インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的

初回公開日:2021年05月01日

更新日:2021年05月01日

記載されている内容は2021年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インターンを迷っている学生は、インターンが選考に絶対的有利になるという理由で参加を決める必要はないでしょう。本記事ではインターンに行かない選択肢や行かない方がいい就活生のケース、インターンの採用影響や企業が開催する目的についてなど紹介していきます。

インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的

企業がインターンを開催する目的3つ

インターンシップは就活生にとって、入社前に企業や業界、具体的な仕事内容などを学べる機会です。インターンシップ経験は、実際の選考でも自己PRや志望動機に含めると、強い熱意として相手に伝えられるため役に立つでしょう。

しかし、インターンシップが行われる理由としては就活生のメリットだけではなく、企業側にも目的があります。

1:企業風土の違いを理解してもらうため

企業がインターンを開催する目的として1つ目は、企業風土の違いを理解してもらうためです。社員としてストレスなく仕事をするためにも、企業風土が合う企業に入ることは大切です。

同じ業界であっても企業によって、風土は異なります。仕事においてスピード重視、活発なアイディア重視の企業もあれば、遅くてもミスなく丁寧に仕事をすることを重んじる企業もあります。

企業側としても、自社に合った人材に入社してほしいと考えているため、インターンシップで企業風土を感じてもらいたい思惑があります。

2:雰囲気を知ってもらうため

企業がインターンを開催する目的として2つ目は、雰囲気を知ってもらうためです。会社説明会や、OG・OB訪問で聞く話では仕事をする雰囲気は伝わりにくい部分でしょう。

インターンシップで実際に企業の中に入って、働いてもらうことで、職場で働いている人たちの雰囲気がわかります。

3:PR活動の一環として実施する意味合いもある

企業がインターンを開催する目的として3つ目は、PR活動の一環として実施する意味合いもあるということです。インターンシップでは、企業の会社説明会をプログラムとして入れているところもあり、仕事の説明をする上で企業PRは必ず入ってくるでしょう。

自社の魅力を伝えて、賛同してくれる人材を求めています。企業として防ぎたいのが、入社後すぐに辞められてしまうことです。

企業としても何を強みにして、今後どういうことに力を入れているかインターンシップで直に学生にPRすることで、企業の方向性と合う人材に入社してほしいと考えています。

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由6つ

学生側にも企業側にもそれぞれ目的や意味のあるインターンシップですが、行かない選択肢も存在します。次は、就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由6つについて紹介していきます。

1:能力が企業の求めるレベルに達しているなら影響はない

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として1つ目は、能力が企業の求めるレベルに達しているなら影響はないということです。

インターンに来てくれる学生を「志望度が高い」と認識するところはあっても、採用するレベルであるかは別の問題です。そのため、採用される能力に達していればインターンに行かない選択肢をとっても問題ないでしょう。

2:大学在学中の時期によって両立が難しいため

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として2つ目は、大学在学中の時期によって両立が難しいためです。

大学1、2年時に、多くの単位を取得している生徒は卒業に必要な単位に余裕があるため、インターンシップに行くことも余裕があります。しかし、卒業に必要な単位数が間に合っていない学生はインターンシップを優先すると単位を落としかねないでしょう。

折角インターンシップに行っても、留年してしまうと、その年に就職することはできません。単位がとれないなど学業との両立が難しい場合は、インターンに行く優先度を下げたほうが良いでしょう。

3:インターンばかりに力を入れてしまう可能性がある

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として3つ目は、インターンばかりに力を入れてしまう可能性があることです。肝心な自己分析や筆記試験対策など、インターンシップ以外がおろそかになってしまうことも良くないでしょう。

4:インターンの選考での合否で判断するのを防げる

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として4つ目は、インターンの選考での合否判断を防げることです。インターンに選考がありそこでもし落ちた場合、本選考でも同じ面接官であれば、あなたに対して落とした記憶が残っているケースがあります。

インターン選考で落ちた理由を克服しなければ、本選考でも落とされる可能性が高いでしょう。社員数の少ない企業の場合は、人事担当者が限られてくるので同じ人物が面接を担当することがあります。

5:そもそもインターンの参加は絶対条件ではないため

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として5つ目は、そもそもインターンの参加は絶対条件ではないためです。

内定条件にインターン参加はありません。インターンに参加すると内定率が上がると期待している学生は、結果が伴わないこともあるため注意しましょう。

「みんながインターンに参加しているから」という焦りだけで、参加するのは辞めた方が良いでしょう。参加するだけで、企業研究や業界研究ができたと満足してしまうのも危険です。

6:企業側が良い面だけしか見せない可能性がある

就活ではインターンに行かない選択肢も選べる理由として6つ目は、企業側が良い面だけしか見せない可能性があるためです。

インターンシップは企業にとってPR活動の一環であり、多くの優秀な人材に選考を受けて欲しい狙いがあるため、自社の良い部分を強調して見せているところがあります。

良い面だけしか見せてくれないのであれば、実際の業務のすべては見せていない可能性があり、無理にインターンに参加しなくても良いでしょう。

インターンに行かない方がいい就活生のケース3つ

次は、インターンに行かない方がいい就活生のケース3つについて紹介していきます。インターンに行かない方がいい就活生のケースには、アルバイトをしていることなどがあります。

1:アルバイトをしている

インターンに行かない方がいい就活生のケースとして1つ目は、アルバイトをしていることです。明確にインターンへ参加したい気持ちがない場合、なんとなく周りに合わせてインターンに参加するよりも、やりがいを感じているアルバイトを優先するのも良いでしょう。

本格的な就職活動シーズンに入ると、就活用のスーツや靴、カバンを用意するための費用や、交通費がかかってきます。お金がなくなってくると就活にも集中できなくなってしまうため、今のうちにアルバイトをしっかりして貯金しておきたい学生もいるでしょう。

2:部活をしている

インターンに行かない方がいい就活生のケースとして2つ目は、部活をしていることです。学生時代の最後の部活を精一杯楽しみたい、という学生もいるでしょう。

大学3年生になれば、上級生として後輩をリードする責任ややりがいがあります。部活の時間を大切にするためにインターンに行かないという選択肢もあります。

就活では、「学生時代に力を入れたことは何ですか」と聞かれることも多いため、本気で部活に取り組んでいた経験は大きいでしょう。

3:短期留学で開けていた

インターンに行かない方がいい就活生のケースとして3つ目は、短期留学で開けていた場合です。大学生は社会に出る準備段階でもありますが、勉強を精一杯できる大切な期間でもあります。そのため、短期留学に時間を使うためにインターンに行かない選択肢もあるでしょう。

短期留学は、語学習得や他国の文化を知る経験になるため、就活で自分のスキルや経験を伝える意味では、プラス要素になります。

インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方3つ

次は、インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方3つについて紹介していきます。インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方には、徹底的に企業を分析することなどがあります。

1:徹底的に企業を分析する

インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方として1つ目は、徹底的に企業を分析することです。インターンに行った人と行かない人とで差が出やすいのは、企業分析です。実際に体験している人と、そうでない人では企業に対しての理解に差があるでしょう。

その差を埋める努力として企業分析があります。企業理念や企業のビジネスモデルに関しての理解、企業の強みだけではなく、弱い部分に対しても意見を言えるように情報把握に努めましょう。

2:1dayの就活イベントやOB訪問は多めに参加する

インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方として2つ目は、1dayの就活イベントやOB訪問は多めに参加することです。

インターン経験者は、社会人と交流する機会を得ているため社会人とのコミュニケーションに慣れていて、ある程度の度胸もついています。

そこで、インターンに参加しない人は社会人とのコミュニケーションに慣れるためにも、社会人と対面する機会を作ることが大切です。1日限りの就活イベントやOB・OG訪問をしておくと良いでしょう。

社会人とのコミュニケーションに慣れておけば、面接で自分の意見を伝えるときに、自分の考えをまとめて話せるようになり、極度の緊張も抑えられるでしょう。

3:SNSを利用する

インターンに行かないときの就活に向けた取り組み方として3つ目は、SNSを利用することです。最近ではSNSを利用して、気になる企業で働いている人を探し、つながりを持とうとすることは少なくありません。

SNSはプライベートなものなので、相手に対して相応の礼儀は必要になりますが、簡単にアプローチ出来るため、意外と話を聞いてもらえる可能性もあるでしょう。

SNSでは、本音をつぶやく人も多いため、企業で働いている人に声をかけなくとも情報収集として活用するのは非常に有効な手段です。

インターンへ行くメリット4つ

最後に、インターンに行かない選択をする前に、インターンへ行くメリットについてもう一度確認しておきましょう。「インターンに行っておけば良かった」と後悔しないためにもメリットを理解しておく必要があります。

1:自分の価値観が明確になる

インターンへ行くメリットとして1つ目は、自分の価値観が明確になることです。インターンシップを体験することでその企業で働くイメージが湧いてくるため、志望企業、業界に対してどう感じたか、自分へのマッチ度の高さなどが明確になるでしょう。

少なくとも、インターンシップに参加した企業に関しては、社風やオフィスの雰囲気など体感しているため、入社後のミスマッチを防ぐメリットとして大きいでしょう。

2:スキルやマナーが向上する

インターンへ行くメリットとして2つ目は、スキルやマナーが向上することです。スキルに関しては、ビジネスマナーの向上が大きいでしょう。実際にビジネスマナーを習得するには、インターンに参加して実践あるのみです。

今自分に足りていないスキルに関しても、周りの就活生や、働いている先輩社員の様子を知ることで気づかされる部分が出てくるでしょう。

このようにインターンで、周りと自分の状況が明確になるため、インターン中に向上するスキルやマナーもあれば、本選考までに身に付けようと意識できるメリットがあります。

3:その企業の業界や仕事を深く理解できる

インターンへ行くメリットとして3つ目は、その企業の業界や仕事を深く理解できることです。インターネットや書籍で業界や目指している仕事について知識を得ても、実際に社員の話を聞いているわけではないため、掴みににくい部分があります。

インターンに参加することで、実際に働く現場で時間を過ごすため、その企業の業界や仕事内容が見えてくるでしょう。

4:人事部以外の人とも知り合える

インターンへ行くメリットとして4つ目は、人事部以外の人とも知り合えることです。インターンでは人事部以外の人と交流があり、積極的にコミュニケーションを取っていけば人脈の形成も可能です。

人事部の人の場合は、担当部署が違うことで営業やマーケティングなど実際の業務について、詳しく聞けない部分もあるでしょう。

人事部以外の人と知り合いになることで、その人が働いている現場について聞けるため、その部署で働いたときのイメージもしやすいというメリットがあります。

インターンに行かないことは就活ではさほど影響はない

インターンに行かない選択肢やインターンに行かない方がいい就活生のケース、インターンの採用影響や企業が開催する目的についてなど紹介しました。

大学生という限りのある時間の中で、自分の中で何を優先すべきかは、アルバイトや部活の状況によっても変わってくるでしょう。インターンに行かないことは就活ではさほど影響はないため、自分にとって大切なことを選択し、本選考に備えておきましょう。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説
就活準備
2021年05月01日

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説
就活準備
2021年05月01日

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!
就活準備
2021年05月01日

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介
就活準備
2021年05月01日

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう
就活準備
2021年05月01日

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年05月01日

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介
就活準備
2021年05月01日

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介
就活準備
2021年05月01日

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点
就活準備
2021年05月01日

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説
就活準備
2021年05月01日

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方
就活準備
2021年05月01日

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類
就活準備
2021年05月01日

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!
就活準備
2021年05月01日

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介
就活準備
2021年05月01日

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介
就活準備
2021年05月01日

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介

ITインターンを受入れしている職種とは?インターン参加のメリットを解説!
就活準備
2021年05月01日

ITインターンを受入れしている職種とは?インターン参加のメリットを解説!