求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介

初回公開日:2021年05月01日

更新日:2021年05月01日

記載されている内容は2021年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

求人広告営業の仕事は企業が人材の募集を目的としている広告の営業が担当です。この記事は求人広告営業の就職活動を考えている人に向けた記事になるため、求人広告営業を募集している企業のことや向いている人、目指すなら気を付けなければならないことが書かれています。

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介

求人広告の種類

求人広告とは企業が人材募集のために出す広告のことです。求人広告には仕事内容や給与額、福利厚生や採用条件といった情報が掲載されています。求人広告の種類はさまざまですが、求人広告の媒体は主に紙媒体とWEB媒体になります。

紙媒体の広告

紙媒体の求人広告とは学校の掲示板の他に、フリーマガジンや折り込みチラシです。

フリーマガジンはコンビニやファミレスなどに置いてあるため希望すれば自由に持ち出せます。折込チラシは新聞に折り込まれる以外に、求人広告を出す企業の希望した地域にチラシをポスティングします。

紙媒体の求人広告の大きな特徴は、特定地域の勤務地に求人が掲載されていることです。

WEB媒体の広告

WEB媒体の求人広告は求人サイトや自社サイト、求人検索エンジンやSNSを使います。WEB媒体の求人広告では全国の求人を掲載できることが特徴です。

WEB媒体の求人広告として一般的に使用されているのは求人サイトですが、近年注目されているのはYouTubeやTwitterなどSNS上で求人を募る方法です。

SNSを使った求人は求職者と採用企業とのコミュニケーションがとりやすいため、お互いの理解が進みミスマッチ防止につながります。

求人広告営業が行う仕事内容6つ

求人広告営業の仕事は企業から求人広告を受注することです。近年、多くの企業が人手不足だと言われていますが、依頼を待つだけでは求人媒体の広告は埋まらないため、企業に対して積極的に営業する必要があります。

求人広告の営業内容はどのようなものなのでしょうか。詳しく紹介します。

1:クライアントのリストアップ作業

求人広告の営業の仕事は、求人広告を出してくれそうなクライアントをリストアップする作業から始めます。新規企業の他に自分が担当している企業と似たような企業や休眠企業など、求人広告を出してくれそうなクライアントをリストアップします。

2:アポイント作業

リストアップしたクライアントへ、アプローチするためにアポイントを取ります。アポイントの取り方で多いのは、クライアントに電話をかける方法です。電話をかける以外にも飛び込み営業という方法も使われます。求人広告の営業方法はアナログな方法が多く使われます。

クライアントによっては何度アポイントをとっても、なかなかな話を聞いてもらえないこともあるので、モチベーションを保つために工夫することも必要です。

3:採用状況についてのヒアリング・商談

アポイントが成功したら商談のためにクライアントへ会いに行きます。商談では採用状況について詳しくヒアリングします。その企業の採用計画や採用課題などを詳しくヒアリングしましょう。

一度で終わらせるのではなく、商談と後追い営業を繰り返し、適切なタイミングでクロージングすることも広告営業では必要だと言えます。

4:顧客のフォロー

クライアントへのアフターフォローも求人広告営業の仕事です。求人広告営業の仕事は、無事に求人広告が掲載されたことをクライアントに報告して終了というわけではありません。

クライアントは求人広告を出すのが目的ではなく、採用課題を解決するために求人広告を出します。そのため広告掲載後の問い合わせ発生を見守り、クライアントが採用課題を解決できたのかどうか確認します。

5:採用課題の提案や解決

求人広告作成前に、採用課題と方向性についてクライアントからヒアリングします。クライアントが求人広告を出すには理由があるため、採用課題を理解して最適な求人広告を作成することが重要です。

またクライアントが求めているのは反響が高い求人広告でもあります。営業も反響率の高い求人広告を作成するプロとしてヒアリングに臨み提案しなくてはなりません。

6:求人広告の制作

仕事内容や募集背景など求人広告に必要な情報を確認します。情報を確認すると同時に、企業の特徴や魅力など広告掲載に必要な情報も探り出します。こうした情報を元に、魅力ある求人広告を制作するのです。

ただし、求人広告の内容のヒアリングは営業ではなく、求人広告専属のライターが行うこともあります。

求人広告営業を募集している企業の選び方3つ

求人広告の営業職がある企業は大きく2つに分かれます。1つは広告代理店、もう1つは自社で媒体を扱っている企業です。それぞれどのような特徴とメリットがあるのか紹介します。

1:正社員の求人広告営業を行っている企業を選ぶ

正社員の求人広告営業を行っている企業も選択の1つです。広告代理店などの正社員がよいでしょう。

広告代理店では求人広告を掲載したい企業と、メディアを持っている会社の仲介や広告掲載のサポートが主な仕事となります。広告代理店に就職するとさまざまな人材業界の人と知り合うきっかけができるため、独立を考えた人脈作りが可能です。

2:自社の媒体を扱っている企業を選ぶ

自社媒体とは自社で媒体を保有している企業のことで、フリーペーパーや求人情報誌などが該当します。自社が扱うメディアに求人広告を出してくれる企業を集めるのが自社で媒体を保有している企業の営業の仕事です。

自社媒体を扱っている企業に就職すると広告代理店にはない部門が経験できることや、業界大手企業が多いので独立を考えた時バックボーンがあることがメリットとなります。

3:体育会系な風習がある企業は避ける

求人広告営業を募集している企業でも、体育会系な風習がある企業は避けたほうが無難です。体育会系な風習がある企業に就職してしまうと罵声を浴びせられたり、過剰なプレッシャーをかけられたり、長時間労働を強いられたりする場合があります。

求人広告営業が求める人材4選

求人広告営業に求められている人材とは自分で考える力がある人、諦めない人です。求人広告営業の仕事では、新規企業の獲得を目指して営業活動することや、クライアント獲得のための話し合いでマニュアル通りではうまくいかないことが多いためです。

求人広告営業では具体的にどのような人材が求められているのか詳しく紹介します。

1:クライアントの意向が汲み取れる人

クライアントの意向が汲み取れる人は求人広告営業として重宝されます。求人広告の掲載を考えている企業の中には至急掲載してもらいたい企業も多いため、限られた時間の中でクライアントと打ち合わせすることもあります。

求人広告営業の担当者は短時間の打ち合わせでも、クライアントが求めていることや意向をくみ取る必要があります。

2:即座に動ける人

即座に動ける人も求人広告営業が求める人材です。急に求人広告掲載が必要となり依頼しようと連絡したにもかかわらず、即座に対応してもらえなかった時、そのクライアントは2度と依頼してくることはないでしょう。

急な依頼でも即座に対応できるフットワークの軽さが必要だと言えます。また原稿の修正が入稿の締め切り間近であったとしても、即座に対応できる行動力は求人広告営業の仕事では重要です。

3:プレゼン力がある人

説得力のある説明ができる人も求人広告営業が求める人材です。求人広告営業ではプレゼン力、つまり話し上手であることが求められます。クライアントへ説得力あるプレゼンを行うためには、自社の商品をよく理解することが必要です。

クライアントから説明を求められて答えらえないようでは、クライアントからの信頼を無くしてしまうでしょう。求人広告営業の人はただ話上手なだけでなく、商品に対して日々勉強する努力も重要です。

4:問題解決に意欲的な人

企業が抱えている問題が分かったとき、どう解決すればよいのか分析して答えを導き出せる人は頼りにされます。求人広告の営業はクライアントから採用課題など企業の情報を聞き出すことが仕事です。

採用課題など企業の情報を聞いていくうちに、クライアントが気づかなかった問題も見えてくることがあるため、問題点を指摘し伝えると信頼度が上がるでしょう。

就活で求人広告営業を目指す際の注意点

求人広告の営業を目指す場合、離職率の高さに注意しなければなりません。求人広告営業の離職率は高く、新卒で入社した人の半数が半年以内に転職していると言われています。2~3年後では一般的な離職率が約3割なのに対し、求人広告の営業では約8割が転職しているとも言われています。

全ての企業が当てはまるわけではありません。離職率が高い企業の特徴は、激務になりがちなアルバイトの求人広告を扱っている企業や求人広告の代理店、営業マネジメントスタイルが体育会系の企業ではないでしょうか。

求人広告営業の特徴や求められる人材を知ろう

求人広告営業の仕事は企業から求人広告を受注することです。新規開拓のため企業へアポイントを取ることも多く、自分で考えられる人や諦めない人が求められています。求人広告営業を希望するのなら求人広告営業の特徴や求められる人材を理解して就職活動に臨みましょう。

Bnr bottom 01 2
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

ボスキャリとは何か?参加するメリットやポイントもあわせて解説
就活準備
2021年06月01日

ボスキャリとは何か?参加するメリットやポイントもあわせて解説

顔採用は実際にあるのか?顔採用が多いといわれる7つの業種も紹介
就活準備
2021年06月01日

顔採用は実際にあるのか?顔採用が多いといわれる7つの業種も紹介

就職活動における成長とは?インターンでの成長についてあわせて3つ紹介
就活準備
2021年06月01日

就職活動における成長とは?インターンでの成長についてあわせて3つ紹介

webテストの練習方法7選|テストの目的や種類もあわせて紹介
就活準備
2021年06月01日

webテストの練習方法7選|テストの目的や種類もあわせて紹介

インターンシップの給料事情とは?給料が出る場合の特徴5つや注意点を解説!
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの給料事情とは?給料が出る場合の特徴5つや注意点を解説!

夏のインターンシップに参加するメリット5つ|冬や春に参加する場合との違いは?
就活準備
2021年06月01日

夏のインターンシップに参加するメリット5つ|冬や春に参加する場合との違いは?

インターンシップの面接で質問を求められたら?印象の良い逆質問の例6選を紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの面接で質問を求められたら?印象の良い逆質問の例6選を紹介

インターンシップの倍率は高い?種類別の倍率や選考に通過する5つのコツを紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの倍率は高い?種類別の倍率や選考に通過する5つのコツを紹介

インターンに参加する際の髪色とは?男女別の髪色や困ったときの対処法を紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンに参加する際の髪色とは?男女別の髪色や困ったときの対処法を紹介

文系のインターンにおすすめの職種とは?ポイントやおすすめ企業を紹介
就活準備
2021年06月01日

文系のインターンにおすすめの職種とは?ポイントやおすすめ企業を紹介

インターンシップの申し込み方法4つを紹介!時期と大切な注意点も紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの申し込み方法4つを紹介!時期と大切な注意点も紹介

インターンはいつから行くべき?参加の5つのメリットとスケジュール
就活準備
2021年06月01日

インターンはいつから行くべき?参加の5つのメリットとスケジュール

私服でインターンに参加する際に鞄を選ぶポイント9つ|留意点も解説
就活準備
2021年06月01日

私服でインターンに参加する際に鞄を選ぶポイント9つ|留意点も解説

インターン前に準備すること4つを解説|準備する物12個も紹介
就活準備
2021年06月01日

インターン前に準備すること4つを解説|準備する物12個も紹介

広告代理店のインターンの形式とは?インターンの6つの特徴について解説!
就活準備
2021年06月01日

広告代理店のインターンの形式とは?インターンの6つの特徴について解説!

インターンがつらいと感じる状況を克服する方法4選|辞退する際に気を付けることとは?
就活準備
2021年06月01日

インターンがつらいと感じる状況を克服する方法4選|辞退する際に気を付けることとは?

インターンシップの日程は決まっている?確認方法3つについても紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの日程は決まっている?確認方法3つについても紹介

GDとは?人事が見ているポイントやテーマごとの対策を徹底解説
就活準備
2021年06月01日

GDとは?人事が見ているポイントやテーマごとの対策を徹底解説

インターンシップの感想文はどのように書く?コツ5つと例文紹介
就活準備
2021年06月01日

インターンシップの感想文はどのように書く?コツ5つと例文紹介