自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介

初回公開日:2020年11月04日

更新日:2020年10月07日

記載されている内容は2020年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己PRを「冷静さ」と書こうと考えている人も多いと思いますが、マイナスイメージを与えずに伝える方法がわからないという人もいるのではないでしょうか。この記事では、「冷静さ」を他の言葉に置き換える方法や履歴書の書き方を紹介しているので、是非参考にしてください。

自己PRで冷静さはどう伝える?言い換え8つや伝える時のポイントを紹介

冷静さを自己PRする方法

就職活動をしていると、エントリーシートや面接で自己PRをする機会があります。自分の長所が「冷静さ」であると自己PRしようと思っても、伝え方次第では「冷たい」とマイナスの印象を与える可能性があります。

仕事をしていると、少なからずトラブルが起こります。トラブルに対して、冷静に対処できる人材が必要になってくるので、就職活動の時にうまく「冷静さ」を自己PRすることが大切になってきます。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方8つ

自己PRで「冷静さ」を伝える人が多くなっていると言われています。しかし多くの人が「冷静さ」をアピールするようになれば、なかなか自己PRが伝わらない可能性があります。

そこで履歴書の限られたスペースや面接の中の限られた時間の中で、自分の良さをアピールし、より企業に役立つということを伝える必要があります。

ここでは、自己PRで「冷静さ」を伝える際の言い換え方や履歴書での表現の仕方を紹介したいと思います。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方1:分析力がある

企業の多くは、人々が困っている問題を解決できる商品やサービスを提供することを仕事としています。

今困っている問題に対してしっかり分析できれば、その企業はさらに発展する見込みがあるので、分析力のある人材は重宝されます。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方2:落ち着いている

冷静沈着といえば、この「落ち着いている」という言葉が一番ピンときやすい言葉なのではないでしょうか。

驚くようなことや不測の事態が起きた際にも、慌てたりせずに普段通り考え、行動できることが「落ち着いている」と言えます。

仕事をしていると突然のトラブルが起きることもあります。しかし、冷静さを持っている人がいればそのトラブルもうまく乗り越えられるということで、企業から欲しい人材とされます。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方3:トラブルに対処できる

仕事にはトラブルがつきものですが、どんな出来事があっても、その時にできる最善の解決方法を導き出す能力が必要になります。そのためには、冷静な判断力や行動力が必要になります。

トラブルになっている事柄を冷静に受け止め、臨機応変に対応することで、トラブルを対処できる能力が企業にとってプラスになると考えられるでしょう。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方4:客観的に物事を見れる

「客観的に物事を見る」ということも、冷静という言葉の意味に含まれます。

なぜ客観的に物事を見ることが冷静と繋がるのかというと、自分自身を客観視するためには感情をうまくコントロールし、冷静でいなければならないからです。

例えば、仕事の会議中、複数人の意見を聞く機会があります。その際、周囲の意見や感情に流されず客観的な視点で物事を捉えて、冷静に発言する必要があります。

このように客観的に物事を見ることができる人は、多角的に物事を見ることもできるので、新しいアイディアを生み出してくれる可能性があると企業から捉えられます。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方5:感情的にならない

冷静な人は感情に左右されないので、物事を冷静に判断することができます。

怒りや不安、緊張などの感情があっても動じず、うまくコントロールする能力は、社会人にとってとても重要になります。

ただ「感情的にならない」と伝えただけでは、「冷たい」という印象を与えてしまう可能性があるので、自己PRをする際は周囲へ気遣いしたエピソードを加えることで、うまくアピールすることができます。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方6:公平性がある

自分の考えをしっかり持っており、周りの人の意見に流されず冷静な判断ができる能力も、働くうえでとても重要になります。

このようにどういう状況でも冷静さを保って、公平に仕事ができれば、他人に左右されて間違った判断をしてしまうリスクが減るので、重要視される能力になります。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方7:仕事が早い

仕事をするにあたって、スピード感というのも重要になってきます。

しかし、「冷静さ」と「仕事が早い」は結びつきにくいかもしれません。冷静に判断して正確に仕事をこなす人と仕事は早いがミスが多い人では、どちらの仕事が早いかというと、冷静に判断して正確に仕事をこなす人だと思います。

なぜなら、ミスをした分その仕事のフォローが必要になるので、その分時間がかかってしまうからです。「冷静さ」を持って仕事を正確にこなすことが、仕事を早く進める一番の能力と言えるでしょう。

自己PRで冷静さを伝える際の言い換え方8:洞察力がある

仕事をこなすうえで、スケジュール通りに物事を進めることが重要です。

スケジュール通りにこなすには、自分の状況だけじゃなく、その仕事に携わる他の人の動きについても把握することで、より自分が取るべき行動を知ることが大切になります。

そこで求められる能力は「洞察力」となります。「洞察力」を持って自分だけじゃなく他の人の動きを常に意識することで、仕事がはかどるだけじゃなく、多少のトラブルにも動じないメリットがあります。

履歴書で冷静さを伝える時のポイント4つ

履歴書とは、企業にとっては第一印象になるため、就職活動においてとても重要な書類です。この履歴書を見て、いかに企業にいい印象を与えるか、興味を持ってもらうのかが勝負のカギです。「冷静さ」は「冷めている」「冷たい」とネガティブに捉えられることもあります。

もともと「冷静」という言葉にそういう意味はないのですが、ドラマや漫画などでは冷静な人を表現する時に「冷めている」ように描かれることが多いことからマイナスイメージになりやすいと考えられています。

しかし、先にも書いたように冷静さがもたらすメリットはたくさんあるので、そのメリットを履歴書の書き方でも伝える必要があります。

ここでは、履歴書で冷静さを伝える時のポイント4つを紹介します。

履歴書で冷静さを伝える時のポイント1:綺麗な文字を書く

「字は人を表す」という言葉を聞いたことがあると思います。もちろん、文字を見ただけですべてわかるという訳ではありませんが、やはり文字は人柄を表すことが多いです。

ここでいう「綺麗な文字」とは、「お手本のような文字」という訳ではありません。もちろん、お手本のような綺麗な文字が書ければいいですが、書くのが苦手だという人もいると思います。

それでも、相手に自分のことを伝えようとする思いを丁寧に時間をかけて書くことで、企業側は「仕事でも大切な局面で手を抜かず、冷静に取り組んでくれるのではないか」といい印象を持ってくれるでしょう。

履歴書で冷静さを伝える時のポイント2:論理的な文章を書く

採用担当者は日々多数の履歴書を読んでいるので、一度読んで理解できないと感じた文章は読み直してもらえない可能性が高いです。

また、履歴書で冷静さを伝えようと思っているのに、筋の通った文章が書けないようであれば、「冷静な人物」と判断されにくくなります。

そのため、履歴書で冷静さを伝えようと思うならば、誰が読んでも理解できる論理的な文章を書くことが求められます。

履歴書で冷静さを伝える時のポイント3:会社で冷静さがどう生きるかを書く

採用担当者は、履歴書に書かれた内容でそのエピソードや風景をイメージします。

したがって「この人は、会社で冷静さをこんな風に生かすことができるのだ」と担当者に思わせるように伝えることが大切になります。

そのためには、会社の社風や経営理念・事業内容などをしっかり調べて入社してからの自分をイメージし、自分がこの会社でどのように冷静さを生かすことができるのか考えてみましょう。

しっかりとこのことをイメージすることで、履歴書の自己PRを具体的に書くことができます。

履歴書で冷静さを伝える時のポイント4:客観的な事実を述べる

冷静さを「客観的に物事を見れる」と言い換えることができると先に書いたように、客観的に物事を考えられる人は冷静な思考を持っているとアピールできます。

しかし、履歴書を書く際に客観的な視点が少なく主観的な考えだけで書いてしまうと、自己PRで「冷静さ」をアピールしても、矛盾していると捉えられてしまいます。

したがって、客観的な事実を述べた履歴書を書くことで、より「冷静さ」をアピールすることに繋がると言えます。

自己PRで効果的に冷静さを伝えよう

仕事するにあたって、「冷静さ」を持っている人は強みになることがわかったと思います。

しかし、同じように「冷静さを」自己PRする人もいると思うので、いかに自分の「冷静さ」が企業の求めるものと一致しているかを論理的に伝えることで、他の学生と差をつけましょう。

まずは、魅力的な履歴書作りから始めてみてください。

Bnr bottom 01 2
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

転職後の妊娠のタイミングはいつが良い?悩み始めたらやっておきたい3つのこと
就活準備
2021年06月30日

転職後の妊娠のタイミングはいつが良い?悩み始めたらやっておきたい3つのこと

転職における市場価値が高いとは?日々意識しておきたい5つのポイント
就活準備
2021年06月30日

転職における市場価値が高いとは?日々意識しておきたい5つのポイント

退職してから転職活動をすればOK?3つのデメリットと考えておくべき2つのこと
就活準備
2021年06月30日

退職してから転職活動をすればOK?3つのデメリットと考えておくべき2つのこと

転職がめんどくさいと感じる?その10の理由と少し楽にする方法
就活準備
2021年06月30日

転職がめんどくさいと感じる?その10の理由と少し楽にする方法

転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと
就活準備
2021年06月30日

転職が不安?勇気を出すための3つの方法と退職を決めたらやるべきこと

転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント
就活準備
2021年06月30日

転職先でのミスマッチを防ぐために!会社選びで気をつけるべき5つのポイント

転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介
就活準備
2021年06月30日

転職活動における面談の目的とは?面接との違いや心構えなどを紹介

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説
就活準備
2021年06月30日

妊娠中の転職を成功させるためにできること9つ|産休や育休についても解説

礼服とリクルートスーツの違いとは?就活に礼服が向かない理由を解説
就活準備
2021年06月30日

礼服とリクルートスーツの違いとは?就活に礼服が向かない理由を解説

大学1年生が長期インターンに参加するメリットは?インターン時の注意点もご紹介
就活準備
2021年06月30日

大学1年生が長期インターンに参加するメリットは?インターン時の注意点もご紹介

インターンシップ選考会で重要とされるポイント4つ|事前準備の方法も解説
就活準備
2021年06月30日

インターンシップ選考会で重要とされるポイント4つ|事前準備の方法も解説

インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説
就活準備
2021年06月30日

インターンシップは就活に有利?参加するメリットやポイントとあわせて解説

新卒が内定辞退を伝える手順4つ|電話とメールの参考例も合わせて紹介
就活準備
2021年06月30日

新卒が内定辞退を伝える手順4つ|電話とメールの参考例も合わせて紹介

2月のインターンに参加するメリット3つ|ライバルと差をつけるポイントも解説
就活準備
2021年06月30日

2月のインターンに参加するメリット3つ|ライバルと差をつけるポイントも解説

インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介
就活準備
2021年06月30日

インターンで起こりがちな失敗|対策と心得ておきたいことも紹介

面白いインターンの特徴10選|選ぶ方法や経験するメリットも紹介
就活準備
2021年06月30日

面白いインターンの特徴10選|選ぶ方法や経験するメリットも紹介

内定辞退は直接伝えるべきか?メリット・デメリットやマナーを紹介
就活準備
2021年06月30日

内定辞退は直接伝えるべきか?メリット・デメリットやマナーを紹介

転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介
就活準備
2021年06月30日

転職で失敗する人は多いのか?転職の失敗例15個と対処法を紹介

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介
就活準備
2021年06月30日

転職で後悔しないためにはどうしたらいい?コツや対処法もあわせて紹介