない」

ストレートに「~はしたくない」はNGワードとなります。志望企業であっても、自分が希望しない職種はあるものです。しかし、入社前から希望しない職種を伝えるのは「消極的」「扱いにくい」と見なされます。

どうしても希望しない職種がある場合は、自らの適性をもって伝えると良いでしょう。話法としては「事務職の〇〇は自分の適性に合っていないと感じています」となります。

「残業の少ない部署がいいです」

「残業が少ない部署がいいです」は、積極性がないと見なされるNGワードです。働き方改革が推進される現状において、長時間労働の是正は社会的要請だといえます。

しかし、選考面接は労働条件に対する希望を述べる場ではないことを理解しておきましょう。入社後の働き方を述べるなら「入社後は意欲的に働くためにも、ワークライフバランスも大切にしたいと考えています」程度に止めておくのが得策です。

「転勤はできません」

「転勤はできません」とストレートに拒否する表現はNGワードです。家庭の事情などで、転勤が難しい状況もあるでしょう。しかし、面接の場で何も理由を告げず「転勤はできません」とするのは好ましくありません。

話法としては「○○といった状況にあり、遠方への転勤は難しい状況にあります」としましょう。どうしても転勤できない事情がある場合、募集要項で「転勤なし」とする企業を選ぶのが無難です。

「プライベートを重視したい」

「プライベートを重視したい」とするのは、仕事に対する意欲を問われるので答え方を工夫しましょう。就活の面接において、プライベートについて問われることも少なくありません。

このときストレートに「プライベートを重視したい」とするのはNGワードです。例えプライベートであっても、仕事に結びつく回答にしましょう。話法としては「意欲的に仕事をすることでプライベートも充実すると考えています」となります。

面接NGワード対策5:口癖に気をつける

就活の面接では、口癖もNGワードになる場合があります。面接の場面では緊張のあまり、口癖が出てしまう人が多いのが実情です。しかし、自分では気づかなくとも、相手からすれば耳障りになることも少なくありません。

したがって、面接に向けて口癖は徹底的に矯正しておくことが得策です。そこで、面接NGワードとなる口癖について紹介します。

「えー」「あのー」

ついつい発してしまう「えー」「あのー」はNGワードです。「えー」「あのー」が多いと発言が間延びしてしまい、本当に伝えたいことが伝わりません。

回答に行き詰まった際にも出やすいNGワードですが、「はい」に言い換えるとスムーズです。ついつい発してしまうNGワードなので、日頃から使わないよう意識しましょう。

「~っす」

若い男性に多い「~っす」は、品格を問われるNGワードです。語尾に「~っす」となるのは、体育会系の男性に多い口癖だといえます。「~です」とするところ、「~っす」となるものですが、耳障りの良いものではありません。

特に緊張する面接の場面では、早口となって「~です」と言ったつもりが「~っす」となることもあります。矯正するには日頃から、語尾まで落ち着いて話すことを心がけることが大切です。

「うん」「うんうん」

「うん」「うんうん」は幼稚なイメージを与えるNGワードです。就活における面接では、あいづちを打つ場面が多くあります。このとき「うん」「うんうん」とあいづちを打つと、非常に幼稚なイメージを与えかねません。

社会人であるなら「はい」「えぇ」とするのが適切なあいづちです。また、あいづちがオーバーアクションとなる人も良い印象を与えません。落ち着いたあいづちとなるよう、日頃から心がけましょう。

「なるほど」

面接の場面で「なるほど」は適切な言葉ではありません。普段、何気なく使うことが多い「なるほど」は、目上の人が使う言葉です。したがって、就活生が面接官に「なるほど」と使うのは、ビジネスマナーに反します。

また、「なるほどですね」も同様にNGワードです。「なるほど」の代わりとなるのは「わかりました」「はい」となります。文節によって適切に使い分けることを心がけましょう。

「了解です」

「了解です」はビジネスマナーに反するNGワードです。口癖となっている人も多い「了解です」は、目上の人に使う言葉ではありません。目上の人が目下の人に使うのが適切であり、面接ではNGワードです。

了解したことを目上の人に伝えるには「承知しました」「かしこまりました」が正しい敬語になります。面接ではビジネスマナーも問われることから、敬語を正しく使うことが必須です。

逆質問で気をつけたいNGワード

面接では逆質問をする場面もありますが、内容によってはNGワードとなることがあります。NGワードとなるのは、質問の意図や目的が不明確なもの、面接の場面にふさわしくないものです。

面接は就活生の人となりをアピールする場面であることを忘れてはなりません。的外れは逆質問は、面接官にマイナスなイメージを与えることになりますから注意しましょう。そこで、逆質問で気をつけたいNGワードを解説します。

自分の不安を解消するための質問はNG

就活の面接において、自分の不安を解消するための質問はNGです。就職する前には、多かれ少なかれ不安があるのは致し方ありません。しかし、面接では仕事に対する意欲を表す場です。

自分の不安を解消するための仕事ばかりだと、面接官に悪い印象を与えます。面接で逆質問する際には、前向きな姿勢を表せる質問となるよう注意しましょう。ここでは、NGワードとなる、自分の不安を解消するための質問例を紹介します。

「賞与はいくらですか?」

「賞与はいくらですか?」は就活における面接では、避けた方が無難な質問です。就職するにあたって、賞与は気になるポイントだといえるでしょう。

しかし、入社前から賞与について尋ねるのは好ましくありません。敢えて逆質問するとすれば、「実績によって賞与に大きく影響するでしょうか」程度に止めておくのが得策です。

「勤務時間はどれくらいですか?」

「勤務時間はどれくらいですか?」は、仕事に対する熱意を疑われるNGワードです。日々の勤務時間は、ライフスタイルにも関わるだけに、不安視する就活生も少なくありません。

しかし、多くの企業では長時間労働の是正に取り組んでおり、勤務時間は減少傾向です。言い換えるなら「1日の業務の流れを教えてください」となります。1日の業務の流れがわかれば、必然的に勤務時間がわかるでしょう。

「休日出勤はありますか?」

就活の面接では「休日出勤はありますか?」もNGワードです。常態的に休日出勤が続く会社はほとんどありません。しかし、繁忙期ともなれば三六協定の範囲内で、休日出勤となる会社があるのが実情です。

したがって、休日出勤の有無を聞くことは、仕事に対する熱意を疑われることにもなりかねません。言い換えるなら「1年のうち最繁忙期はいつ頃でしょう」程度で止めておきましょう。

「ノルマはありますか?」

「ノルマはありますか?」だと、熱意や仕事に対する意欲を疑われます。特に営業職は実績を問われる職種であることから、ノルマの有無は気になるところです。しかし、聞き方によっては熱意や仕事に対する意欲を疑われます。

さらに「ノルマ」という言葉自体、相手にあまり良い印象を与えません。言い換えるなら「どれくらいの実績を目指すべきでしょうか?」とするのが無難です。

調べれば分かることは聞かない

面接における逆質問では、調べれば分かることは聞かないよう注意しましょう。就活における面接では、業界・企業分析を行い準備していることが前提です。

言い換えれば、調べれば分かることを逆質問していると、準備不足だとマイナス評価を受けることにもなりかねません。ここではNGワードとなる、調べればわかる逆質問例を紹介します。

「企業理念を教えてください」

「企業理念を教えてください」はNGとなる逆質問の代表格です。企業理念は、企業の掲げる根本的な考え方だといえます。志望する企業の企業理念を面接の場で逆質問をすることはあり得ません。

企業理念について逆質問するなら、1歩踏み込んだ質問内容とすることが大切です。「御社の〇〇製品が、競合他社を大きく引き離す業績を上げているのは、企業理念に基づく製品開発の結果でしょうか」となります。

「業務内容を教えてください」

「業務内容を教えてください」は準備不足を露呈する逆質問です。就活生は面接に備えて、業界・企業分析を徹底して行います。業務内容は基礎の基礎であり、面接の段階で逆質問することはあり得ません。

業務内容について質問するなら深掘りし、どう貢献できるかといった視点で質問しましょう。話法としては「御社の業務内容は〇〇と伺っていますが、入社までにどういった準備が必要でしょうか」となります。

「主な取引先を教えてください」

「主な取引先を教えてください」は質問の意図が明確ではありません。加えて、ホームページなどから得られる情報であり、準備不足が露呈する逆質問だといえるでしょう。

取引先に注目するなら、その分析結果を踏まえた逆質問をすべきです。質問例としては「御社の取引先に○○があることに注目いたしました。今後の○○分野での営業戦略についてお伺いできないでしょうか」となります。

どうしても質問することがないときは「特にありません」もOK

どうしても質問することがなめれば「特にありません」もありです。面接の終盤に面接官から質問を促された際、どうしても思い浮かばないこともあるでしょう。

このとき、NGワードを連発するのであれば「特にありません」もOKです。ただし、素っ気ない印象を面接官に与えてしまいます。そこで「一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と回答し、熱意を表すのも一つの方法だといえるでしょう。

面接のNGワードを全部覚えるのは大変だけど「企業目線」で答えれば大丈夫

面接のNGワードは全て覚えるのではなく、「企業目線」で答えることを心がけましょう。面接におけるNGワードは多種多様にわたるため、全て覚えるのは至難の業です。

しかも、面接では大半の人が緊張しますから、覚えていても頭が真っ白になることも少なくありません。面接で大切なことは「企業目線」です。具体的には入社意欲があり、社風に合う人となります。このことを踏まえて面接に臨めばNGワードは回避できるでしょう。

RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介
就活準備
2020年10月07日

自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介

自己分析をする意味8つを紹介|自己分析をする際のポイントも解説
就活準備
2020年10月14日

自己分析をする意味8つを紹介|自己分析をする際のポイントも解説

就活でメラビアンの法則を活用する時のポイント8つ|注意点もわかりやすく紹介
就活準備
2020年10月09日

就活でメラビアンの法則を活用する時のポイント8つ|注意点もわかりやすく紹介

面接に受かるための準備3つ|落ちる人との違いや頻出の質問例も紹介!
就活準備
2020年10月13日

面接に受かるための準備3つ|落ちる人との違いや頻出の質問例も紹介!

インターンの面接で落ちる人と受かる人の違い8選|面接の準備方法3選徹底解説
就活準備
2020年10月14日

インターンの面接で落ちる人と受かる人の違い8選|面接の準備方法3選徹底解説

【種類別】女性の就活の服装の選び方10選|女性の服装マナーとは?
就活準備
2020年10月07日

【種類別】女性の就活の服装の選び方10選|女性の服装マナーとは?

就活を有利にするバイトとは?バイト経験のアピール方法5つと職種を紹介!
就活準備
2020年10月15日

就活を有利にするバイトとは?バイト経験のアピール方法5つと職種を紹介!

自己PRで「誠実性」の言い換え7つ|例文やアピールポイントについても解説
就活準備
2020年10月07日

自己PRで「誠実性」の言い換え7つ|例文やアピールポイントについても解説

プレゼン形式で自己PRする際のポイント10選|資料の作り方6選も執筆
就活準備
2020年10月08日

プレゼン形式で自己PRする際のポイント10選|資料の作り方6選も執筆

就活がばかばかしいと思う理由10選|ばかばかしい就活への対処法
就活準備
2020年10月08日

就活がばかばかしいと思う理由10選|ばかばかしい就活への対処法

就活の面接官が最近読んだ本について質問する意図6つ|おすすめしない答え方
就活準備
2020年10月08日

就活の面接官が最近読んだ本について質問する意図6つ|おすすめしない答え方

【内容別】インターンシップでのマナーの注意点7選|メールの書き方なども紹介
就活準備
2020年10月08日

【内容別】インターンシップでのマナーの注意点7選|メールの書き方なども紹介

面接で「自分を動物に例えると?」と聞かれても困らない!動物別の例文5選
就活準備
2020年10月14日

面接で「自分を動物に例えると?」と聞かれても困らない!動物別の例文5選

業界の志望理由の効果的な答え方とは?5つの例文とポイントも紹介
就活準備
2020年10月15日

業界の志望理由の効果的な答え方とは?5つの例文とポイントも紹介

志望動機に「家から近い」と伝えるのはなぜダメなのか?6つの理由を紹介
就活準備
2020年10月07日

志望動機に「家から近い」と伝えるのはなぜダメなのか?6つの理由を紹介

就活中に活用したい口コミサイト|おすすめサイト7選と利用の際の注意点
就活準備
2020年10月16日

就活中に活用したい口コミサイト|おすすめサイト7選と利用の際の注意点

就活時にSEのキャリアプランを考えておくメリット6つ|キャリアプラン例も紹介
就活準備
2020年10月14日

就活時にSEのキャリアプランを考えておくメリット6つ|キャリアプラン例も紹介

就活の面接でアルバイトの経験を聞かれたら?回答する際の5つのポイント
就活準備
2020年10月07日

就活の面接でアルバイトの経験を聞かれたら?回答する際の5つのポイント

電話面接が今増えている?面接前のマナー4つと面接中のマナー3つを紹介
就活準備
2020年10月15日

電話面接が今増えている?面接前のマナー4つと面接中のマナー3つを紹介