転職活動の書類選考で採用担当者は何を見ている?通過率を上げるためのコツも紹介

初回公開日:2021年06月30日

更新日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職活動でなかなか書類選考に通ることができず、悩んでしまう人は多くいます。そのような人は、書類選考で採用担当者がどのようなことをチェックしているのか、意識できていないことがあります。書類選考を通るためにも、何をチェックされているのか把握しておきましょう。

転職活動の書類選考で採用担当者は何を見ている?通過率を上げるためのコツも紹介

転職活動における書類選考で知っておくべきこと3つ

これまでは同じ企業に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今ではいろいろな理由によって転職を決断する人が増えています。転職活動ではいろいろな選考を受けることになり、その選考の中で書類選考を受けることにもなります。

また、書類選考は選考の初期段階で受けることが多いので、書類選考を通れなければ、その後の面接にたどり着くこともできなくなってしまうでしょう。そのようなことを防ぐためにも、転職活動における書類選考について知っておくべきことがいくつかあります。

1:書類選考の通過率とは

転職活動を始めてみたものの、書類選考に通ることができず、面接を受けることもできなくて悩んでしまうという人がいます。

しかし、書類選考の通過率は30%〜50%と言われているので、応募しても半分以上の企業は書類選考を通過することができないということになります。

そのため、書類選考をなかなか通ることができないという人は多く、書類選考は転職活動の最初の壁となることも多いです。

2:書類選考が行われるタイミング

採用活動を始めると、企業には多くの応募が集まります。そのすべての応募者に対してじっくりと時間をかけて選考を行うことはできないので、応募条件を満たしていない応募者や明らかに魅力を感じない応募者などは、まず書類選考によってふるいにかけられることになります。

応募者を絞るために選考の初期段階で実施されることになるのが書類選考です。

3:書類選考の結果まではどれくらいかかる?

書類選考は面接を行うわけではないので、1人1人の合否判断に時間はかからないことが多いです。しかし、書類選考の応募が締め切られてから、集まった応募者の比較検討を行うこともあります。

そのため、書類選考は応募書類を提出してすぐに選考結果がわかるのではなく、選考結果が分かるまでに平均して1週間ほどの時間がかかります。また、企業によっては選考結果が分かるまでに1か月ほどかかることもあるでしょう。

転職活動の書類選考で採用担当者が見ていること9つ

転職活動では、どの企業に応募したとしても、まずは書類選考が行われるということが多いです。書類選考がなかなか通らないという人は、採用担当者が見ているポイントを押さえた書類選考の対策ができていない可能性があります。

そのため、書類選考になかなか通らないという場合には、採用担当者が応募書類のどのような点をチェックしているのか把握することから始めましょう。

1:業務経験と社会人経験のバランス

履歴書には経歴欄がありますが、企業によっては職務経歴書を作成するように指示されることもあるでしょう。企業はこれらを確認することによって、仕事のブランクがないか確認していることがあります。

あまりにブランクが長いと、以前に身につけたスキルが鈍っていたり、仕事で求められるスキルや環境などが大きく変わってしまっている可能性があり、過去の経験を活かせなくなっている可能性があるためです。

ほかにも、単純にブランクがあることが不安要素と判断されてしまうこともあります。

2:年収と年齢の組み合わせで企業の水準と比較している

企業が採用活動を行うのは求めている人材がいるためです。中途採用の場合は新卒採用の場合とは異なり、即戦力を求められることも多いでしょう。

そのため、企業が募集条件として提示している年収に見合った仕事ができそうか、年齢やスキル、実績などが求めている条件を満たしているかなどを書類によって確認します。

書類選考は応募条件や企業の求めている人材の条件などを満たしていない応募者を外す目的で実施されることが多いので、書類選考が通らないという人は企業が求めている条件を満たせていない可能性が高いです。

3:ブランクがある理由を確認している

履歴書や職務経歴書などによって、ブランクを確認している企業もあります。ブランクは企業にとって不安要素となります。しかし、ブランクがあるからといって選考が不利になるというわけではありません。

資格取得や家庭の事情などの仕方のない理由があれば、ブランクが選考に不利とならないこともあります。また、ブランクに明確な理由がある場合は応募者が履歴書や職務経歴書にその理由も記載するので、そのブランクの理由を確認しているということもあります。

4:転職の回数

スキルアップや新しい環境を求めるなどの理由で転職を繰り返す人もいます。そのような人は転職先でしっかりとスキルを身につけて、経験を積んでから次の転職を行っているので、在籍期間にある程度の長さがあったり、業界や職種などに一貫性があったりなどします。

しかし、在籍期間が短く、その転職の流れに一貫性がなかったりなどすると、すぐに仕事を辞めてしまう人という悪い印象を与えてしまうことがあるでしょう。

そのため、転職回数が多い場合は、回数や転職の内容などを確認されることがあります。

5:今までの企業の在籍期間

短期間に転職回数が多いという場合には、それだけ転職先の企業に在籍した期間が短いということです。

もし、明確な理由なく短期間で転職を繰り返しているようであれば、自社で採用しても同じようにすぐ転職されてしまう可能性があると判断されてしまう場合があります。

そのため、継続して働いてもらうことができるのかを判断するために、転職回数が多い場合には企業ごとの在籍期間を確認されていることもあります。

6:英語が条件の場合

書類選考は明らかに応募条件を満たしていない応募者を外すという目的で行われることもあります。そのため、TOEICスコアや特定の資格などが応募条件に含まれていることもあります。

これらが応募条件に含まれていた場合には、業務で必要となるのでただ条件を満たしているかどうかを確認するだけでなく、それらを実務で使った経験も確認されることになるでしょう。

もし、応募条件を満たすことができていなければ、いくら応募しても書類選考で落ちてしまうことになります。

7:出身企業のカルチャーや価値観がマッチしているか

転職希望者はすでに別の企業で仕事を経験しています。そのため、その企業の経営理念や社風などが身に染み付いていることもあります。

もし、前職の経営理念や社風などが、転職先の企業の経営理念や社風とあまりにも異なる場合には、仕事に対する価値観や取り組み方などが大きく変わってしまうことになるでしょう。また、それらの要素でミスマッチを起こしてしまうと、早期退職のリスクが高まってしまいます。

そのリスクを避けるためにも、企業は応募者の経験やスキル、応募者が求めている条件や仕事への価値観や取り組み方など、いろいろな条件からミスマッチを起こさないか応募書類の情報から確認しています。

8:短期間で関連性の低い部署への異動が多くないか

同じ企業に長く勤めていたとしても、その社内で頻繁に人事異動があり、その度に関連性の低い部署への移動を繰り返していたという場合は、1つの部署に長く滞在しなかったことから、専門性を磨くことができていないと判断されてしまう可能性があります。

そのため、幅広くいろいろな経験を積んでいることが評価されることもありますが、特化した能力がないということで評価を落としてしまうこともあります。

9:職務経歴書の書き方の丁寧さ

応募書類が採用担当者と応募者が初めて接する機会となることは多いので、応募書類が応募者の第一印象を決めることも少なくありません。

そのため、応募書類である履歴書や職務経歴書などの文字が丁寧に書かれておらず、文字のバランスが悪かったり、空白が多かったり、誤字脱字があったりなどすると、第一印象が悪くなって、書類選考も通れなくなってしまう可能性があります。

また、書類選考は応募者をふるいにかけることが目的の場合もあるので、応募書類が丁寧に書かれていないというだけで選考に落ちてしまう可能性もあります。

書類選考の通過率を上げるためのコツ4つ

書類選考の通過率は50%以下と言われているので、応募しても半分以上が書類選考で落ちてしまうことになります。書類選考を通らなければ、面接でしっかりと自分をアピールすることもできないまま選考に落ちてしまうことになります。

そのため、応募書類だけで選考に落ちてしまい、納得ができないという状況にならないように、しっかりと書類選考対策を行って、通過率を少しでも高めておくようにしましょう。また、その通過率を上げる方法にはいくつかコツがあるので、それらのコツも押さえておきましょう。

1:応募書類の書き方を確認する

書類選考は応募者をふるいにかけることを目的に実施されることも多いです。そのため、応募書類の書き方やマナーが間違っているだけで書類選考に落ちてしまうということもあります。

応募書類を書く前には書き方やマナーを確認しましょう。また、応募書類を書き終えたら間違っている部分がないか忘れずに見直しをすることも大切です。

2:必須条件を満たしている求人を選ぶ

応募条件を満たしていない求人に申し込んでも、当然ながら書類選考に通ることはできません。そのため、応募する前に、よく応募条件を確認するようにしましょう。

また、応募条件とは別に、企業が求めている人材像の条件もあります。企業が求めている人材の条件は募集条件のように求人情報に記載されていることが少ないので、募集条件やその企業の事業内容などから求められている経験やスキル、実績などを推測する必要があります。

3:内定を得るための応募社数

転職活動では同時に応募できる企業の数に制限はありません。また、人によって持っているスキルや経験、実績などは異なります。そのため、数社に応募しただけですぐに転職先が見つかる人もいれば、20社や30社と応募しても内定の獲得まで至らないという人もいるでしょう。

ただし、内定を得るために転職活動を効率的に行うには、常に6社〜10社は応募している状態を維持するくらいが応募社数の目安となります。

4:いくつかの企業に同時に応募する

転職活動を行う際、丁寧に選考を進めていくために1社ずつ応募するという人もいます。しかし、それでは転職活動を効率的に行うことができず、転職活動が長引いてしまったり、転職に適したタイミングを逃してしまう可能性があります。

そのようなことを防ぐためにも、常に6社〜10社は応募している状態を維持して、効率良く転職活動を進められるようにしておく必要があるでしょう。

書類選考で不採用になる人の特徴3つ

スキルや経験、実績などは個人差があります。そのため、すぐに書類選考を通る人もいれば、なかなか書類選考に通れないという人もいるでしょう。

しかし、何十社とあまりにも立て続けに書類選考に落ちてしまう場合には、その人は書類選考で不採用になる人の特徴を持ってしまっている可能性があります。状況を改善するためにも、その特徴にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

1:希望する年収が見合わない

転職活動する際に、前職よりも良い条件となる転職先を探すことは多いでしょう。そのため、前職よりも高い年収を希望するという人もいます。

しかし、高い年収を希望するということは、それだけ高いスキルや経験、実績を求められることになります。

そのため、もし企業が応募者のスキルや経験、実績などを応募書類から確認して、支払う年収に見合った仕事をしてもらえないと判断すれば書類選考に通ることはできません。そのようなことが起こらないように、自分の市場価値は正確に見極めなければいけません。

2:スキルが不足している

企業が採用活動を行う理由は、求めている人材がいるからです。書類選考を通るには、ただ応募条件を満たすだけでなく企業が求めている人材の条件も満たしている必要があり、その条件を確認するために、面接などで詳しく応募者の選考を行っていきます。

しかし、スキルが不足していたり資格を持っていなかったりなどの明らかに条件を満たすことができないと応募書類から判断されてしまうと、書類選考で落ちてしまうことになるでしょう。

そのため、企業が求めている人材の条件を明らかに満たせない求人には応募しないようにしましょう。

3:定着性に不安が残る

応募書類からはブランクや転職回数なども確認することができます。これらは早期離職や定着性の低さなど、いろいろなリスクの要因となるので、企業にとっては不安要素となります。

これらについて応募書類上で明確な説明をし、企業が感じる不安を和らげておかないと、企業はその不安を残したままとなってしまうでしょう。また、他にも応募者が多くいることから、わざわざ不安材料のある応募者を残す必要はないので、書類選考に落ちてしまうことになります。

そのため、書類選考によく落ちるという人は、企業が持った不安への対策ができていないという可能性もあります。

転職活動の書類選考を有利に進めよう

転職活動すれば、確実に書類選考を受けることになります。そのため、書類選考の対策はしっかりとしておきましょう。また、書類選考の通過率を上げるためのコツもあるので、事前に把握して書類選考を有利に進められるようにしておきましょう。

Bnr bottom 01 3
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説
就活準備
2021年08月25日

広告費用がかからない求人広告14 選|効果的な掲載方法についても解説

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職する際は源泉徴収票が必要?注意事項と入手不可なケースと対処法も紹介

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介
就活準備
2021年08月25日

20代の転職ってどうなの?おすすめの仕事や成功させるためのポイントも紹介

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介
就活準備
2021年08月25日

転職に年齢的な制限はあるの?企業が求める能力や大事なポイントを紹介

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面
就活準備
2021年08月25日

転職までの手続きの流れ|退社時にもらう7つの書面と入社時に必要な6つの書面

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説
就活準備
2021年08月25日

高卒の人におすすめの転職先8選!有利な資格や成功のコツも多数解説

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう
就活準備
2021年08月25日

転職時の主な筆記試験9選!事前に対策できるものはしっかり準備して挑もう

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法
就活準備
2021年08月25日

転職時にSPIを行うのはなぜ?4種類のテスト形式と7つの勉強方法

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう
就活準備
2021年08月25日

転職の相談相手7選|事前に理由や自分の気持ちをしっかり整理しよう

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職を決めたきっかけの例13選!迷った時の対処法など詳しく解説

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介
就活準備
2021年08月25日

民間企業から公務員に転職して良かったこと4選|後悔しないようにする方法も紹介

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の給与交渉で準備すべきこと7つとは?やってはいけない失敗例も紹介

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介
就活準備
2021年08月25日

商品企画への転職で求められるスキル7選!役立つアピールポイント5選も紹介

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説
就活準備
2021年08月25日

転職にストレスはつきもの?おすすめの軽減方法7つも詳しく解説

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の内定の返事はメールでも良いのか?マナーと例文のポイントもあわせて紹介

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介
就活準備
2021年08月25日

在職中に転職活動を行う利点3つ|履歴書の書き方もあわせて紹介

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介
就活準備
2021年08月25日

転職の際に離職票は必要なの?発行してもらうまでの手順5つも紹介

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説
就活準備
2021年08月25日

有給消化中の転職は可能?退職時の有給消化の基礎知識6つと合わせて解説

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説
就活準備
2021年08月25日

宅建とはどんな資格なのか?転職に有利なポイントや注意点を分かりやすく解説