インターンシップ参加で緊張する要因|ほぐす方法や良い印象を残すポイントを紹介

初回公開日:2021年05月01日

更新日:2021年05月01日

記載されている内容は2021年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンシップは就職活動において重要な要素を持っています。それゆえに、インターンシップに緊張感をもって参加している方がほとんどです。今回は、インターンシップに緊張しないポイント・緊張してしまった場合の解消方法について解説していきます。

インターンシップ参加で緊張する要因|ほぐす方法や良い印象を残すポイントを紹介

インターンシップ参加で感じる緊張とは

就職活動において、インターンシップは重要な意味をもっています。そのため、不安や緊張を抱きながらインターンシップに参加しています。

今回は、インターンシップの参加に向けた緊張しないポイント、緊張に対するリラックス方法やインターンシップを有意義なものとするためのポイントについて解説していきます。

ここで紹介するのは特別なスキルや能力ではなく、普段の生活の延長にあります。これからインターンシップへの参加を控えている方は、生活を見直してみるとよいでしょう。

インターンシップ参加で緊張する要因4選

インターンシップは、選考過程の1つとしても用いられるため、参加者の中にはプレッシャーや緊張・不安をもってインターンシップに臨んでいます。

ここでは、インターンシップ参加において緊張する要因について解説していきます。

1:日常と違う環境だから

1つ目は、「環境の違い」にあります。普段の生活と比べてみると、学校生活が主体であるのに対して、企業のオフィスや会議室などといった知らない環境に身を置くことに緊張を感じてしまいます。

また、服装などもいつもと違い、スーツを着た人が集まる環境(インターンによっては服装自由の場合も)に緊張を感じる場合もあります。

2:失敗を恐れるから

2つ目は、失敗を恐れてしまうことも緊張する要因の一つです。初めてのことに挑戦したり、選考の1つと意識してしまったりすると、自らにプレッシャーをかけ、失敗を恐れてしまいます。

採用担当者も、初めから上手にこなすことだけを求めているのではなく、「その失敗に対してどのような工夫をしているのか」や「失敗を恐れずに取り組む姿勢」を注視しています。

初めから上手にこなせるスキルというのは一見重要に見えますが、実際に就職した後に、改めて研修などを通してこなすことができれば、企業にとって何ら問題はありません。

企業としては失敗してすぐに諦めてしまう人や、失敗を恐れ消極的になる人を雇うことの方がリスクと捉える傾向にあります。

3:初対面の人との会話が不安だから

3つ目が「環境の違い」に付随する「初対面の人数の多さ」です。参加者やインターン開催企業の採用担当者などインターンシップで会う人というのは、大半が初対面となります。

「自分は人見知りである」といった方には、「会話の切り口などを見出すことに苦労する」と危惧する方もいます。このように初対面の人との会話に不安を感じてしまい、緊張してしまう方も少なくありません。

4:人と自分を比較してしまうから

4つ目は、選考過程を意識しすぎてしまい、「他人と比較してしまう」ためです。この緊張要因の根本には、自己分析の不十分さが背景にあります。

人と比較するうえで、どうしても「劣っている部分」を比較してしまい不安を感じ緊張してしまうパターンが常となっていますが、自分のアピールポイントや長所を的確に理解していれば、このような事態を避けることができます。

自分が劣っている点だけを比較するのではなく、自分の長所を理解しながらインターンに臨むのがおすすめです。

インターンシップ参加で緊張をほぐす方法4選

ここからは、インターンシップで緊張してしまった時の解消方法について紹介していきます。

ここで理解しておく必要があるのは、インターンシップの参加は誰しもが緊張するといったことです。それは、このインターンシップを有意義なものにしようと熱意のある方々に共通しています。

1:準備を万全にする

緊張を和らげる方法の1つとして「準備」が挙げられます。「自己分析・自己理解」も準備の1つですが、これについては後ほど、解説します。

ここでいう準備は「時間」についてです。朝の時間帯にバタバタしないように、前日の夜に身支度などを済ませておくことが必要です。また、朝の通勤時間帯や混雑の影響で遅延することも多々あるため、時間にゆとりをもってインターン場所に向かうことをおすすめします。

時間の余裕は「心の余裕」にもつながるので、準備は前日の夜までに完了するようにしておくことがポイントです。

2:他の参加者も緊張していると考える

冒頭で述べたように、インターンシップで緊張しているのは、自分だけではありません。周りの人たちも、一様に緊張しています。

このことを念頭に入れていれば、緊張を和らげることができます。

3:今の自分を受け止めいつも通りを心がける

先にも述べたように、「自己分析・自己理解」は緊張を解消する方法の1つとなります。

自己分析が不十分であると、無闇に他人と比較してしまい、自らの不安をあおってしまいます。「自己分析・自己理解」が十分なされていれば、的確に他人との比較ができ、今後の充足点・改善点が素直に見えてきます。

また、自分のセールスポイントは今後も選考活動における武器になるといった確信を得ることもできます。今の自分を理解し、普段通りを心がけることがポイントです。

4:ポジティブな姿勢を意識する

緊張をほぐす方法の1つとして、「ポジティブな姿勢を意識する」ことも大切です。先述した通り、失敗を恐れて消極的な姿勢になることは避けたいものです。

企業側の採用担当者もまた、自分の成長のためにも何も生まれるものはないため、ポジティブな姿勢を意識してインターンシップに臨むことをおすすめします。

インターンシップで良い印象を残すポイント6選

インターンシップを選考過程の1つとして開催している企業もあります。そのような中で、採用担当者に良い印象を残すポイントを6つ紹介していきます。

これから紹介するポイントは、能力やスキルではなく、普段の生活からの派生であるため、特段何かを身につけなければならないということではありません。

1:人より先に挨拶をする

1つ目は、率先した挨拶です。挨拶は、就職後にも必要不可欠なコミュニケーションツールです。

この点ができていない方は、多くの企業が採用を見送ってしまう傾向にあります。

これに対して、誰よりも率先した挨拶ができる人は注目を集め、印象に残ります。ここでのポイントは「人より先に」といった点で、最初に挨拶をすることが印象を残すコツです。

2:事前に自己紹介を練習する

インターンシップでは、その環境が初対面の場であるため、多くのインターンシップで自己紹介を行います。この自己紹介をスムーズに簡潔に行うことが良い印象を残すポイントにもなります。

その理由として、自己紹介は大体、インターンシップの序盤で行われます。これはその人の第一印象にも繋がるなるため、スムーズに行うことで良好な第一印象を残すことができます。

3:声のトーン・姿勢・表情を意識する

良い印象を残すポイントの3つ目は「声・姿勢・表情」を意識することにあります。

「声」は適切なトーンと声の大きさです。誰もが聞きやすいようなトーン・大きさを意識するのがポイントです。

「姿勢」は猫背にならず、背筋を伸ばしてインターンシップに取り組むようにすることをおすすめします。猫背や背中が丸まってしまっていると、やる気がないような印象を受けるため、注意が必要です。

「表情」も顔の口角を上げることを意識すると印象を良くすることができます。

4:相手の目を見て話し誠意を伝える

会話の際は、相手の目を見て話すことを意識すると、印象を良くすることができます。

しかし、これはインターンシップの場だけで急に実践することは難しいため、日ごろからの訓練が必要になります。

5:精一杯取り組む姿勢を見せる

ポジティブな姿勢は採用担当者に良い印象を残すことができます。インターンシップで課される課題を精一杯取り組める人材を獲得できることは、企業側にとって重要な要素となります。

上手にこなすことのできるスキルも重要ですが、それよりも困難な課題に対して周りの人との協調姿勢や全力で取り組むことのできる姿勢は、何よりも大事なことです。

6:笑顔で話す

笑顔で話すことは就職後も大切な要素といえます。これは採用担当者に限らず、周りの人とも笑顔で話せる人材はどの企業も求めているでしょう。

また、インターンシップは初対面の人との場であるため、そのような環境でも笑顔で話すことのできる人は自然と良い印象を与えます。

緊張をほぐしてインターンシップに参加しよう

インターンシップの参加は誰もが緊張する場となります。そのような中でも、企業側が求める基本的なことを確実にできているかどうかを見るのが、インターンシップの主たる目的となっています。

選考要素でもありますが、自分の足りない部分を見出すことのできる機会となるため、インターンシップを有意義なものとするために、これまで上げたポイントを押さえて臨むことをおすすめします。

Bnr bottom 01 3
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説
就活準備
2021年05月01日

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説
就活準備
2021年05月01日

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!
就活準備
2021年05月01日

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介
就活準備
2021年05月01日

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう
就活準備
2021年05月01日

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年05月01日

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介
就活準備
2021年05月01日

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介
就活準備
2021年05月01日

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点
就活準備
2021年05月01日

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説
就活準備
2021年05月01日

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方
就活準備
2021年05月01日

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介

インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的
就活準備
2021年05月01日

インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類
就活準備
2021年05月01日

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!
就活準備
2021年05月01日

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介
就活準備
2021年05月01日

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介
就活準備
2021年05月01日

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介