就活イベントとは?参加すべき6つの理由やイベントの種類7つをご紹介!

初回公開日:2021年04月01日

更新日:2021年03月10日

記載されている内容は2021年04月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活イベントには、説明会から始まり、座談会、面接と目的ごとにイベントがあります。その他にも自己分析を進めたり、ESを用意したりと学生の時間を大切にしながらも、やることが盛沢山です。効率よく就活が進められるよう、それぞれの概要と注意点を紹介しています。

就活イベントとは?参加すべき6つの理由やイベントの種類7つをご紹介!

就活イベントとは?

就活イベントとは、学生の理解を深めるため、企業や業界が情報の提供を行うものや学生が自分の志望先を納得して決めるためのスキル、考え方をアドバイスするものなど、目的は様々です。

内容も、企業説明会、合同企業説明会、セミナー、交流会など様々です。現在はオンラインで参加できるものもあります。

就活イベントに参加した方がよい6つの理由

2022年卒業予定者に向けた採用説明会が、2021年3月1日に解禁されました。これから就活が本格化していきます。2020年は新型コロナの影響でこれまでの当たり前が当たり前ではなくなった1年でした。

それは就活現場でも同じです。これまで就活イベントに足を運んでいたのがWebを活用するようにもなりました。そもそも企業で働く人もリモートワークをするようになり、通勤の必要性すら考えるようになりました。

そのような中、2021年3月2日、千葉県の幕張メッセで入れ替え制を採用しながら、就活の対面イベントが行われました。感染の心配もある中、就活の進め方を模索している人もいるでしょう。

就活イベントは多種多様です。忙しい就活生にとっては参加を迷うこともあるでしょう。ここからは就活イベントに参加した方がいい理由を紹介します。

1:知らなかった企業と出会える

日本には大企業だけでなく、中・小企業あわせるとたくさんの企業が存在します。しかし、その存在すら知らない場合もあります。合同説明会などに参加すると、「存在すら知らなかった、でも興味がある」といった企業に出会うことがあります。

就活のゴールが「志望する企業から内定をもらう」といった場合、どこが志望する企業なのか自分で見つけることも必要です。

2:志望先を決定する際の判断材料にできる

「この業界のこの企業に入りたい」と強い思いがある人もいるでしょう。それはどうしてでしょうか。他の企業と比較した結果なのでしょうか。知らずに思い込みで決める人と、他の選択肢もあることを知り、比較して決める人とでは、どちらが信用できるか一目瞭然です。

就活イベントに参加することにより、複数の選択肢から自分が何を優先して志望先を決定するのか、判断材料を得ることができます。

3:自己の能力をアウトプットすることができる

就活イベントでも特に、交流会や座談会、セミナーやインターンシップなどでは、自分の意見や能力をアウトプットするいい機会になります。

これまでの経験で自分で考えているより、誰かに理解してもらうためにアウトプットをすることで、考えの整理がついたという経験はありませんか。そして、それが思ったより伝わらなかったことはありませんか。

学生の日常ではそのようなアウトプットする場はなかなかありません。貴重な機会なので是非参加してみることをおすすめします。

4:就活仲間を作ることができる

就活イベントに参加しているのは自分と同じく、就活をしている就活生です。確かにライバルでもありますが、「志望の企業から内定をもらう」という共通のゴールをもつ仲間でもあります。

自分のこれまでの交友関係の中にも就活生はいると思いますが、同じ業界、同じ企業を目指す仲間は、自分と近い温度差で情報交換をしながら、時に励まし合い、切磋琢磨することができます。

5:人事の生の意見を聞くことができる

個別企業説明会や合同企業説明会では、興味があるその企業の社員、主に人事の生の声を聞くことができます。そのことにより、その企業、業界への理解を深めることができます。

確かにHPなどに書いてあることもありますが、直接聞けるのは、企業を理解するうえで効率的ですし、自分の不安や疑問を解消するためにも有効です。

また、説明会で設けられている質疑応答の時間では、同じ立場の就活仲間の質問やそれに対する企業側の解答で、自分の中で盲点だった部分に着目することもできます。

6:社会人としてのスキルを身につけられる

交流会やワーク系の就活イベントには企業の人事、若手社員が参加することもあります。そこでは企業理解を深めるのはもちろん、その企業の人柄を理解するのにも役立ちます。

さらに、普段のアルバイトなどでも学生以外との関わりが少ない人にとっては、社会人と関わる機会でもあります。そこで、企業の人の立ち振る舞いを目にすることで、社会人としてのスキルを身につける機会にもなります。

就活イベントの種類7つ

就活イベントと一言で言っても、いくつか種類があります。また、新型コロナの影響で今まで対面でのイベントだったものをオンラインに切り替えている場合もあります。

就活イベントは必ず参加しないといけないものではありません。複数の種類から、どれに参加すべきか、行くべきかを考える必要があります。

ここからはイベントの種類7つを取り上げ、その概要を紹介します。文系と理系ではアピールすることも変わってきます。スケジュールとともに対策を考えていく必要があります。

1:個別企業説明会

企業説明会は、その企業単独の「個別企業説明会」といくつかの企業合同の「合同企業説明会」があります。ここでは、「個別企業説明会」について紹介します。

個別企業説明会については、企業のホームページ、就職情報サイト、大学の就職課などから情報を入手します。個別説明会は定員制で予約が必要になります。

流れとしては、企業概要の説明、職務内容の説明、質疑応答が主です。しかし、筆記試験や面接、グループワークを取り入れているところもあり、最初の採用選考の場と考え、心の準備をしていく必要があります。

2:合同企業説明会

合同企業説明会は、同一業界の企業セミナーであったり、マイナビやリクナビなどの就職情報サイト主催の様々な業種が集まる説明会であったり、大学主催の合同企業説明会であったりと様々です。

また、規模も小規模のものから、大規模なものまであります。大学主催のものは、その大学の生徒に興味のある企業が参加しているので、参加してみるのをおすすめします。

合同企業説明会は、複数の企業の情報をまとめて入手するのにいい機会でもあります。しかし、効率よく回るためには、事前の情報収集は欠かせません。また、思いがけない企業との出会いもあるのは合同企業説明会ならではのものです。

3:交流会・座談会

座談会は、説明会終了後に企業の社員に気軽に質問できるイベントです。説明会は採用担当者が一方的にすることが多いですが、交流会は就活生と企業の社員が双方向でコミュケーションがとれる場です。

事前告知なく、当日いきなり始まることがありますので、質問内容は事前に準備しておくことをおすすめします。

交流会は、学生主催の就活生同士の情報共有のための交流会であったり、社会人との交流会であったり、企業との交流会であったり様々です。また、昨年からの新型コロナの影響により、交流会はオンラインで行われることも増えました。

せっかくの交流の場がオンラインでもどかしく感じることもあるでしょう。しかし、例えば関東と関西、東京から札幌、福岡などの地方都市など移動時間も交通費も気にせず交流することが可能になったことで就活の幅も広がったようです。

4:インターンシップ

昨今、就活生が企業で一定の期間実務(それに準ずるもの)を行うインターンシップを実施する企業が、増えてきました。情報サイトでもインターンシップは採用に有利といった言葉が並びます。インターンシップについて、詳しく紹介します。

まず一定の期間とありますが、期間は1日、2日といったものから、1ヶ月を超えるものもあります。内容としては、会社、仕事の説明から仕事をしている社員に同席・同行、基幹的な業務の一部を経験するものなど様々です。

インターンシップのメリットは、業務を知ることができる、入社後のミスマッチの防止、社会人に慣れるなどあります。しかし、学生としての時間が割かれる、必ず合格するわけではない、すべての業務を経験できるわけではない、といったデメリットもあります。

5:企業の個別セミナー

「セミナー」と聞いて、「説明会」と何が違うのか、混乱する人もいるでしょう。ニュアンスとして「説明会」は企業の説明を聞くもの、「セミナー」は、企業側がより理解を深めてもらうために行う参加型のものになります。

しかし、就職セミナーは説明会、企業セミナー、イベントなどを総称して使うこともあります。

企業セミナーではグループディスカッションやインターンシップなどが行われます。参加することにより、採用担当者に自己アピールをする機会があったり、入社後のミスマッチを防ぐこともできます。

6:ビジネスセミナー

ビジネスセミナーとは、マーケティングセミナーや営業セミナーなど特化したセミナーのことで、講義もありながら、疑似体験ができるものです。それにより、仕事の現場を感じることができ、今まで気が付かなかった新たな自分を発見する機会にもなります。

確かに忙しい就活生にとって、ビジネスセミナーより就活セミナーの方が優先順位が高く、今ビジネスセミナーの必要性を感じない人もいるでしょう。しかし、ビジネスセミナーは、より現実的な情報を得ることができる場です。

また就活生の中には、「何がしたいのかわからない」と言った人もいます。頭で考えているよりも、このような体験型セミナーに参加し、疑似体験をしながら考えていく方法もあります。

7:就活生向けのセミナー

就活生向けのセミナーは、就活専門の講師がいることが多く、就活のノウハウを教えてもらうことができるものです。

具体的には、エントリーシートの書き方、面接でのマナー、SPI対策、グループディスカッション対策などのテクニック、ノウハウを学ぶものです。必ず受けるべきではありませんが、自信のない人、一人で対策をするのが難しい人は検討してもいいセミナーです。

就活イベントでの3つの注意点

就活を進める中で、それぞれ注意点があります。例えば、説明会での注意点、自己分析での注意点、面接での注意点、昨今ではオンラインでの注意点など例を挙げたらきりがありません。駒を進める度に注意が必要になります。

ここでは、就活イベント全体を通しての注意点を紹介します。就職活動は長期にわたります。つい、うっかりがないよう注意してください。

1:イベントの開催時期を随時チェックする

就活イベントは数多くあり、必ず必要というものでありません。そのため、時間を有効に活用するため、どれに参加しようとゆっくり考えていると、時期を逃してしまうこともあります。

それぞれのイベントの主な時期を紹介します。大まかな予定を立てておきましょう。まず、3年次の6月にインターンシップの広報が解禁され、3年の冬まで夏インターン、秋インターン、冬インターンがあります。

3年次の3月には広報解禁となり、個別説明会、合同説明会が行われるようになります。5月には個別セミナーであったり、選考の過程に入っていきます。

2:服装や身だしなみに気を付ける

服装や身だしなみを整えるのは、社会人として基本中の基本です。

基本的には、黒や紺など、落ち着いた色のスーツを選びます。ズボンにはきちんと折り目がついており、シャツにしわはないか確認しましょう。

ネクタイは派手なものは避け、シンプルなものを正しく結びます。靴下は、くるぶし丈ではなく長いもので、黒や紺などを選びます。

スカートの場合も、黒や紺などの落ち着いた色のスーツが一般的です。スカート丈は座った時に膝上5㎝以内のものを選ぶようにします。ネイルはクリアな色やうすいピンクなど自然な色にします。

メイクは健康的で自然なものに、髪型は髪が顔にかからないようにまとめ、髪色も茶髪ではなく、自然な色にしてのぞむようにします。アクセサリーはつけません。

カバンは、スーツに合った色でA4サイズが入る大きさがおすすめです。持ち物には、いつ提出を求められてもいいように、写真付きの履歴書を入れておくと安心です。

また、服装指定なし、服装自由、私服でお越しくださいと指示されることもあります。私服OKと言ってもスニーカーとリュックではなく、オフィスカジュアルが無難になります。

3:そこでしか聞けない質問をする

就活イベントの中には、これまで説明しましたように、説明会、座談会、インターンシップ、面接など様々なステップがあります。大抵、「何か質問はありますか」と質問されることがあります。

それぞれのイベント内容に合わせて、そこでしか聞けない質問があります。例えば人事が行う説明会、企業の社員が参加する座談会、採用担当が行う面接。それぞれのチャンスを生かし、そこでしか聞けない聞いておくべき質問をしましょう。

就活イベントに参加して就活を有利に進めていこう!

就活イベントは、多くの情報を手に入れられる場でもあり、今後の就活がスムーズに進むこともあるため、参加をおすすめします。また、参加後はお礼メールを送ったり、場合によっては遅刻、欠席やキャンセルの連絡をしたり、社会人に慣れる練習にもなります。

行きたくないという思いがあったり、初めて、ひとりで不安という人もいるでしょう。まずは、明日開催される就活イベント一覧を探して、第一歩を歩みだし、参加してみることをおすすめします。

Bnr bottom 01 1
RELATED
社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方
就活準備
2020年09月24日

社会人とは?就活で知っておくべき学生との違い7選と好印象の与え方

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説
就活準備
2021年05月01日

判断推理とは?解くときのコツや学ぶことで得られるものについても解説

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説
就活準備
2021年05月01日

Web面接を受ける際の事前準備|注意すべきマナーやトラブルへの対処方法も解説

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

就活面接における受け答えの基本|履修履歴面接のポイントについても紹介

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!
就活準備
2021年05月01日

大手子会社とはどんな会社?入社するメリット6つとデメリット4つも紹介!

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介
就活準備
2021年05月01日

就活における一般常識問題とは?新卒試験で出題されやすい例題10個紹介

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう
就活準備
2021年05月01日

コミュ障とは?コミュ障の特徴11個や克服法を知り就活にのぞもう

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介
就活準備
2021年05月01日

学校事務の志望動機を考えるポイント|参考例や履歴書の注意点もあわせて紹介

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介
就活準備
2021年05月01日

郵便局の志望動機の書き方のコツ|参考例4つと活かせる経験も紹介

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介
就活準備
2021年05月01日

フェルミ推定対策はコンサル志望の就活生に必須!面接官の評価点と例題4つ紹介

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点
就活準備
2021年05月01日

「何卒よろしくお願い申し上げます」の使い方とは?ポイントや注意点

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説
就活準備
2021年05月01日

内定辞退の電話が怖いときの対処法とは? お詫びを伝えるコツも解説

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンにおすすめの企業11選|基本知識や選び方もあわせてご紹介

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方
就活準備
2021年05月01日

メールのみで内定辞退を行う際のポイントを解説|送るタイミングや伝え方

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介
就活準備
2021年05月01日

インターンシップに2年生から参加するメリット11選|ポイントについても紹介

インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的
就活準備
2021年05月01日

インターンに行かない選択肢もあり?採用への影響や企業が開催する目的

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類
就活準備
2021年05月01日

インターンシップとは?企業の探し方5選|参加する目的や3つ種類

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!
就活準備
2021年05月01日

エンジニアになるには?就活でやるべきこと3選と企業の選び方をご紹介!

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介
就活準備
2021年05月01日

求人広告営業が行う仕事内容や求められる人材とは?企業の選び方も紹介

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介
就活準備
2021年05月01日

就活をしている大学生におすすめのパソコン14選!パソコン選びのポイント8つも紹介